2007年02月20日

数学検定で入試優遇!

suken_logo.gif

数学検定
いわゆる「数検」の階級を持っていると入試で優遇されると聞いた。

「数検」取得者入試優遇措置校

優遇を実施している学校は大体が高校だが、一部中学でもある。
驚いたのが、私立だけでなく国立大学や県立高校でも優遇措置を取っている。

やはり、教育の資格ということで認められているということだろう。

もう少し私立中学校でも優遇措置を採用してくれるといいのにな。


2007年02月14日

勉強

今度4年生になる長男と、3年生になる二男には今まで日能研の『知の翼』をさせていた。
結構、気に入ってたんだけど、『知の翼』は受験用ではない、と明言されていたので、長男には四谷大塚の『通信くらぶ』をさせることにした。

今まで二男にも『知の翼』をとっていたけれど、今年度から理科社会がなくなるということで、やめることにして、上の子のおさがりを勉強させることにした。

我が家も挑戦

中学受験が盛んとの報道が。。。

今住んでいる地区は中学受験とは、殆ど縁遠い地域。
なぜなら、全国区で有名な(?)県立の超進学高校があるから。

ここの地域では下手な私立行くより、その高校に行った方がステータスは上がる。
ここの地域のあるお子さんが、『海城に行ってる』って言っても、誰からも『どこ?』と言われて相当ショックだったと聞いた。

しかし、上の娘達の私立と二流県立高校の違いを知っている私は、やっぱり私立!と思っている。

私も中学から私立に行ってたクチ。
かれこれ30年近くも前、私の小学校は一学年240人ちかくいた。
その3/4は受験して、失敗すると、なんと都内の公立中学校に越境する道があったので、地元の中学校に行くのは、ほんと一握りの生徒しかいなかった。

私の行った三流私立中学は、三流とはいえ、施設も立派だったし、先生たちも個性的で生き生きとした先生ばかりだった。

長女の私立高校の先生もとてもよかった。に比べて、二女の県立の高校の先生のやる気のなさといったら。。。。

ということで、我が家も挑戦することにした。

『こちら警察署です』\(◎o◎)/!

昨日、朝8時。
子供達が登校してホッとしていると、私の携帯に見知らぬ番号から電話が。。。

Police『Mokorinさんちのお宅ですね。(中年男性の声)』

私『は、はい。。』

P『おたくに二男君はいますね。』

私『は、はい。。。。(誰?)』

P『こちら近くの交番です。』

私『は、はい。。。。(交通事故?乱暴?何?がく〜(落胆した顔))』

P『実はですね。。』

私『は、はい。。。。(なによ、なに?!)』

P『二男君が登校途中に・・100円を拾ったと交番に届けてくれまして。。』

私『ほっ。。。(*^_^*)』

つまり、登校途中に100円を拾った二男が通学路途中の交番に届けたそう。
で、書類を持たせたので、6ヶ月後に持ち主が現れなかったら来てね。ということだった。

もうぅぅぅおまわりさんたらもったいぶって〜(>_<)
とうとう警察沙汰か!と私もオットも緊張の一瞬だった。
2007年02月07日

3/4のメンテナンス代

今から10年以上前に上の娘が使っていた3/4のバイオリン。
ずっとクローゼットの中で眠っていたが、再び表に出る事が出来た。

メンテナンスに出した。
切れた弦もあるし、ずっとクローゼットの中だったこともあって幾らかかるか、とても心配だった。

近くのバイオリン工房に持って行くと、『ケースの中に使ってない弦もありますし、この弓もこのままで大丈夫ですよ(^o^)丿』

結局、支払ったのは1500円だった。。。

ただし、、、
先生曰く、『弓は買い換えた方が良いわ。予算は2万位からかしら。弓が違うと色々な弾き方に対応しやすいしね(^o^)』

え〜?!そうなんですか?またお金。。。

そして、それとは別にショック。。

以前、私の16500円也のビオラの弓を買い換えたいと言ったら、あら〜そんなの買い換えなくていいわよぉ、って言われたのに。。

最近、私も先生のレッスンに対してモチベーション下がり気味で、練習してないし、レッスンも受けない事が多い。
その分、息子たちのレッスン時間が伸びているから喜ばしいと言えば喜ばしい。

けれど、息子の弾いているカイザーも満足に弾けないだろう。。多分。。。

フルサイズ

我が家には上の娘が使っていた1/8、1/4、3/4の分数バイオリンが1台ずつある。

先月まで二人とも1/2だったので、1/2は2台、それ以外は1台を先生からお借りしていた。

先生からお借りするのはドキドキだ。
分数バイオリンとて、私にとってはかなり高価なものだったので、やんちゃな息子たちが落としたりぶつけたりしないかと。。。

お返しする時に、1台あたり15000円をメンテナンス代としてお渡しする約束になっている。

でも買うよりはとてもリーゾナブルなので、とても助かります。

これから大変なのは、フルサイズになったとき。
先生『ちょっと後の事なんだけど、フルサイズでのレッスンなんだけど、安い音でのレッスンはしたくないわ〜』
私『というとどの位のを?』
先生『最低でも20万以上のを』
私『・・・・(20万×2台!)』

頑張ってお金をためるしか無いわ。。
多分ムリかも。。。

先生は高学年位には必要かも。。とおっしゃるけれど、同じように子供にバイオリンを習わせている友達からは、うちは中学生からだったよ。。。と。。

どちらにせよ、貯めなければ。。

習いはじめて1年9ヶ月

二人の息子達は、バイオリンをはじめて今年の5月で丸2年が経ちます。

長男はカイザーの?番とセブシックとスズキの2巻のロマンス。
二男は新しいバイオリン教本2の「五月の歌」「マジャールの踊り」

「2年たってもコレ?!」

とビックリされる方も大勢かと思いますが、彼らにとってはいっぱいいっぱいです。

なんたって練習時間は月曜〜金曜の朝学校へ行く前の20分くらいですから。
それもなんだかんだ言って、練習するのを先伸ばし作戦が成功すると、10分なんていうこともザラです。。。

でも先生も、『私の教え方は進むのが遅いのよぉ(*^_^*)』といつもおっしゃいます。

先生ご自身がスズキのご出身で、あとで芸大を受験する時に基礎が出来てなくて本当に苦労されたという経験からだそうです。
先生の周囲にもスズキ出身で苦労された方が沢山いらっしゃるとのこと。

が、、、、先生からお借りしていた1/2のバイオリンにはローマ字のイニシャルが。。
「スズキの演奏会でアメリカに行った時のよ〜」
絶句。。。


毎日の練習は嫌!とは言うものの、レッスンは楽しい!というので、このまま頑張って欲しいです。

二男がようやく3/4

ようやく二男のバイオリンが3/4になった。
1つ上の長男と身長は殆ど変わりなく、もしかすると二男の方が若干高いかも。それと二男は手が長い。

長男の方がちょっと難しい(それでもカイザー)の曲をやっているので、バイオリンのサイズを変えるのは音程の為に、もう少し先で良いということで二男が先に3/4になった。
2007年02月05日

二男とワンコ

あの問題児の二男だけど、長男よりよっぽどワンコを可愛がっている。

節分で年の数だけ豆を食べる、、、という話から、我が家のワンコの年齢の話題になった。

そして、ワンコの寿命は10年ちょっとということを言ったら、
『うちのワンコの死んだこと見たくないな』って悲しそうに言った。

あ〜、これだけでも、ワンコに感謝だ。


ウィルスセキュリティ

自称IT担当の同僚。

一応ITに強いと思われているようで、ソフトの選定とかやってる。
ちょうどウィルスバスターの更新時期がきて、あまりの値上げに怒っていた。

で、結局彼はウィルスセキュリティを我が支店の全てのPCに導入した。

後日、私が自分の家用に調べてみると、ウィルスバスターは値上げではなく、1本で3台まで使用可ということで、値段はリーゾナブルになっていた。

それを自称IT担当氏に言うと、あ〜後で気付いたんですけどね。って。
しっかりしろよ。

しっかし、ウィルスセキュリティは遅い、遅すぎ。
週1回の昼休みに全スキャンをしてるけど、ウィルスセキュリティは昼休み終わっても1時半なのにまだスキャンしている。
それもすごーーーーーく重くて、他の作業に支障が出ている。

ウィルスバスターならちゃんと昼休み中に終わっていたのに。

我が家?もちろんウィルスバスターにしました。

チョコ食べた\(◎o◎)/!

たいへんだ。

昼休みに家に帰ったら、わんこの側にチョコの空き袋が〜\(◎o◎)/!
すっかり食べつくして、満足げなワンコ。。。

しかし、チョコはわんこに良くないと聞いた。
7CM×5CMくらいの16グラム入りの子袋で、それもナッツ入り!

かかりつけのお医者さんに電話した。
下痢、吐き気、血便、それと不整脈の恐れ有り。

ただ、うちのワンコは体重10キロあるし少量そうだから、まぁ様子を見ましょうということになった。

しっかし、まいったなぁ。
ごめんなさい。落としたのは、私です。
昨日子供からもらって、床に落としたまま出勤したみたいです。

そのまままた会社に来たけど、家に帰って吐いていたり、下痢していて床や部屋が汚れていたらどうしよう。。。。このまま具合が悪くなりませんように。。と願うばかりです。


山口美江

時々彼女の事を思い出す。

私は彼女がとても好きだった。

自分に自信と誇りを持っていて、生き生きとしていたから。
自信から来るであろう相手への毒舌や辛辣な批判をも軽く言えてしまう彼女が、とても小気味良く感じられた。

けれどある日彼女は自殺した。未遂に終わったけれど。

「他人を強く批判する人は、その分他人からも強く返される。けれど、繊細な彼女は強く返されたものを受け止められなかったのだろう。」
とその時の誰かのコメントがとても印象深い。

壁に向かって強いボールを投げると、はね返りも強いということと同じだ。

私も時に人に対して辛辣だ。
でも、その時のコメントをいつも心の片隅においている。
人の批判や悪口を言っている分、他人から言われても仕方が無いと。

もうずっと他人から批判や注意される事は、殆どない。

けれど私に対する批判を受けた時には冷静に自分の中での昇華するように努力する。
その批判から決して逃げたり、さらに批判した相手を批判してはいけないと、思う。

三猿

とある集まりでの事。

その集まりであるご夫婦と仲良くなった。

その奥様から聞くその集まりでの問題点。

お困りとのことで、私なりにアドバイスをした。

でも結局、人の悪口、人の批判。
常にネガティブな返事ばかり。

でももうどーでもいいや。疲れた。
どの人もいい人ばかりなのに、皆好きなのに。

モメ事は大嫌い。

何を言っても否定され、力も無いのに、ちょっとばかり頭を突っ込み過ぎた。
私の好きなものまでけなされて。

これからは、三猿に変身〜(*^_^*)
2007年02月02日

私のブログ

最近、「ぐーたらママのお気楽生活」というより「ストレスママのイライラ生活」の方があってるような内容ばかり。。

二男の件、友人関係、娘の件。。。。

ここに書いてスッキリする部分もあるから、誰が読むとか読まないとかはあまり気にならない。反対に、ここに来る人はどうして、来てくれるのだろうと不思議に思う。

それより、結構限定的な地域の話題も書いているので、わかる人には私が誰がすぐわかってしまうだろう、と思うとちょっと内容的に、まずいなぁと思う部分もかなりある。

Mixiに登録したり、MSNのメッセンジャーのプロフィールを兼ねて付随するブログなんかもちょっと手をいれてみたりしたが、あれって私は何も書く事がない。
というより書けない。

知り合いが読んじゃまずい、内容のものしか書けない私は知り合いが見るサイトには何を書いていいのかわからない。