2006年12月28日

メールって難しいね

昨日朝からある友人からメールをもらった。

『この前は”合格しました!”ってメールMokorinちゃんに一番に送ったのに返事くれなかったね。届いてた?』

この友人は、とあるサークル内では仲の良い方だったけど、私としては単なるサークル内の友人。

で、彼女からの『合格しました』メールは半月ほど前にもらった。
それもそのサークルの発表会でバタバタしていた真っ最中にもらった。
その日はサークルを休んでいた彼女もその日が発表会で、発表会があわただしいというのは百も承知。

彼女は”この先自分一人で生きていく”と決意し、常に自分の事で頭がいっぱいで、サークルで会うたびに、”どの資格を取ろうか?”、とか”面接に行ったけど”、などなど矢継ぎ早に自分の事ばかり話してくる。

結局ある資格を取ることにしたが、
『小試験に不合格になりそう〜』
『やっぱり受かりました』
『勉強するため、しばらくサークル休まなくちゃならないけど、どうしよう〜』
『しばらく勉強に専念するためサークルをお休みします』
などがこまごまと、メールで送られてくる。

今まではその都度ちゃんと応援メールを出してしてました。

でもね、来ないのよ〜、彼女から返事が。
応援メール出した私の気持ちはいずこへ〜?

同じサークルの発表会当日の忙しさも知ってるのに、一方的に自分の気持ちを押し付けてくる彼女にもムッと来ていたので、返事は書かないでいた。

そしたら、冒頭のようなメールが来た。

仕方なくまた応援メールを書いた。
そして最後に
『今まで応援のお返事書いてたけど、あなたから何もないよね。
私の気持ちは届いてるのかな、って思ってました。
メールって難しいね』
って。

彼女からの返事?
。。。。ありません。

ちなみに彼女はもうすぐ40歳です。
2006年12月27日

息子達にはJazzの良さが「まだ」わからない

このところ、車の中では買ったBach in Jazzをばかり聴いている。
てっきり子供たちもウケるかと思いきや、我が息子たちからは評判が悪い。

『バイオリンでやった曲と同じなのに違う』とか
『のだめで出て来た方(小フーガ)が良い』とか言う。

ノリが良いじゃない、音がカッコイイじゃない、と私が言ってもダメ。

ちょっと意外。
子供にもノリやらフレーズやら和音のカッコ良さがわかるかと思ってたけど。

うちの子供達は今はクラシックの方が良いと言う。
ジャズだと旋律が無くなってしまう事や、拍子が頭打ちじゃないとか、色々あるんでしょうね〜。

バッハ・イン・ジャズ レイ・ケネディ・トリオ

時々つくばの石丸電気ソフト館に行く。
そこのJazzコーナーには新譜がよくかかっている。
それがまた良いCDなの(*^_^*)。
で、また買っちゃった。
バッハの名曲の数々がとっても良い感じでJazzになってて、とても聴きやすい。
オットも『お!これは』って言ってた。
とってもおすすめです!

バッハ・イン・ジャズ レイ・ケネディ・トリオ ★
   Bach in Jazz / Ray Kennedy Triio

バッハ・イン・ジャズ
曲名リスト
1. 小フーガ
2. ガヴォット ~無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番:第3楽章
3. G戦場のアリア ~管弦楽組曲第3番:第2楽章
4. トッカータとフーガ
5. ロンド ~管弦楽組曲第2番:第2楽章
6. コラール 「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」
7. インヴェンション ~2声のインヴェンション第1番 ハ長調
8. シンフォニア ~カンタータ第156番「わが片足すでに墓穴に入りぬ」より
9. バディヌリ ~管弦楽組曲第2番:第7楽章
10. メヌエット ~「アンナ・マクダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集」より
11. コラール 「主よ、人の望みの喜びよ」 ~カンタータ第147番「心と口と行いと生きざまもて」より
12. アリア 「羊らは安らかに草をはみ」 ~カンタータ第208番「楽しき狩こそわが悦び」より


2006年12月26日

赤ちゃん本舗を傘下に、タカラトミー

赤ちゃん本舗を傘下に、タカラトミー
  (2006年12月26日12時2分 日刊スポーツ)
 玩具大手のタカラトミーは26日、子ども用品販売大手の赤ちゃん本舗(大阪市)と資本・業務提携を結ぶと発表した。タカラトミーが来年3月に赤ちゃん本舗の発行する優先株を取得し、3年間で普通株に転換、発行済み株式総数の34%を握り事実上傘下に収める。

 少子化で子ども向けビジネスの先行きが厳しさを増す中で、収益基盤を広げる狙いがある

 タカラトミーが取得する優先株は50万株で総額30億円。普通株への転換後は第2位の大株主として赤ちゃん本舗を持ち分法適用会社とする。赤ちゃん本舗の創業者らの保有比率は現在の75%強から51%に低下する。赤ちゃん本舗は、増資資金で財務基盤を強化するとともに、新規出店の経費などに充当する。

 タカラトミーは赤ちゃん本舗が展開する全国67店舗で商品販売を拡充するほか、赤ちゃん本舗の顧客データを商品開発などに活用する。両社は、来年3月末までに顧客データを管理する新会社を設立する。

 赤ちゃん本舗は西松屋チェーンに次ぐ業界第2位。会員登録の手続きにより現在約300万人のデータを管理している。2005年12月期の売上高は899億円。


なんだか、ビックリ。
赤ちゃん本舗は上の娘の時からお世話になっている。
上の娘の時には『土日にはやっていない、馬喰町(ばくろちょう)か浅草橋かの問屋さん』から、下の息子たちの時には各地方に拠点を持つチェーン店になっていた。
いつも駐車場もお店は混んでいた。

最近はつくばのララガーデンに入ってなんだか”赤ちゃん本舗”、っていう感じがしない。
『問屋街の赤ちゃん用品店』っていう方が安い気がするんだけどなぁ。

子供が小学生になった最近はずっと行っていない。
少子化だから、おもちゃ業界も赤ちゃん用品業界も大変なんだろうなぁ。
特に紙オムツや粉ミルクは”薬屋”で定価でしか売っていなかったので、とても安い気がしていた。
しかし、今はドラッグストアなる安売り店でも簡単に安く買えるようになったので、わざわざ赤ちゃん本舗まで行く必然性がなくなった人も多いのでは?。

ところで、西松屋が業界第1位とは知らなかった。
私の知る西松屋の店舗より赤ちゃん本舗の店舗の方が大きかったので、なんとなく赤ちゃん本舗の方が業界1位だと思ってた。
ちょっと西松屋を見直しちゃった。

担任の妊娠

二男は4月にクラス替え&担任が代わった。

と思ったら、
4月中旬に『妊娠したので9月に産休に入ります』。
4月下旬に『つわりが重く休みます。』で来たり休んだり。
そのうち1ヶ月以上お休みで、教務主任先生が代理。
そして担任復帰したのがが7月中旬。で、すぐに夏休み。
2学期が始まり半月ほどの9月中旬に産休に入った。

もう私としては、先生のくせにしっかりしてよ。
と言いたい。

聞けば、上のお子さんの時もつわりがひどかったらしい。
だったら、計画的に作れば〜と言いたい。
公務員だから、休み取り放題なのを悪用しているとしか思えない。
40人近くの子供の、それも低学年の大事な時新年度になって、半月で『妊娠しました』は、ないだろう。

で、さらに驚いたのが、長期休みの後の学級懇談会で、お母さん達が口々に
『子供が先生は?先生は?ってとっても寂しがってました〜と、元気になって出てきてくれてよかった〜。』

私、唖然。。。

てっきり、先生の自己管理不足について誰か切り出すか、さもなければチラッと私が言おうかと。。

でも、そんな雰囲気ではなくなった。
先生の体調を擁護する発言に腹がたった。

もし自分の子供がそう言ったとしたら、もちろん子供の気持ちは尊重するが、先生に対しては伝えない。先生の休みを認めた事になるから。

先生にも色々事情があるでしょうけれど、40人近い子供の成長を預かっているという意識を改めてもってもらいたい。
2006年12月25日

エラゴン

先週、子供と3人でエラゴンを観に行きました。

普通の少年がドラゴンライダーになるまでの悲しみ、悩み、そして成長と冒険が描かれていて、子供たちは『また見たい!』と大満足だったようです。

エラゴン達の住む村がそのような状況になった経緯がオープニングで簡単に解説されるなど、それからのストーリーに大事な部分が、主に会話の中で足早に説明されていて、子供たちには深い部分までは読み取れなかったと思います。

それでも、家族や師匠?を失う悲しみや、そして冒険心なんかは共感できたのかな?と思います。
そして何より、ドラゴンが良かったのかな。
やっぱり”子供映画には動物!”が定番だけど、動物より獰猛なのにライダーには従順というところが男の子には魅力なのでしょう。

でも、私も?スターウォーズのストーリーに似てる?って思ったら、どこかのサイトでも同じような感想を見つけた。

ま、そんなことは大人なの考えることで、子供たちが純粋に一人の若者の成長を楽しめる映画で良かったと思います。
2006年12月22日

今年もオットとふたりでスキー(*^_^*)

いよいよスノーボード&スキーシーズン到来!

毎年シーズン当初にオットから

『今年は二人でどこ行きたい?』

って聞かれる。

数年前から私の誕生日プレゼントと称して、オットのポケットマネーで私を連れていってくれる。
もちろん、子供は実家に(^o^)V

一昨年は志賀に。でもちょっと早すぎて雪がなかったので、観光をメインに。
昨年は苗場でスキーサーカス、スケールの大きさに驚きました。。
で、今年は白馬方面に行きたいなぁと思う。

以前独身時代オットと二人で行った白馬コルチナ、そしてホテルグリーンプラザ白馬
ゲレンデもホテルも良かった思い出が。。。。


また行きたいなぁ。最近どうかしら〜
なんて思ってYahoo!スポーツ スキー&スノー/白馬コルチナ国際のサイトの口コミを読んだら
雪質もとても良い〜、ゲレンデにあるホテルグリーンプラザ白馬もとても良い〜
って沢山ありました。

特に
リフト係りはすばらしい!
リフト乗り場のお兄さんに感動しました

にはうなずいちゃった。
きっと私も感動したら書き込むわ。

これ大事だよねぇ。
特に家族連れスキーになってからは、よそのスキー場で、小さい子が乗ろうとしてるのに、しら〜っと見てるだけの高校生とかおじさんとか。。
コースわからなくて質問してもぶっきら棒のおじさんなんて、こっちが恐縮しちゃう。

家族連れスキーに行くようになってから、スキー場の面白さも大事だけど、それよりゲレンデやホテルでのスタッフの対応もすごく大事になった。

それと、もう移動するのがおっくうで。だからゲレンデサイドのホテルっていうのは外せなくなったわ。
お風呂も良さそうだし(10年ちょっと前にはなかったような。。)。


今回はオットと二人っきりだから是非このデラックスプランにしたいなぁ。
やっぱりのんびり行きたいよねぇ。

是非今年は白馬コルチナ国際に連れてってもらえるように頼もうっと(^o^)

W-ZERO3シリーズ

すっごくいいもの見つけた。

W-ZERO3[es] WS007SH



ついつい長文メールになっちゃう私にとって、携帯は本当に使いにくい。
だから最近は携帯あてのメールでもパソコンから送ることが多い。
でもねぇ、返信は携帯に!って言ってもそのままPCに返信しちゃう友人も多くて(当然だよね。。)

だからキーボード付き携帯にはずっとあこがれていた。
PDAも良いかなぁと思ってたけど、そうすると携帯も必要になるしパケット代も高いって聞いていたので、ずっと躊躇していた。

以前からウィルコムにはそういった商品があるとは聞いていたけど、さらに私を驚かせる機能が!!!
なんとUSBホスト機能というのがあるらしい。

どういう時に使いたいかというと、客先での対応してるとき。
先日もとある客先でパソコンの再設定とシステムの更新していたら、プリンターを認識しなくなった。
前回もプリンターの設定に四苦八苦してどうやら動いた。

そこのプリンターというのが、前代の遺物のようなプリンター。
XPに対応していないので、買い替えましょう。とお勧めしても、お金が無いとのことでいつも一蹴される。

ドライバーを再インストールするにも、ドライバーを持ってきていない。
そのPCは個人情報満載なので、ネットにはもちろん、ネットワークにもつながっていない。スタンドアローン。
ネットにつながっていないので困った。

う〜んどうしよ。。

仕方なく、ネットにつながったPCを拝借させてもらい、持参のUSBメモリに入れて事なきを得た。

でもね、仕事している人それもお客様を押しのけてパソコン使わせてもらうのは、心苦しい。
他の客先でも、『あの更新ファイル忘れた〜\(◎o◎)/』、なんて事時々あって『また後日来ますm(__)m』ということが時々ある。 ちなみに、同僚のミスも含む。。(^_^;)
その時に、ファイルをネットから携帯にダウンロードできたり、または会社にいる同僚からメールに添付してもらえば、いいなぁ、とつくづく思っていた。
我が社は貧乏なので、PDAやノートPCに使える無線LANカードやデータカード型PHSは持たせてもらえない。
自分が頼りなのだ。。。
ということで、 このUSBホスト機能があれば、USBメモリーに移してPCですぐ使える。
これはとっても良いなぁ。と思う。

そして、もうひとつ良いなぁと思うのはブラウザ機能。
ちょっと出先で時間があった時、近所のおいしいお店とかを見つけるのにも良さそう!

随分値下げもしたいみたいだし。
欲しいなぁ、欲しいなぁ。。

ぜーったい、ママ友たちに注目されるわ(^_-)-☆。

大きささえ考えなければ、私は↓の方が欲しい(*^_^*)。

W-ZERO3 WS003SH

http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/003sh/index.html

詳しくはウィルコムストアのサイトで。
2006年12月21日

すごく良くしてくれるけど

すごく良くしてくれる。とても嬉しい。
過度なおせっかいではなく、本当に助けてもらっている。
でも、その友達と一緒にいると。。。。

私の周囲にそういった友達が二人いる。
その友人たちは私にとって別々の仲良しグループの1人。

二人ともとても親切で器用だ。
私が困っていると手を差し伸てくれる。

でも、1人は他人がしゃべっていると横から
『うちもだよぉ〜』と話題を横取りしてしまう。
そして自分が中心じゃないと、いかにもつまらなさそうなくら〜い顔をする。

もう1人はこちらが話す全ての事に『自分はもっとすごかった〜』と張り合う。
で、自分からは話題の引き出しが無いので、張り合う話題でない時は、とにかく大人しい。

そして、二人に共通する事がある。
子供を放置する。
幼稚園年少の子供達だけで留守番させたり、1人で外に遊びに行かせたり。
周囲は彼女達のこどもが事故にあわないか、ハラハラしている。

そして二人の子供ともやんちゃな男の子で、やたら人懐こい。
そして乱暴。

集まりに連れてくるのは良いけれど、彼女達は話に熱中し子供を放置する。
子供はやたら人懐こいので、親ではない誰かにちょっかいを出す。
そのうちエスカレートして、ちょっかいがやっかいなことになる。
しかし親は気がつかない、か、気がついているけれど、知らん振りする。

本当によくしてくれているけれど、じゃあ仲間内で集まろう、って言う時にどうしても声をかけたくなる。

でも日頃すごくよくしてくれるだけに、ジレンマがある。
2006年12月20日

大学or短大?

大学4年の長女の就職活動がようやく終わろうとしている。

本来なら去年の秋から活動を開始しなければならないのに、なんだかんだと理由をつけて今年の春頃からはじめた。

その時点で有名企業に内定の決まっている友人がいるにもかかわらず、本人はいたって平然としている。

娘が、自分は成績も良くしっかりしているから大丈夫、と平然としているなら親としても安心だが、とにかく世間知らずというか、適当にしてれば何とかなる的な発言が多く、実際に活動もしている様子も見られず本当にもどかしい。

私の実家の両親も何度も電話してきて、こーさせろ、あーさせろとうるさい。
実家の両親も一部上場に勤めていたがリタイアし、そう偉い人でもなかったのでコネも無いため、うるさく電話をしてくる割には役に立たない。

それに、ハタチ過ぎた人間に親からあーだのこーだの言う必要も無いかと。
言ったとしても、娘にに反発するのがせいぜい。

秋になりようやく本格的にはじめた。
いくつもの会社から事前審査で断られ、ようやく1社内定をもらい親子共々ほっとしていた。

しばらくしたある日、ふと思いついてその会社名をネットで検索した。
すると次から次にその会社の社員による社内告発がヒットして、唖然となった。

長女もそれを見て不安になたったようで、また就活を再開したのが先月。
その後大学からいくつかの会社を紹介され、落ちては受け、落ちては受けを繰り返してようやく最近内定をもらった。

その会社は歴史も長いが、上場会社でもなく、知る人のみ知るといった会社のよう。
でも同様にネットで検索しても悪い噂もなく、反対に普通の人がその商品の性能の良さを書いているのを目にして安心する。

思い起こせば、娘に『大学に行ったら?』と勧めたのは私。お金を出す元オットは短大で良いと言っていた。

しかし、中学は成績はパッとせずどちらかと言えば下位に近い長女が、高校では蝶のように花開き、我が娘?と思うような良い成績だった。

だからその時は、『長女は成長過程にあり、大学に行かせればもっと成長する。』と私は思っていた。
それと、私は転職をいくつかするたびに、履歴書に書ける『大卒』という言葉にうらやましさを感じていたことも確かだった。

でも大卒のとても親しい友人から
『私の娘は短大か専門学校で充分。私が大学を出たからと言って今何も役に立っていない。子供が成長して再就職しようと思っても”大卒”というより何かの資格の方がよっぽど役にたつ』と言われて、その時は『でも腐っても大卒よぉ』と言ってた私。。。

けれど、今になると長女は短大で充分だった。
選んだ専攻もそんなに好きではなかったようだし、もちろん成績も振るわなかった。
サークルにも入らず、充実した大学生活を送っている様子も無かったし。

内定をもらったある日
私『短大でもよかったね』
娘『私もそう思う』

下の息子達の時代はどうなるかはわからないけれど、今と状況が変わらなければ息子達は大学は出てなければ、と思う。

しかし、大学に行くだけでなく、同時に何か好きなものに打ち込めるように育て、充実した大学生活を送れる様にしないとと思った。

子育ては長い。



2006年12月18日

メールの件名

ヒマなパー子ちゃんに、簡単な住所録を頼んだ。
『出来たらメールに添付して送って』、と頼んでおいた。

メールが来た。
『入力したやつです』

\(◎o◎)/!

大事な資料なのよ

月末の3日を除いて、仕事のないパー子ちゃん。

時々、技術の雑用を頼む。

『これは客先から借りた大事な資料だから気をつけてコピーしてね』と頼んだ。
廊下の片隅のコピー機があり、その脇に資料置きがのテーブルある。
廊下を通った時に、コピーしているパー子ちゃんに『手伝ってくれてありがとね〜』って言った私の目が点になった。

大事な資料のすぐ隣に、お茶が置いてある\(◎o◎)/。
おいおい、大事な資料だって言ったじゃない〜。

コピー取る間くらい、お茶を我慢するか、お茶を飲みたくなったら別な場所で飲んでちょうだいよぉぉ。

『大事な資料だから、お茶は持ってこないでね』
『はい』(無表情)

その後、コピーを頼むたびに同じ光景を見て、同じお願いした回数。3回。

仕事より美?

うちの事務所の2階は技術の部屋(私他男性15人程度)、1階は事務所、お台所、トイレ、ロッカー、会議室、応接室。

階段を下りると、必ず事務所のパー子ちゃんが目に入る。

パー子ちゃん、髪の毛をアップにして来たその日。
しきりに髪を気にするパー子ちゃんが目にはいった。

トイレに入ると、ヘアスプレーの臭いが充満。
歩くと床がツルツルしてうっかり滑りそうになる。
ロッカーも。

『トイレやロッカーは窓が無いし床が滑って危ないので、ヘアスプレーはやめてね。』
『はい』(無表情)

3ヶ月にわたり、1週間に1回、その繰り返し。
2006年12月15日

地下鉄(メトロ)に乗って

地下鉄(メトロ)に乗って
地下鉄(メトロ)に乗って浅田 次郎

講談社 1999-12
売り上げランキング : 698

おすすめ平均 star
star親子愛の素晴らしさ
star砂埃に霞む時代。
star上手いタイトルだな

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『地下鉄(メトロ)に乗って』の映画の紹介を何かで目にしました。
その内容にとても惹かれました。

邦画は好きでは無いので観ません。
で、久々に本を買って読みました。
すっごく良かったです。

私は、昭和の地下鉄の雰囲気を覚えています。
ですから、情景が浮かび、感情移入がすごく出来ました。

駅と駅の間に電気が消えて一瞬真っ暗になる銀座線、
通路のすえた臭いと浮浪者、地上に上がると傷痍軍人のアコー
ディオン。。。

今では昔の事など何もなかったような通路から、
主人公の過去へ通じる出口(入り口)に入りこむ。

そこで、冷血だった父の過去、兄の自殺への足取りと理由、
そして恋人の秘密に遭遇します。

父の少年〜青年時代と、主人公の物心がついた時の父の変貌
ぶりにはちょっと理解しきれない部分もありましたが、
戦争〜戦後への激動を生き抜くとそうなってしまうのだろうか、
と思ったりします。

トリスタンとイゾルデ

トリスタンとイゾルデ
http://movies.foxjapan.com/tristanandisolde/(公式サイト)
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id325030/(Yahoo!映画)

久々に観た映画、どうしても観たくて日比谷まで行きました。

いやぁ、日比谷まで行くほどの価値がありました。
時代背景や、イングランドやアイルランドの景色も良かった。
音楽もとても良かった。

主人公の二人もとっても素敵な青年と美しい女性で良かったし、
苦悩するマーク王も良かった。

トリスタンとイゾルデの、運命に逆らえないせつない気持ち、
逆らってしまった時のせつない気持ち、がひしひしと伝わってきました。

トリスタンがイゾルデへの愛に突っ走るのではなく、イゾルデへの情熱を
抑え、ところどころで君主への忠実を守るのが良かったです。

自虐ネタ

仲間うちでの私の位置は、大体が自虐ネタ(特に次男坊)で話題を提供し、
爆笑を誘うというもの。

半月ほど前に、最近仲良くなりはじめた友人達3人と食事をした。
私とよくしゃべるAさんと、あまり自分から話題を提供しない、物静かな
BさんとCさん。

でもAさんも途中から眠くなってしまい大人しくなり、結局盛り上げ担当
としては会話をつなげ、盛り上げるのにも必死だった。

そしてその時も同じように笑いを取ったはずだった。。。

しかし、数日後Aさんからメールが来た。

『なんだか、Bさんから、”私達が聞きに役なってあげたから、mokorin
ちゃんも愚痴をたくさん言えて、きっとスッキリしたことでしょうね
。。”
って言ってたよぉ。(^_^;)そーいう風に取る人もいるんだねぇ。。』

う〜ん、愚痴かぁ。ウケるはずだったんだけどな。
自虐ネタが通用しないと私の持ちネタはなんだろう。
まいった。

そ、それは〜(^_^;)

我が家の次男坊、相変わらずやってくれている。
学校から何度電話が来た事か。

最近のトピックスは後日書くとして、先日次男坊に
『そうだ、理想の人を作ってその人に近づけるようにしよう!(^o^)』
って持ちかけた。

私『今まで読んだ本や、観た映画やドラマ、どれでも良いから一番自分が素敵だなぁ、いいなぁ、カッコいいなぁ〜って思う人だれかな?
その人目指せばいいんじゃない?』

息子『ジャック・スパロウ』

私『\(◎o◎)/!』

結局なんとか、次の回答で『クィール(盲導犬)を育てたお兄さん』という言葉を引き出して、『そうだよ、そういう人になろうねっ』と一件落着となった。

ふぅぅぅ、そういう回答が来るとは思わなかった。



またボチボチと

3月を最後にネタもなくなり、すっかりご無沙汰でした。
またボチボチと身近な話題を書こうかなぁと思います。