2010年02月27日

それは気の毒

K氏の話のつづき。

K氏は今年に入って技術の仕事を手伝うことになった。
ある意味営業の部屋から追い出されたような状況だった。

とある大量のデータ処理の仕事があり、K氏は5、6人のアルバイトさん達と同じ作業を同じ部屋でしていた。

うちの会社の社員達ははっきり言って頭は良くない。効率が非常に悪い。
他人に自分の作業を任せる時には極力わかりやすく、作業を簡略化・単純化させて渡す。その方がミスも少なく、作業も早い。
でもアホアホ社員達はアルバイトさんに作業を丸投げ。だから時間も人数もすごーくかかるしミスも多い。
忠言したとしても、聞く耳もたず。
アホアホ社員達は自分のミスも他人のミスにも甘い。だから精度の良いデータなんて出来るはずない。

作業を丸投げされたK氏は案の定質問魔に大変身!
しつこいしつこい。。よーく男性陣も耐えてるなーと思っていたが、、、

とうとうある日K氏vs男性社員で罵り合う日がやってきた。
2人の男性社員がK氏に「覚えが悪すぎる」「しつこい」等々大声で罵倒していた。
それも大勢のアルバイトさんの前で1時間近くも。

他の部屋でやれば良いのに。罵倒しているうちの1人は上司。そーいう気遣いが出来ない人ばかり。。
その時はさすがにK氏が気の毒だった。

その後手の空いた私もその作業に加わることに。
そーしたら手をかければ、作業がとてーも単純化出来る出来る。

手を加えたデータをK氏渡したら「僕のCPU効率がメチャメチャUPしました」と訳のわからぬ言葉を発しながら満面の笑みを浮かべてた(−−〆)。
2010年02月15日

友人家族の海外転勤

ここに引っ越して来て8年、私には2人の大事な大事なママ友がいる。

そのうち1人が、なんとご主人の転勤でこの夏にオランダに行ってしまう。それも期限は短くて3年、長くて5年前後??

海外転勤なんてとーっても羨ましくて、それよりショックで悲しい。

遠くにはいるけれど、、、近所にはもう気軽に食事に行ったり、映画を観たりする友達がいなくなってしまう。。。。

本当に淋しいな。。

2010年02月04日

Dr.パルナサスの鏡

モンティパイソンのメンバーのテリー・ギリアムが監督したDr.パルナサスの鏡を見に行った。

前回のグリム兄弟よりモンティパイソンの匂いがプンプン漂う内容だった。

特にロシアマフィアが鏡の中の世界にいるときの警官のダンスや、間違った選択をした時に建物ごとの爆破などなど、往年のモンティパイソンの手法が散りばめられて、とても楽しめた。

ちょっと理解できなかった部分もあったけど、他の監督が絶対に作りえない映像と内容でとても楽しめた。

ところでなんでPG12なんだったのだろう?
子供の夢を奪う内容だったからかな???
昔はモンティパイソンのもっときっつい内容のコントをテレビで(それもNHKまでもが)やってたのにね〜。

ところでスッキリしないのだけど、鏡の中の世界で死んでしまうと現実にも戻れなくなってしまうのかな??