2008年04月09日

治療終了

3/27にお鍋の蒸気で火傷して、4/10に病院でもう来なくて良いと言われた。
ちょうど2週間でした。

デュオアクティブを貼った傷でない部分がかぶれ始めていて、

『こっちの方がひどくなりそうだから、もう貼らなくて良いよ』

と言われました。

『治るの早いねぇ』と言われました。

まだまだ赤いけれど、そのうち他の部分と変らなくなるそうです。

家に帰ると、服にあたって少しヒリヒリするので、今はワセリンを薄く塗って腕用の伸縮包帯を巻いています。

貝塚みずき野クリニックは我が家からは遠いので、また大怪我、大火傷をしない限りは行かないかも知れません。
先生はじめ看護婦さんも受付の方も優しかったので、ちょっと寂しいです。
2008年04月06日

病院での治療−4日目

火傷して6日目以降。
病院での治療開始からちょうど4日目以降。

病院ではいつも通り看護婦さんがデュオアクティブをはがして、きれいにお水で洗ってくれた。

はがした時に見たら、まだまだ赤いけれど、1枚皮が出来てました(*^_^*)。

昨日までじぐじぐしていたように見えたところも、皮のおかげで”ぴん”としたツヤが出て、私もじっくり見ることが出来ました。

診察でも、先生がきれいだね。。と。

で、次は月曜日しかこれないことを伝えると、

金・土・日でもっと良くなってる。
もう診察は来なくて良い。
あとはワセリン+ラップで大丈夫。

って。。。

え、、遠いからまぁ大変だけど、このまままた自己流で良いよというのは怖い。

なので、来週の月曜日に行って、先生のお墨付きが出て、自分でも大丈夫だと思ったらやめるとのことにしました。

金曜日(やけどから8日目)からは、デュオアクティブを自分ではがして・洗って交換。
金曜日・土曜日と、デュオアクティブをはがす度に、すごくキレイに皮が出来ている。
特に土曜日はあまりにキレイなので、遊びに来ていた娘達に見せたら、、、

キャー痛そう。

そっか、自分じゃすっごーーーーく良くなったように見えるけど、普通の人からすると、まだまだ赤くて気持ち悪いらしい。

もうひと頑張りかな。
2008年04月02日

病院での治療−2〜3日目

まずは看護婦さんがデュオアクティブをはがしてくれるところからはじまります。

デュオアクティブは、上から見ると液が出来たところは真っ白のゲルのようになっています。
おしっこいっぱい含んだ子供のオムツみたいな感じでしょうか。

初めて貼った翌日は、戦々恐々、、どうなるのか\(◎o◎)/!

みたいな感じで、また目をそらしていたのでわかりません。

これまでも、湿潤療法の各サイトに、キレイに洗いましょうとあったので、自分でも洗っていました。

が、昨日皮を全部むいてしまったので、それはそれは生々しい様子で、もう自分じゃ洗えない状態でした。

看護婦さんありがとう。。こんなの見て仕事してスゴイなぁと感心しました。

洗うたびに、最初見た時はどうなるかな?と思ったけど、全然キレイですよ。
良くなってる、と毎日言ってくれました。

先生も、『お、きれいじゃない。良くなってるよ。ほら、皮も出来始めてるよ』と。

自分では、あまりに生々しく正視できないし、見ても怖くてよくわかりません。

また明日も診察です。


あせった〜

もうすぐ我が家に留学生が来ます。
その子に持たせるために合い鍵を作りました。

うちの玄関ドアの合鍵は、作った1回目ではちゃんと開け閉めできません。
何度かお店に行って、修正してようやく普通に使えるようになります。

今回作った鍵も、その子に持たせる前にちゃんと出来ているか確認しようと思ったのが昨日の(今朝の)午前3時半。

鍵持って、玄関の外に出て閉めた。閉めれた。

なんだ、今回は1回でOkだ!
じゃ、部屋に戻ろうと思った

、、、ら、、アララ鍵が開かない。。。。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

時間は午前3時半。
オットは寝てるし、他のドアの鍵は開いてないし。。
ただ左右の仲良しの家を見ると、部屋の電気がついている。

万が一、最終的に開かなかったらどちらのかの家に行って、我が家に電話してもらうようにお願いしようと思った。

で、あと数回がガチャガチャやってたら。。

開いた獵

あー良かった〜。
焦ったよ〜〜〜〜〜たらーっ(汗)






最後の最後まで。。。。

去年につづき、昨日から二女も社会人になった。

私の実家からの方が勤め先に近いので、二女も実家に移り住む事になった。
なーんて、嫌がる実家に頼み込んで無理やっこ住まわせてもらっている、というのが実情。。。

だって、二女は本当に起きれない人だから。
何度学校を遅刻したことか。

出て行く時は”今まで使っていた部屋をキレイにしてから行って”、と言っておいたから、一応キレイにはなっていた。
(これも手伝いに来た長女のおかげ。二女はマンボウのように漂っていただけだった。。。)

で、昨日の夜、タンスや本棚や三面鏡等々の引き出しを開けると。。。
\(◎o◎)/!き、きったない。。。

最後にやられた、と思いました。
2008年04月01日

病院での治療−初日

3月27日の夜の火傷

自己流のラップ療法をしていたのですが、

これで良いの?
実はもうしないで乾かした方が良い?
一部膿?らしき物が出ているけれどこれの処理は?

と限界を感じ、4日後の3/31に病院に行く事を決意。

守谷市にある貝塚みずき野クリニックに行った。

結論。。

すごーく良かったです。
先生も話しやすいし、看護婦さんも優しい。
受付の女性達も明るく親切です。
病院もとても明るく清潔でキレイでした。。

まず1日目の今日はまずは看護婦さんにキレイに洗ってもらいました。

看護婦さんが、うわぁ、、痛そうね。と。。

やっぱりスゴイのか?と再認識。

で、診察。。

先生、こんなの見慣れているのか、お、すごいね。みたいな感じで、明るく楽しく?診察は始まりました。

皮いずれ取れちゃうから全部取っちゃいましょう。
と、ピンセットでどんどん取りました。
その間は、あまり痛くありませんでした。

その後、湿潤療法用の湿布?みたいなのを貼る方がズレないし、液もれしにくいし。。。とデュオアクティブ
というのを貼ってもらいました。

実はこの時点でドキドキ。。
こんな粘着面を傷口ベッタリに貼ったらはがす時に痛いんじゃないかと。。。
特に今は皮を殆どはがされてしまったので、因幡の白兎状態なのではがす時を考えたら非常にブルーーーになりました。

でも貼っちゃったもの仕方ないので、まぁ信じるしかないでしょうね。

で、明日も来るということで終わりになりました。

会計の時、急に全体が痛くなりました。

例えて言うならば、

日焼け後にむけた皮を取るのが楽しくて、ついついまだむけきってない皮まで一緒に取っちゃった。

そんな痛さが全体にあります。

痛み止めを出してもらって飲みましたが、その効果なのか、夜には痛みは治まりました。
翌日もまったく痛まず、まるで火傷したことなど嘘のような快適な感じでした。