2006年02月24日

トリノオリンピックで見直した人

荒川静香選手、いいですねぇ。。美しいですね。。
オリンピック選考を兼ねた全日本選手権で初めて知りました。
クール・ビューティーって、そのままですね。。
金メダル取れて良かった!って、本当に思います。

荒川静香選手については他の人が上手な賛辞を送っているはずですから、私がつまらない駄文をこれ以上書く必要はないでしょう。

それより、このトリノオリンピックで見直した人がいます。

元オリンピック選手の渡辺絵美です。
サッチーとのバトルで、この人はてっきり『世捨て人』になったのだと思っていました。
ところが、昨今のフィギュアスケートブームのおかげで、また現世に戻れた感があります。

その言っていることが合っているか、とか、発言の内容はともかく、以前のようにトゲトゲしさもなく、まあ良い感じでコメントしていて見直しました。

なんだか特定の分野にやたら詳しい近所の(おせっかい)ママ友から、フィギュアの解説を聞くような感じで、よく聞けば元オリンピック選手だったのよ(^o^)というノリでしょうか。。。

この前あるTV番組で、スポーツの得意な女性タレント(名前は忘れた)が1週間かそこらでジャンプ、スピン等の技を含めたフィギュアスケートが出来るか?!という番組にも渡辺絵美は出てました。

それもちゃんとスケート靴を履いて、ちゃんと滑っていました。

もしかすると、彼女はフィギュアスケートで注目をあびるこの機会に、なんとか起死回生、またはイメージアップをもくろんでいて、このように釣られてしまうおばさんがいることを、したたかに計算してるのでしょう。
ま、それが出来るのも、ひとつの大人ということで、私はそれで良いと思います。

そーいえば、佐野稔氏も出てますねぇ。
彼はカッコイイというイメージだったんですよ。
それが、なんだかどっかのダンススクールの先生みたいな風情で、『私はフィギュアスケート界のご意見番』みたいな感じで出てるので、何様なの?と私は思います。

うちのむすこたちがアイススケートに行きたいと言っている。
この近所にはないんだよなぁ。。

それに夏のオリンピックで体操が注目されて以来、うちの子の体操教室は入会希望者が多くて大変らしい。
それと同じで、これからしばらくはアイススケート場も混みそうね。

韓国2泊3日の旅プレゼント

”『韓国2泊3日の旅プレゼント』にご応募くださりありがとうございました。商品をお送りしたいので、お電話下さい。”と電話があったらしい。

この前懸賞サイトで『韓国2泊3日の旅プレゼント』応募したわ。。
当たったの?!すご〜い!!

と、はやる気持ちを抑えつつ電話した。

”『韓国2泊3日の旅プレゼント』のWチャンスのエステの券が当たりました。”だって。
当たったんじゃないじゃん。これこそ釣りでしょうよ。

エステの券も興味があるけど、行ったが最後、高額な契約しないと帰れなかったらどうしよう。
2006年02月23日

授業参観

先日、むすこたちの小学校の授業参観に行った。
ふたりのクラスとも学年は違っているが、授業内容はそれぞれが各得意な分野のグループに分かれて、出来たもの、得意なものの発表をするという授業だった。

例えば算数グループは九九を暗誦するとか、国語グループは文字クイズを出す等々。

むすこ二人とも体育グループだった。
で、二人とも二重とびを披露していた。

上の息子は身軽なので颯爽と、下の息子は力強く二重飛びをしていた。
まだまだ出来ないお子さんもいるらしく、他のお母さん方からはスゴイ〜と言ってもらえていた。
私もびっくりした。
というのも、この前の冬休みにようやく1回出来たばっかりだったから。
それもその時は出来たとはいうものの、1回飛んではドタンドタンとしゃがみ込む状態だった。
それが授業参観では二人とも難なく軽々と連続二重とびをしていた。

で、上の息子のグループはさらにマット運動を披露していた。
うちのむすこは皆が補助付きでやる倒立前転を補助なしでやっていたのでビックリした。
それも、ちゃんと足先も伸びて綺麗なフォームだった。

体操教室ではずっと落ちこぼれ。

ちょっと前に練習を見学した時は出来ていなかったので、てっきり今も出来ないかと思っていた。
いつの間にか出来ていて、とっても嬉しくなった。

とっても感動していたら、『でもあれって体操教室では2年前の課題だったよぉ』と夫がぽつり。。

フライト・プランとティタム・オニール

先日、近所の映画館に夫と一緒にフライト・プランを見に行った。
最終回で、観客はまたまた夫とふたりだった。

期待しないで行ったけど、面白かった。
あまりサスペンスとかアクションの類は映画館では観ない分楽しめたのかな?

途中で『死んだ現実を忘れたいための妄想』というオチで終わるのかと思った。

Yahoo!映画では”突っ込みどころ満載の映画”とあったけど、私は自然に観られた。

でも、あそこまでするか?!とか、あの飛行機の乗客にはなりなくない!は思った。

でも映画の殆どが飛行機の中でのシーン。
それで1時間30分近く引っ張れるところはすごいなぁと感心した。

ところで、ジョディ・フォスターを久々に見て、彼女と一緒の頃に活躍したティタム・オニールを思い出した。

ジョディ・フォスターは知的女優へ。
ティタム・オニールはジョン・マッケンローと結婚して引退してハッピーな生活をしていると思ってた。

でも、離婚してたのね。。。

Yahoo!映画でティタム・オニールを久々に見たけど、あんなに可愛かったのに。。。と思った。なんか陽気なアメリカのヤングオバサンと言った感じかな。

同年齢の私。きっと昔の私を知る人からも、きっとそう思われているに違いない。
2006年02月17日

ママ友交代のお迎え禁止に?!

男女2園児刺され死亡、同級生の母親逮捕…滋賀
(2006年2月17日14時8分 読売新聞)


同級生の母が犯人と聞いて『やっぱりなー』って思った。
多分他の人も状況から言ってそれしかないもん。

自宅が近い母親らがグループごとに交代で子供の送り迎えをしていたという。

上の娘達が学童に通っていた15年ほど前は、子供だけでの学童保育からの一人帰りが可能だった。
それが昨今の学童を狙った事件の影響で、下の息子達の学童保育では1人帰りは認められていない。

その学童保育のお迎え時間に間に合わない時には、子供が同じ学童に通っている仲の良いママ友にお迎えをお願いしている。反対に私が彼女の子供を連れて帰るときもある。

それも学童には連絡せずに、お迎えに行った時に直接先生に『○○君は今日はうちが連れて帰りま〜す!』という感じで。

この事件が切っ掛けで、他のママ友同士の交代お迎えは禁止になるかも。
面倒な世の中だわ。。。

同級生の母がなぜ

刺し傷20か所も、同級生の母がなぜ
(2月17日15時30分 読売新聞)

なんで、子供にそんな事が出来るのか。
今回はそれが原因かはわからないが、子供を20回も刺す必要があったのだろうか。
殺されたお子さんが本当に気の毒でならない。

子供の友達への嫉妬?
子供の友達の親への復讐?

私も自分の子供の友達に、親ながら嫉妬することはある。
子供同士はなんのこれっぽっちもライバル意識なんて無いのに。

うちの子より勉強もスポーツも何でも出来て、話も上手。

親から見ると自分の子供は遜色ないように思えるのに。
なのに、そんな『デキル』友達との差を時折かい間見る時があると、無性にイライラする時も正直ある。
それはうちの子供に対するガッカリ感と、そのお子さんに対する嫉妬なんだろう。

それとも親への復讐?
なら親にすれば良い。

亡くなったお子さんの、『その時』の恐怖を考えると気の毒で仕方がない。

お葬式:カメラ付き携帯で最期の顔パチリ 困惑派・理解派

お葬式:カメラ付き携帯で最期の顔パチリ 困惑派・理解派
(2006年2月16日15時00 毎日新聞)


お葬式の際、亡くなった人の顔をカメラ付き携帯電話などで撮影する人が増えている。葬儀関係者には「人の死を悼む気持ちが荒廃している」と感じる人がいる一方で、「時代とともに葬儀も変わる」と受け入れる人もいる。あなたは、最期の顔を撮影されたいですか?

 昨年7月、横浜市内の斎場。出棺前に花を詰め始めると、親族や友人5〜6人がカメラ付き携帯で故人の姿を撮り始めた。同市の葬儀デザイナー、出口明子さんにとっては初めて見る光景だった。故人と生前から付き合い「本人の意思を尊重した葬儀」をサポートしただけに「注意すべきか」と迷ったが、親族が何も言わなかったので黙っていた。翌月、私的に出席した葬儀でも同じ場面を見た。

 全国の葬儀社でつくる全国葬送支援協議会(総本部・東京都千代田区)の斎藤浩司理事長(34)は「月に1度は見ます」と話す。「中学生や高校生は『撮っていいの?』という雰囲気だが、30〜40代の人は当然のように撮影する」と話す。香川県三木町の三木・長尾葬斎組合「しずかの里」職員、長尾鉄夫さん(55)も「20〜30代の若い人が『記録に残す』という感じで撮る」と話す。

 出口さんは「人を悼む気持ちが荒廃しているのでは、と気になる。亡くなった方は死に顔なんて絶対に撮られたくないはず。撮影の可否まで遺言を取ることも検討しなければ」と困惑。斎藤さんも「カメラが身近になり気軽に撮るのだろうが、心の写真を撮っておく(脳裏に焼き付ける)のが一番」と話す。

 一方、長尾さんは「葬儀に対する考え方も時代とともに変化してきた。臓器移植が一般化し、遺体が神聖不可侵なものとの考えが薄くなったのでは」と理解を示す。

 メディア社会論に詳しい評論家・武田徹さんは「対象を撮影し、他者とともに確認しなければ“リアリティー”が感じられなくなっている。葬儀も焼香だけでは満足できず、故人との確かなつながりを持ちたいとの思いから撮影するのだろう」と分析。カメラ付き携帯などの普及で何でも撮影する風潮に加え、現代人の感覚や死生観の変容という社会背景を要因に挙げている。【稲田佳代】


私は困惑派、というより絶対反対派!
自分が本人、身内に関わらず。

その写真が全く見知らぬ人にまで見せられたり、どっかに流出することだってあるかも知れない。
そんな理由なしでも、とにかく反対だ。

それにそういう行為をする人に限って、そう身近ではないはずだ。
だからこそ出来てしまうんだ。

そして、それを何の気になしに写真に撮る人のデリカシーの無さには、憤りを感じる。
さらに携帯のカメラというところで、その気軽さにいらだつ。

久々にムカムカした。
2006年02月14日

9ヶ月目

うちの息子達は昨年の5月に習いはじめ、今月でようやく9ヶ月になる。

私達の先生はとにかく説明も楽譜も手書きでこなしてしまう。
指の絵入りの解説など、本当に上手だ。

先生お手製の楽譜の曲を数曲やり、手書きの『無休動』を秋からずっと2人ともかなーーーり長くやっている。
新しいバイオリン教本2も買ったが数曲しか使っていない。

その手書きの無休動の楽譜は、なぜか上の息子はイ長調でラからはじまり、下の息子はト長調でソからはじまっている。
先生の何か意図するものがあるのだろう。。

ようやく最近になって2人は教本に入った。
でも同じ楽譜だと譜読みせずに音で覚えるからという先生のはからいで、上の息子はカイザー、下の子はウォルハートと別々の教本となった。

上の子は器用で、そつなくこなして今はようやくカイザーの1曲目になった。
ちょっとしたらセブシックをやろう、と先生は子供に言っていた。

下の息子はバイオリン以外でも何をするにも不器用で、とにかく力入りまくり。
左手を気にしつつ、右手で弓を気にしつつ、なーんて事は到底出来ない。
右手で弓がちゃんと持てたら、左手をギューっと握った形になってたり、その逆もしかり。

一応ウォルハート教本の1曲目になったが、曲より弾き方で注意されて、曲どころじゃない。
バイオリンを趣味にするのさえも向いていないのかなぁぁ、と気の毒に思うことがある。

私の意向は、将来楽器を弾けた方が人生が広がると思いやらせている。
いつかこの思いが成就する日が来るのだろうか。

先生は、バイオリンの運指・運弓は出来たり出来なかったりを行きつ戻りつつするから大丈夫、とはおっしゃるけれど、多分下の子にはあきれていると思う。

下の子は下の子なりに、1日15分しかない練習は嫌々ながら何とか頑張ってやってるけど、なかなか報われなくて気の毒になる。

でも!私のビオラのレッスンの楽譜なんて、もっと手書きでそれもバイオリンの教本を先生がコピーしてくれて、それを5度下げた音をちょこちょこと書き込んでるのを演奏したりしているので、教本をやっている二人がとてもうらやましい。

輸入版でビオラのカイザーやセブシックを売っているのご存知なのにだ。。。
私も●×教本というのをやってみたい。
2006年02月13日

TV放映決定【Spiral TOUR】上原ひろみ

★Spiral TOUR★TV放映決定!

あの「Spiral TOUR」品川公演のテレビ放送が決定!観に来た人も、見逃した人も もうこれは必見です!!!

◎2/5(日)12:10〜13:40 NHK衛星ハイビジョン
2/22(水)23:00〜24:30 NHK−BS2

久々に上原ひろみのHPチェックしたら、テレビ放映決定にビックリ!
私がSpiral TOURの品川公演に行った時もカメラで撮っていたので、いつかどこかで放映するのかDVDでも出るのかと思っていた。
やっぱりHPはチェックするものだわ。

ところで上原ひろみとドリカムのライブはどうだったのかしら。
個人的にはドリカムは好きじゃない。
でも上原ひろみと共演なら聴いてみたい。どんな風な音楽になったのか、とっても興味深い。

これも
DREAMS COME TRUEとの夢のジョイントライブ、無事大盛況の内に終了致しました。

★J−wave放送日は、2/19(日)に決定しました!時間など詳細は改めて  お知らせいたします。
うーん、でも忘れそう。。。

特色化選抜

学生時代の友人のお子さんは現在中学3年生。

半年前に電話で話した時に彼女は、
”うちの子は受験に興味が無いのがイライラする。自分が受験するくせに市立と私立の違いもわからないし、勉強にも興味がなくて。。。
塾に行く日もダラダラしてて、始まる時間が過ぎて彼女が怒ってようやく行く”と。

”中2まではそこそこの成績だったけど、中3にもなると周囲の子が伸びて自分の子は落ちこぼれになった。そのくせ希望校はいっちょ前にあって、先生にやんわり『その高校はどうかな〜(最近の先生はハッキリそこは無理!とは言わない)』と言われても、志望校を変更する気は全くないのよぉぉ”と嘆いていた。

”すごいじゃん、希望校持つなんて、やる気があるよ証拠!”って言ったら、
”そーじゃなくて、自宅から一番近くて、今行ってる中学より近いのよ〜”と友人。

あ、そういう事。。

昨日彼女からメールが来ました。
『うちの子高校決まったの。特色化選抜でピアノ弾いたら受かったのよ。』

??特色化選抜??
調べたら千葉県立高校の入試制度なの?

スポーツやら芸術面やら一芸に秀でた子の受験方法らしいけれど、これって私立だけの制度かと思ってた。

で、ある高校なんかその特色化選抜で定員の50%も枠があるらしい。

うちの二女と言い、友人の子供と言い、そんなに簡単に入学していいのかな。。。

でもそんな一芸入試に定員の50%も使ったら、一芸に秀でて無い普通の子の枠が少なくなるよねぇ。

こんなんで良いかな〜。

ガンバレ!里谷多英

里谷多英

今回のオリンピックは残念な結果になりました。
彼女には期待していた、というより良い成績を取って世間を見返して欲しかったと思ってたんですが。。。

彼女がメダルを取るまでは、『日本人が良い成績を取れるはずも無い』と思っていたモーグルはチラ見するだけで、遠い存在でした。

それが彼女がメダルを取ったことで、すっごく身近にそして注目すべき競技になりました。
多分、一般の人や世間もそうだったと思います。

それが、去年の事件で彼女の評価は一転しました。

でもね、なんだかさぁ、その報道がまるでアゲアシを取るような書き方で、本当に里谷多英が気の毒だった。

警察沙汰になって、怒られて、それで反省しただろう。
それを世間にこと細かく記事にして、さらにそれをあおるような記事を書いて。
多分女性だったから?無防備なスポーツ選手だったから?

とある大会で1位になった時、表彰台でシャンパン(ワイン?)を一気飲みした、とか豪快なところが好きだった。

最近何かにつけて、上村愛子、と最近はもてはやされている。
私もカワイコちゃんは好きだから応援したい。
でも記事を見ると上村ばかり、で里谷の名前が出ないことも多い。

でも日本人でもモーグル!を定着させたのは里谷多英!
だからこそ、この大会で見返して欲しかったんだけどな。。

結果が出て、里谷多英が泣いていた。
私も悲しくなった。
このまま彼女が傷ついて、もう競技をやめてしまったら残念。。。。

今回上位の選手はそんなにスゴイ3Dエアなんてやってなくてもメダルを取れてた。
無理して3Dエアなんてやらずに元来里谷多英が持っている、美しく速くコブをすべることに徹して、またこれからも頑張って欲しい。

負けるな!ガンバレ!里谷多英〜!!!
2006年02月11日

オリンピック開会式

とうとうトリノオリンピック、始まりましたね。

開会式をはじめてゆっくり見ました。
本当に良かったです。感動しました。

王宮絵巻調も良かったし、人文字(絵?)のスキージャンパーも良かったし、横になっていた鉄の輪が立ち上がって五輪になり色づいて、最後にそこからフラッシュのように火花と閃光と火花のシャワーが降った時には、見ていて良かったと思いました。

それと国歌も良いですね。
少女が歌いましたが、伴奏と合唱はいかにもオペラの国を思わせる重厚なものでした。

ソフィア・ローレンが国旗を持って登場したのには、ちょっと胸がいっぱいになりました。
ソフィア・ローレンは私が映画が好きになった、というより性格、精神形成上に大きな影響を与えた『ひまわり』の主演女優。
久々に見ても凛として美しく私は彼女が好きなのだ、と再認識しました。

ところで、イマジンを歌ったイギリス人ロック歌手、誰?知らない。。。なんだか上手くないぞ。感動しないぞ。

なーんて思ってたら、ピーター・ガブリエルだったのね。

やだぁ、ここ半月ほど毎日通勤では彼の『シェイキング・ザ・トゥリー(Shaking the Tree)』がかかってるのに。。。
気付かなかったわ。それにかなりおじいさんになってたわ〜。

それにしてもなんでイタリアでのオリンピックにイギリス人の、それも万人向けでないピーター・ガブリエルが登場したんだろうか。。

オリンピック、、これから寝不足の日々が続くんだろなぁ。
2006年02月08日

サードポジション

年末あたりからサードポジションの練習に入っている。

ポジションチェンジは良いのだが、その後の音階がうまく取れない。
さらに、仕事が非常に忙しく練習時間が一時期取れなかったために、殆どさわらずに次のレッスンに行く事もあった。

そうこうするうちに、完全に子供達のレッスンの時間が98%で私のレッスンは2%という配分になってしまった。
CからA線まで簡単に音階やってサードポジションの短い曲をやって以上おしまい。

色々な曲を私も弾きたいし、もう少し色々な弾き方を教えてもらいたいなぁ。

アスパムテール

私はガムをよく口にする。
仕事中に眠くなるから。
以前はアメを食べていたが、太るのと虫歯になるのでやめた。

で、歯に良いという『キシリトールガム』を愛用しているのだが。。。

ふと仕事中に気になって成分を見ると『アスパムテール』の文字が。。
マイケル・J・フォックスはこのアスパムテール入りのダイエットコーラを飲みすぎて、パーキンソン病になったとかを、以前パルスイートを調べた時に知った。

参考
はてな:カロリー0の砂糖ってありますよね。(アステルパームを主成分とした「パルスイート」など)これはいくら摂取しても、人体には無害なのでしょうか。

ここに
「アステルパームは動物実験で白血球や血清カルシウム濃度減少,脳腫瘍が発見されている」
とか
「多量のアスパルテーム摂取者の中には、頭痛、目眩、幻覚などが起こる人がいることは確かです」
とあった。

しっかし!キシリトールガムに使われてたなんて知らなかったよ。
かなりガムを愛用していたので、有毒物質が体をむしばんでいるのかなぁ(怖)

ビックリ!

新聞屋さんから地元にある映画館の【平日のみ無料鑑賞券】をよくもらう。

以前『Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?』を平日の21時頃〜の最終回に1人で観にいった。
映画館に着いた時は、前の回が上映されていた。
それが終わって入れ替えになった時、誰も出て来なかった=観客ゼロ
誰も居ないのに映画が上映されたなんて不気味。。

私は席に着いた。予告が終わり映画がはじまった。
がーーん、お客は私だけだわ。。

こ、こわい。。だって薄暗い中に、何か見えそうなんだもん。
一応映画は楽しめたけど、すっごく怖かった。
マジ、怖かった。不快になるお客が一緒の映画も嫌だけど、一人ぼっちも嫌だ!

オリバー・ツイスト

月曜日にオリバー・ツイストをオットと見に行った。
21時30分過ぎからの上映にもかかわらず、お客さんは10人程度いた。

感想は70点ってところかな。。
映像は良かったし良く出来ていた。
でも思った内容では無かったかな。。

てっきりオリバーが孤児ということを数々の障害を、自力で乗り越えて
最後はサクセスかハッピーになるのかと思っていたので。

でも違ってたんだよねぇ。
オリバーが倒れたり、傷ついたりしているうちに状況が好転して
いたり、心ある人に助けられたり。。

うちのオットは見終わった後、『で、オリバーって結局何もしてなかったよね』

心に残ったのはナンシーかな。
期待して行っただけに残念。

予告編で良さそう!と思って観たので、予告編が上手に作ってあるなぁと
反対に感心した。
2006年02月03日

水上奥利根館

1/28(土),29(日)のスキーでは水上奥利根館に泊まった。

またもやお得なパックを探すのが得意なオットが日本旅行の
赤い風船 上越・東北・軽井沢・関東近郊SKI&
SNOWBOARDS
』のパンフで見つけた奥利根館。

1泊2食 ノルン水上1日リフト券1枚付き 大人8500円 子供5700円だった。
このパンフレット以外ではどこも宿泊だけでも10000万円以上なので、リフト券付きでこの値段は安い!とオットは力説してたっけ。

出発前にとあるサイトの口コミで奥利根館が『キタナイ』『食事がまずい』『従業員の態度が悪い』とあって、さらには『ここはお風呂は良いけど泊まるに値しない』なーんてあった。
安いしそんなものか、と覚悟して行くと。。。

従業員の人たちはとても良い感じで親切だった。
食事もとっても美味しかったし、部屋もキレイだった。
当然お風呂は風情のある露天風呂もある。
チェックイン後も夕方6時までならお風呂に入れるので、スキーを終え広い脱衣所で着替えて帰宅前にお風呂に入ってさっぱりして帰ることが出来た。

とあるサイトの口コミと違う。。
私と同じサイトを経営者が見て、従業員教育を徹底したのだろうか?

とにかく私達家族は大大大満足で帰ってきた。
難を言えば、いくつかの露天風呂は混浴だった。
だから入らなかった露天風呂もあったけど、女性専用露天風呂も風情たっぷりで良かった。

とにかく今回のスキー旅行は大満足の旅でした。
メデタシメデタシ・・