2007年07月30日

横浜へ(1)

夏休みに入ったすぐのバイオリンのレッスンの日が、先生の都合でお休みになることが判明した。

となれば、どこか行くしかない!
だって、他の日はぜ〜〜〜〜んぶミニバスだもん。。
めったにない、空白の日を無駄にはできません!

ということで、私と息子2人で横浜に行きました。
なぜ横浜か、というと、、、

私の愛聴盤の細野晴臣のCDに『北京ダック』という曲があって、車でかけていたら、

”ヨコハマ 光る町〜♪”

を、子供たちが「なんで光る町なの?」という疑問から、『そっか、横浜も中華街知らないんだぁ』と横浜に行く事にしました。

色々調べて、中華街→日本丸→三菱みなとみらい技術館→ランドマークタワーという計画をたてました。

【ピアノの森】

『ピアノの森』を観に行きました。
長男、二男、オットと私。そして、息子の友達の3姉妹と。

つくばでさえ上映していなく、最近できた守谷ロックシティまで行きました。

水曜日の1回目の上映でしたが、私達以外は10人程度しか入っていませんでした。。。
人気はポケモンだそうです。。

私はアニメはかなり苦手なのですが、『ピアノの森』は結構良かったです。

凝ったCGもなく、淡々とストリーは流れていきますが、音楽も映像もとても美しかったです。
そしてそれぞれが音楽を、小学生なりに愛する姿がとてもよかったです。

『音楽は、技術ではなく心で』内容のコンセプトが子供達に伝わってくれたらなぁと思いました。

アニメではなく、実写版でも良かったのでは?と思います。

でもねぇ、、一所懸命練習してきた修平より、阿字野先生は生まれ持った才能のある海を認めて、海外へ、というのは、やっぱり努力より才能なの?と悲しく思うのでした。

でも、実際の連載はまだ続いているようなので、天才でも練習が必要とかでちょっとした挫折を味わうとかあるんでしょうかね。。

ところで、個人的には宮迫は大嫌いなので、阿字野先生は違う方に声をやってもらいたかったですねぇ。
暗くて平坦なセリフ回しで、何で宮迫を選んだのっ(怒)?!とムカムカしました。
2007年07月20日

役立たず

16日(祝・月)地域の公民館主催の子供のイベントに長男が参加する予定だった。

しかし、当日の朝に都合が悪くなった。
案内のチラシに都合が悪ければ公民館に連絡を、とあったので公民館にキャンセルの電話をした。

私『今日のイベントをキャンセルしたいんですが。』
男『?わかりません』
私『あれ、公民館ですよね』
男『?わからないんです。』
私『キャンセルの連絡はどうすれば良いんですか?』
男『今日の習合場所はココじゃないですよ。』
私『じゃ、どこに連絡すれば。。』
男『今日は月曜日で公民館はお休みです。私は留守番なのでわかりません!』

驚いた。
これじゃ、留守番電話だって同じでしょ。
人を雇う意味が無いんじゃないの?

イベント担当の人も、”今日は違う習合場所だから連絡があればココに”ってメモでも置いておけばいいでしょ?

留守番なんだから、館長さんの電話は知ってるでしょ?

結局、集合場所に電話があるところだから、キャンセルを伝えられたけど、無かったらどうするんだろ。

さすがお役所仕事!

灯油

お祭り当番の時に仲良しママ達がいて、最近私食事も作ってないんだよねぇ。っと言ったら、『ご主人が死んだらMokorinちゃん困っちゃうよ』、って皆に言われた。

『じゃ、茜会(中高年の再婚の会)に入って再婚する。だって、自分で電球換えられないし、灯油だって買えないもん!』

って私が言うと、皆声を揃えて
『え〜!灯油自分で買わないのぉ?』
と、すごーーーーく驚かれた。

何人かのママからは『うちなんて3階でエレベーターなしだけど、私が運んでるんだよぉ』と。。

驚くのは私もよぉ(^_^;)
なんで、ママ達が灯油を買って運ぶの?
重いでしょ、臭いでしょ、あれは男性の仕事よ。絶対。

我が家も代々灯油は男の仕事よぉ。

みんなエライわ。。

近況

去年の夏から秋にかけての残業地獄以来、オットが殆どの家事をしている。

オットが子供を起こし、朝食を食べている中に私はノコノコ起きてくる。
オットが洗濯物を干している間、私は新聞を読むか化粧。

オットが一時帰宅して夕飯作っている間に、私は子供のミニバスのお迎え。

オットが子供の学校の用意や勉強をみたり、歯磨きしている間、私は雑用。

オットが会社に戻り残業の続きをしている間に、私は自由時間、そのうちうたたね。
明け方近くに私がリビングで目覚めると、すでにオットは帰宅して寝室で寝ている。
乾いて干しっぱなしになっている洗濯物がたたんである。

のような生活を毎日送っています。

まずいなぁと思いつつ、甘えてます。
いつか爆発するかも。。。

最近。。

7月下旬のお祭りに向けて、子供会主催の練習が10日間ある。

昨日はそのお当番だった。
仕事を終えて、着替えるために家に帰るとオットがすでに帰っていた。

オットは包丁を持ってじゃがいもをむいていた。

『私、最近包丁持ってない。最後に持ったのいつだろう』

ふと思いました。


2007年07月18日

お姉ちゃんいたんだぁ\(◎o◎)/

今日、ミニバス体験の子を送るのに、うちに寄った。

短大の二女が家にいたのを見て、
『え?!お姉ちゃんいるの\(◎o◎)/?』

(^_^;)もう友達になって3年経ったのに〜。
家には来たことないけど、キミのお母さんだってうちのお姉ちゃんの事知ってるよ。
”もう1人上にいるよ”って言ったら、さらにすごーーーく驚いていた。

てっきりみんな知ってるかと思うと、未だにいろんな人に驚かれる。

年が離れてるお姉ちゃん、めずらしのかな?




え?!そんな子いるの?

『コーチが怒鳴るから怖いって、ミニバスやりたくない子だっているしねぇ。。』

朝、オットと何の会話か忘れたけど、何気に話していた。

そしたら長男と二男が
え?!そんな子っているの?信じられない!!
ってとても驚いていた。

いいねぇ、その感覚。我が息子ながら嬉しく思いました。

映画を子供と観る時に

洋画が大好きな私。

でも、完璧な子供向けでない映画を子供と観る前に必ず映画館に電話します。
『子供に見せられないラブシーンはありますか?』

意外に映画館のスタッフって映画を観てない人が多いんですよね。
『観てないですが、R指定じゃないので大丈夫です』って。

う〜ん、R指定じゃないから大丈夫っていうけど、海外の映画ってキスが挨拶でしょ?どの程度のキスなのか、って判断あるのかなぁ。。と思っていたら、はてなのサイトでの【R指定】には、『主に暴力表現や性的な表現に対して行われる区分だが、一般に日本のレイティングは欧米にくらべてゆるい基準で運用されている。』とある。

でしょ、でしょ!

だってね、ダイ・ハード4.0観に行く前も2つの映画館に確認しました。
定番の『R指定じゃないから大丈夫』との回答でした。

で、嫌な予感どおり、、
冒頭にマクレーン刑事の娘さんとボーイフレンドの車内でのディープキスと彼氏が『いいだろぉ』なんて、胸をさわるシーンがありました。

子供には映画館に入る前、私の合図があったら”耳をふさぎ目をつぶる”という約束にしていたのですが、これは合図を送るべきかどうか迷っているうちに、マクレーン刑事が突入!してそれで終わりました。

映画で暴力や性的なきわどいシーンがあるか明記してくれるサイトがあればいいなぁと思います。

でも”きわどい”って個人個人で判断基準が違いますけどね。
良い映画があるけど、その辺の判断で見せられない映画があって残念です。

ダイ・ハード4.0

先日、ミニバスの練習の合間をぬってダイ・ハード4.0を観にいった。

オット、長男、二男、そして運動神経の良い体験君と私。

映画のサイトでどこでも評判が良かったので楽しみに行きました。
結果、、、オット&子供達は大喜び。面白かった!とのことでした。
でも、子供達はサイバーテロについてはどこまで理解したのかな。。

私は”安心して観られる映画”でした。
だって、主人公絶対に死なないってわかってるんだもん。
これ、一般市民巻き込んでない?っていう、有り得ないシーンもあって、超娯楽映画だなぁと思いました。

こどもにあわせて吹替え版を観たのですが、、、
なんでしょ、あの吹替え。
活舌悪くて、聞き取りにくい。
最初から最後まで酔っ払ってるの?って感じでした。
子供達もきっと聞き取れなかったでしょうね。

声優さんは、なんと『野沢那智』!
う〜ん、パックインミュージックで大好きだったのに〜。
年取って活舌悪くなったの?
それとも、マクレーン刑事のキャラがそうなの?

でも、1作目はとても良かった思い出があるので、また子供と1作目を借りて来て観たいと思います。

ところで、ダイ・ハード4.0ということは、4.1や4.2の改訂版があるのかしら。。。
2007年07月17日

ほめるべきだった

長男が学校のテストを持って帰ってきた。
結構な枚数だった。

長男はとにかくほめてもらいたくて、
『ママ、見て〜(*^_^*)』
って嬉しそうに持ってきた。

が、見ると、その中の1学期のまとめの漢字のテストが68点だった\(◎o◎)/!。

それも、1学期の半ばのテストでは書けていた漢字まで間違っているし、さらにテスト直しをした漢字までも間違っている。

国語も通信くらぶとおなじ状況で、記述だけのテストは良い点数だけど、漢字問題も含んでいると漢字で点数を落としている。

何コレ!!もうっ!漢字の特訓よ!<`〜´>と怒った。

が、子供が寝てからゆっくりとテストを見ると、国語の記述問題、算数、社会、理科の殆どが100点、たまに95点。
国語の記述+漢字だと漢字だけが間違っていて、記述は殆ど合っている。

う〜ん、コレはほめるべきだったんだ!と大反省。

翌朝、あやまってほめたけど、もうあまり嬉しそうな顔をしなかった。
ごめんよぉ。。。。

勉強かスポーツか

1に勉強、2にスポーツと思っていた私。

最近、考えが違う?って思いました。

通知表やテストは友達と見せっこしちゃだめ、と学校で言われている。
訳のわからない3段階の絶対評価で、本当に出来てるのかどうかもわからない。

私の中学ではテスト結果を廊下に貼り出していた。
今は個々に結果が配られるだけと聞いた。

でも、スポーツは違う。
体育の時間に出来る、出来ない、上手、下手がバッチリわかる。
運動会のリレーの選手なんて、大勢の父兄の前であの子はスゴイってわかるでしょ?

う〜ん、勉強よりスポーツが出来ていた方が子供の自信につながるのかな〜。

予言

私の住んでいる地域は、時々震度4程度の地震がある。

しばらく大きいのがないなぁと思っていると、ある。

ここしばらくなかったので、先週の金曜日にうちのバイト君に
『そろそろ大きい地震が来るよ』
と言って3連休を迎えた。

やっぱり、大きい地震があった。

以前も同じ事があった。
予知能力というより、周期がなんとなくわかるのだろうか?

もう一言あれば、、、

うちのオットは愛想は悪くないが、自分から他人と交流しない。

例えば相手がオットに興味を持って『○○ですか?』と話しかけられても、『はい or いいえ』だけで終わっちゃう。
その後になにか一言付け足せば話がはずむのに、、と聞いていて歯がゆい。

人に媚びないところが好きな反面、もう一言あれば、、と思うこともしばしば。

NHKの気象情報

昨日の夜、NHKの天気予報は高田さんだった。

画面に大雨の後の警戒として、崖くずれのイラストに『すべりやすい履物』と文字が入っていた。

それを見たオットが

『すべりやすいズラ、そしてズラが飛ばされないように突風に注意してください。』

私、爆笑。

NHKの天気予報の男性アナウンサー達は、見るたびに髪の毛が危険になっていく。
オットといつもそれで盛り上がる。

お見舞い

弟のお見舞いに行ってきました。

術後12日。
抜糸も終わり、元気になったので来て下さいということで、安心して行きました。

面会ルームにオットと子供を残し私だけが病室へ。
6人部屋の弟のベットの前で声をかけて、カーテンの中に入ると起きて横になった弟がいた。

元気そうだった。

面会ルームに行くから、と起き上がる弟。
リモコンでベッドを起こし、足元の柵にしばった長い紐を頼りに、ゆっくりと体をベッドから離して体の向きを変えた。

\(◎o◎)/!元気になった、というから痛みは消えてある程度普通に生活出来てるのかと思っていた私はちょっとショックでした。
息もできないほどの激痛は手術3、4日で、まだまだ痛いそう。

面会ルームまでもそろそろと歩いていた。
その後姿もすごく痩せた。
ちょっと太めだったから、背中の肉が取れてカッコ良くなっていたけど。。

ソファには座れないからと腰掛椅子に座っていた。

まだ痛いの?と聞くと、『どの動作をすると、ピキッって痛くなるかわからないので、体を動かすのにも細心の注意をしている』と。
今すぐ退院していいよ、と言われたら電車で帰れる?と聞くと、体力や筋力が落ちてるからかなり無理がある。

とにかく腹筋が使えないから大変。
トイレに行くのも筋力が落ちてて、最近まで用を足す間、足がプルプル震えてた(^_^;)と。
日常生活に腹筋を何気なく使っていたか、よくわかったと。

一番困ることは?と聞くと、ベッドの寝起き。
リモコンでリクライニングできるけど、一番起きた状態が75度ぐらいで、そこから座るには腹筋を使わなければならないから大変。
ベッドのリクライニングの角度を90度までにして欲しいといっていた。

母の入院の時は、点滴の柱を支えに廊下を歩いている手術後の患者さんがたくさんいた。
弟の病棟では歩いている人をみかけない。
弟曰く、母は大腸がんで手術後に癒着するから歩かないといけない。
弟の病棟は肝臓の病気の手術の方ばかりなので歩く必要は無いということでした。

やはり、弟の入院している科の中では、弟が一番若いそう。

手術の傷を見せてくれたけど、思ったよりはすごくなかった。
それより、またまた人間の回復力、そして手術を考えた人達ってすごいなぁと感心しました。

仕事に復帰できるのはいつぐらいを予想する?と聞くと、体力が落ちてるから9月ぐらいになるかも。。と言ってました。
まだまだかかりそうですが、冬にはまた家族でスキーに行けると良いねと言い、30分ほどで帰りました。






2007年07月12日

雨ニモアテズ

ネットニュースで面白い記事を見つけた。
あまりの素晴らしさに感動しました。

現代っ子にぴったり? 「雨ニモアテズ」宮沢賢治の故郷で発表
  (2007年07月12日 03:09 産経新聞)
詩人の宮沢賢治に「雨ニモ負ケズ」という有名な詩がある。東北地方で貧しい農民たちと生活をともにした賢治が、こういう人になりたい、と自分にいいきかせた素朴で力強い詩だ。

 そのパロディーに「雨ニモアテズ」というのがある。賢治のふるさと・岩手県盛岡市の小児科の医師が学会で発表したものだそうである。職業上多くの子供たちに接していて、まさにぴったりだと思ったという。作者はどこかの校長先生らしい。


 雨ニモアテズ 風ニモアテズ

 雪ニモ 夏ノ暑サニモアテズ

 ブヨブヨノ体ニ タクサン着コミ

 意欲モナク 体力モナク

 イツモブツブツ 不満ヲイッテイル

 毎日塾ニ追ワレ テレビニ吸イツイテ 遊バズ

 朝カラ アクビヲシ  集会ガアレバ 貧血ヲオコシ

 アラユルコトヲ 自分ノタメダケ考エテカエリミズ

 作業ハグズグズ 注意散漫スグニアキ ソシテスグ忘レ

 リッパナ家ノ 自分ノ部屋ニトジコモッテイテ

 東ニ病人アレバ 医者ガ悪イトイイ

 西ニ疲レタ母アレバ 養老院ニ行ケトイイ

 南ニ死ニソウナ人アレバ 寿命ダトイイ

 北ニケンカヤ訴訟(裁判)ガアレバ ナガメテカカワラズ

 日照リノトキハ 冷房ヲツケ

 ミンナニ 勉強勉強トイワレ

 叱ラレモセズ コワイモノモシラズ

 コンナ現代ッ子ニ ダレガシタ
2007年07月10日

術後の痛み

先週の水曜日に手術した弟。

8時半に開始して13時過ぎにガンを取り終わり、手術が終わったのは15時過ぎだったとのこと。

大きなガンを1個と小さなものを1つ取って、小さなものはガンなのか、病理検査に出すとのことでした。

翌日にはICUから一般病棟に移ったそう。
それまでは強い麻酔をしていたそうで、弟も無事手術が終わりホッとした感じだったそう。

それが、背骨からの麻酔を外すとかなり痛い様子で、その週末に我が家が行く予定のお見舞いは遠慮して欲しいと連絡がきた。

それから約1週間、自分でトイレは行けるようだが、まだかなり痛いらしい。

来週の海の日には手術後初めてお見舞いに行こうかと思う。

アンデス ミイラと生きる

我が家はテレビは殆ど見ない。
多分1週間で多くて1時間くらいかも。。。

7/1(日)の夜にのんびりした時間があって、めずらしくテレビをつけた。

目に入ってきたのは、子供のミイラ(NHK スペシャル 失われた文明 インカ・マヤ 第1集 アンデス ミイラと生きる の右下の写真。)だった。
でも、今まで目にした乾燥して横たわっているミイラではなく、頬も手や足もふっくらとして、まるで座っているような姿だった。

この子供達は、自分の一番大切なものとして神に捧げられたという。
綺麗で豪華な宝飾品を身につけられ、埋められたという。
その時の子供や人々の気持ちはどうだったのだろう。。

アンデスの風景、番組の語り口、CGを使った説明、そして今でも村の人たちが先祖としてミイラを祀っている、そんな映像に引き込まれていった。

今日の深夜に再放送される。
興味のある方は是非見て見てください。
[再放送]7月10日(火)深夜【水曜午前】0:10〜1:09、
《関東のみ》0:40〜1:39
2007年07月07日

そろそろ限界か?

四谷大塚の通信くらぶ。

今までコンスタントに平日は勉強して、週末にテストをやって提出できていた。

ところが、ここ1週間、長男はミニバスに入った初めての夏のせいか体調が悪かった。
学校を早退したり、お休みしたりしていた。

思えば、2月にミニバスも、通信くらぶもはじめて、ホントに頑張った。というか、頑張らせた。

ミニバスの練習が終って家に着くと8時、それからお風呂、食事、やり損ねた宿題。。
そうして、ようやく通信くらぶにとりかかるのだが、終ると11時近かった。

今まで9時には寝かせていたのに。。

体調を崩したので先週のテストはせず、今週の予習もしていない。
これでどんどん遅くなってます。

いつ挽回できるのかな〜。

通信くらぶの成績

通信くらぶ2月からはじめて、とりあえず5ヶ月なんとか続きました。
今までの成績の平均です。

算数56.1
国語58.4
社会48.0
理科49.0

二教科58.4
四教科52.8

意外に国語がいつも良い点なのがビックリ。
でも月例テストになって漢字がはいると、漢字が苦手で殆ど全滅の長男はガクンと成績も落ちます。

社会、理科は4年はまだ焦らなくても、とか算数に力を入れましょうとか、言われていますが、実際のところ勉強時間がありません。
だからだいたい1回音読しただけです。

この偏差値ってどのくらい信憑性があるんでしょうね。
偏差値だけをとってみれば、地元のまぁそこそこの私立中にいけそうな行けなさそうな。
そんな甘いものじゃないよね。。
2007年07月05日

相変わらずらしい

この4月から私の実家に住んでいる長女。

相変わらずらしい。

洗面所に置いてあった母の化粧品を勝手に使って、空にしてもそのまま。
何も言わずに勝手に母の傘を持って行く。

実家の母も忙しいのに、食事は作ってもらうもの、と大きな態度。
注意すると、いっちょ前に反論し、捨てゼリフを残していなくなる。。

そして、弟の病気で私の両親は毎日病院に行き、遅く帰っているのに、帰宅は遅い。
その時くらい、早く帰って食事くらい作ってくれれば良いのに。。。

母は、もう彼女には期待せず、一定の距離を置いて接するから私からは何も言うな、と言われた。
が、そういう訳にもいかないよね。。

でもよーく考えると、実家の両親はちょっと手伝うとそれが当然になり、やらなくなると怒る。
だから私も若い頃、気がついても余計な気を回さないようにしていた。

そしてそれが嫌だったから、私は就職と同時に家を出た。

長女は4月に入社したばかり。まだまるまる2ヶ月しか経っていない。
外で遊ぶのも楽しいだろうし、自由になるお金もそれなりにある。

落ち着くまではしばらくかかるだろう。

しかし!人のものを勝手に使ったり、空にしたり、、それはちゃんと注意しなくては。

母の話を聞いて、私も長女にイ〜ライラ!
2007年07月04日

余命3ヶ月

母の大腸がんの手術の時は、手術の前の段階でステージいくつ、と説明があった。

しかし弟は聞いてないらしい。
手術後に聞くのか。。。説明があるのか。。

良い医師団との評判だけれど、母の病院よりなんだか説明も足りないし、手術の説明もギリギリで、どうもその辺が頼りないというか、信頼性に欠ける気がする。

ただ、弟は聞いていたらしい。
このまま手術をしない場合の余命を。

『3ヶ月』

実感が全くわかない。

けれど手術をすれば延命も出来るし、完治も?と言われたそう。
でも、、延命。。。って。
どの程度を延命って言うんだろうか。
30年というのも延命なのか、例えば5年生存率に対してなのか。。

手術前の昨日、熱が出ていたらしい。
もし熱が下がらなければ手術は出来ない。今回手術を逃すと、手術の機会を失うかも。。。

と言われたそう。

でも、さっき父に電話したら無事手術は始まっているそうだ。
良かった。

今日は手術

今日は弟の手術の日。

大体6〜7時間かかり、50針ほど縫うそうだ。
本人は手術事体より、術後の痛みを心配している。
相当痛いのだとか。。
3日間はICUに入るそうだ。

私は開けてみて状態が悪かった、、、それを心配している。

昨日の担当医からの家族への説明も、今日の手術も行こうかどうしようか迷ったが、弟も来なくて良いと言うし、弟嫁と両親が行くと言うので、そう大勢で行ってもと思い、結局行かなかった。

でも、父と弟の言う事が違う。
肝臓の30%を取るか、それとも30%を残して取るのか、、どっちだ。。

意外にお医者さん任せなところが非常にもどかしい。

が、本人たちがそれで良いならしゃしゃり出る必要もないのか、それとも本人たちの気付かないところを気付いてあげるべきか。。

もうすでに手術は始まっている。
神様にお祈りするしかない。
2007年07月03日

これから突撃しま〜す

中原名人の名句

『これから突撃しま〜す。何があっても知りませ〜ん』

この騒動って1998年頃、もう10年近く前なんですね。
でも我が家では、まだこのネタは健在です(*^_^*)。

中原名人って律儀な方だったんですね。。
お庭での会見、何度もしなくても。

留守電のテープ聞かされて『あ、これ私ですか?う〜ん私?』
正直すぎるって。。

でも、将棋界は実力なんだなぁと思うのが、これがあっても日本将棋連盟会長になれたって事です。

この騒動は、どうもマスコミに扇動されたみたいで、お2人にとって気の毒な結果だと思っています。

将棋ネタ

森内永世名人のコラムから、かつてよく見たNHKの将棋番組を思い出した。

とにかく将棋のわからない私は見ていて面白くない。
でも、棋士ウォッチングは面白い!

※1.各個人の何段とか何名人とかしらないので、すべて敬称は棋士で。
※2.あくまでも10数年前の記憶です。

羽生棋士の髪の毛に寝癖があったのは有名な話ですが、田中寅彦棋士の髪の毛もすごかった。
いつもグチャグチャに近いというか、寝起きのままというかボサボサというか。
奥さんに何も言われないのか、言わせないのか。。

その頃散髪に行くのが面倒で嫌だと言ってたオットは、『ほら寅彦だって同じ頭だもん!』と駄々をこねてました。

加藤一二三棋士は対局の間とにかく落ち着かない。
正座してても上半身が前後にゆーらゆら。
そして、鼻が悪いのか対局中ブーブー鼻を鳴らしていた。
あれも、うるさい!とクレームは来なかったのかな。

そして、神吉(かんき)棋士。
これは、カシオペアでいうと向谷実みたい。
無口な仲間の中で異色の半芸人みたいなお人柄だった。
とにかく面白くて、将棋を広めるには良いキャラだと思ったが、本人の実力は知りません。

う〜ん、また久しぶりに日曜日の午前中、NHK教育テレビを見てみたい気がする。。ネタ探し?

私も音はだめだぁ〜

将棋:第65期名人戦七番勝負 封じ手前、長考応酬−−第1局
  (毎日新聞 2007年4月11日 東京朝刊)

 10日、山口県長門市の白木屋グランドホテルで始まった森内俊之名人(36)と挑戦者・郷田真隆九段(36)の第65期名人戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局は午後5時半、26手目を森内が封じて1日目を終えた。

(中略)

 ◇扇子の音巡り中断

 森内が24手目を考慮中の午後3時20分ごろ、森内はそれまで盤をはさんで聞こえてくる郷田の扇子の音が気になっていたようで、自分の考慮中には音を立てないように要望。約10分後に郷田が、音は無意識のうちに立っているもので、意識的に立てているわけではない旨を立会に説明したいとして、対局が中断した。

 立会の中村修八段と副立会の木村一基八段らが協議し、郷田に相手の考慮中には扇子の音に配慮するよう要望して両者は納得、約30分の中断の後に午後4時、対局が再開された。

(後略)

【山村英樹】


新聞の記事で、ふと”森内名人が永世名人に”というコラムを見た。

あら、懐かしい。

我がオットは将棋が大好きで、恋人時代は日曜日の朝にNHKの将棋番組を見ていた。
若い森内棋士がよく講座や対局の解説に出ていた。
将棋のわからない私は森内棋士を、”とてもお肌がツヤツヤしているなぁ”な〜んて眺めていた。

日曜日の朝、私は出かけたい私。。。でも、オットは将棋観戦中。。

そのうち、記録係の『○○何段、持ち時間○分です。10秒・20秒・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10』の秒読みのまーーったりした声が眠気を誘い、午前中から昼寝に入っていた記憶がある。

今はオットも忙しく、将棋なんて見てるヒマなどなくなった。というより、テレビは殆ど消されたまま。
だから将棋界にもうとくなってしまった。

とにかく、その森内棋士が永世名人!と驚いた。近所のおばちゃんが、久々に成長した近所の子を見かけた時の感じだ。

で、その記事の中で、『扇子の音巡り中断』、音に敏感な私は森内棋士に一票。
だめだ、絶対集中できないもん。
それに、”森内名人の考慮中は”って限定してるのに、相手の郷田九段も引き下がらないねぇ。

ここでは詳しく書かれていないけど、かなり口論になったとか。

自分の出す音、臭い等々で他人を不快にしてはいけないと思うんだけどなぁ。
郷田九段は扇子をはじくリズムや音が大事だったのかも知れないけれど、大人げないなと思うのでありました。