2011年06月29日

あとわずかかも

息子たちが遠い大学に入ったら、一緒に暮らせるのもあと5年くらい。

年子でバタバタと家を出ていったらオットと二人だ。
すごく好きなオットだけど、その後ずっと2人暮らしなんて想像できない。

今、家族4人で暮らしている事はすごく大切で貴重な日々と、ふと気づく。

オットはそれにとっくに気づいているから、家事や子供の面倒を一生懸命やっているのかも。

子供が巣立つのは寂しいんだなぁと。

娘たちの時には、小さい息子たちがいたから、あまり感じなかったこと。

頑張ろう

通勤やだー、とナーバスになる時が度々ある。子供やオットともっと一緒にいたい。家でゆっくりしたい。ちょこっと仕事抜けて、平日の学校行事に出たい。ママ友とランチを、せめて翌日を考えずに飲み会を楽しみたい。

時々、超ブルーになる。

でも私が働いているから、金銭的な心配をせず子供たちに色々させてあげられる。

インターエデュの掲示板に「多くの人が震災で人生が変わっている。自分だけだと思わずに」と。

全くそうだ。

応援してくれる人もいる。

体力、気力はまだまだある。
頑張らなくちゃ
2011年06月14日

大音量

勉強しながら長男はカルミナブラーナ、マーラーの復活、ホルストの(惑星)火星、ヴェルディのレクイエム「怒りの日」。


思春期のモヤモヤを吹っ飛ばすのか?

でも私が発狂しそう。
次男に「うるさくて勉強できないよね〜」と同意を取ろうと思ったのに、かかってる方がいいと。

が〜ん

次男が

いつもなら嫌々練習した後はあっという間に片付けする次男。

それが数日前の練習の後に音楽の教科書持って色々弾いていた。

それも1時間以上も。

まぁ音程は、、、

でも自分から弾くなんて!

やっぱり自己表現がしたくなるよね

今回限りかも知れないけれど嬉しい

曲が変わってさらに上手に弾いていた。

上手になったね〜と褒めようと思ったら長男だった。
2011年06月09日

つながり

自宅から通勤80キロ以上。
千葉県、東京都と移動する。

全く揺れないのに、自宅ではそこそこの地震らしい。

携帯に送られて来る、茨城県の地震速報が自宅と私をつなぐ。
2011年06月08日

下流の宴

先週から始まったNHKドラマ「下流の宴」

以前、Intereduのサイトでその本の話題になって読んでいた。

主人公の焦りも息子の気持ちも、幸せを掴んだはずの娘の暗転もよくわかる。

息子の彼女の結果はちょっと強引だけど。

で、ドラマ。
黒木瞳のヒステリックさが私そっくり。

一緒に子供たちも、息子への発言がママと同じ。だから息子があ〜なるんだ!と。

あ〜まいった。
子供に「無力感」という気持ちを知らしめてしまった。

一緒に見なきゃ良かった。

ただ、最後まで見れば無気力な息子にどう思うかな。
2011年06月07日

よくわからない

先日近所のスーパーでばったり子供の保育園時代のママ友に会った。

子供たちが低学年までは本当に仲良しだった。

それ以降も私の気持ちは同じだったけれど、彼女は遠のいて行った。

時々会って飲んだりした時は本当に楽しいけれど、ほとんど彼女の話。

私が悩み事や愚痴を聞いてほしい時は忙しいと断られた。

時々来るメールに「飲みに行こうよ」と来るけれど、具体的に○日ならいいよ、と返事してもそれきり。

一度それをメールしたら「重い」と返事が来た。

私は彼女のアドレスは消した。

でも子供の運動会前になると、隣の席取ろう、とメールが来る。とっても人気者の彼女なのに、、

それからもメールがたま〜に来た。返そうか迷ってしばらくしてから返事出すと、返事ないから心配した、どうしたの?と。

そんな状況のまま、うちの子供たちは地元中から離れたから、もう接点もなく。

こう書くといいように振り回されてるみたいだし、そう思うんだけど、違う気もするから迷う。

数日前にばったり会って、やっぱり私しか話せない話がたくさんあるから2人で会おう!と。

一瞬昔に戻った気がした。

私の都合のいい日をメールしたけど、やっぱり返事がない。

なんだかな〜、でももう達観したから気にしない。

多分彼女が言った、私しか話せない話、というのは本当だから。

家族内の色々はきっと私しか話せないはずだから
2011年06月06日

ロビー活動?!

昨晩、たまたまスーパーでとあるママに会った。

ママ友の子供は小6でうちの子の学校を受検するらしい。
なのでうちの子たちの学校の事でしばし立ち話。

その中で「mokorinさんは二男君も合格させてスゴイ。学校で素晴らしいロビー活動してたんだろうなって思ってたんですよぉ(*^_^*)」

はぁ?!なんなんだ、この人。
親が先生に媚売って子供が合格する、って信じてる所が怖い。
そしてそれを私に向かって言えるなんて。。

うちの学校のお母さんは私の何万倍もパワフル。
私なんて大人しいもの。

それに私を含め在校生ママ達の悩みと言えば、学校や先生との意思疎通が殆どないこと。

だからロビー活動どころじゃない。。

変な風に吹聴するのはやめて欲しい。。
つーか受検する前にそういう感覚じゃ受からないんじゃないの?と思ったよ。

それにしても腹が立った。
2011年06月03日

御徒町

今日は本社勤務3回目の金曜日。
2週続けて飲み会で、ようやくフリーな金曜日。

ピアスも無くしたし、ジュエリー街のある御徒町に行こうと決意!

数年前に友人達が、御徒町にスッゴく洋服が安いお店がある!と興奮気味に言っていた。
その頃は興味はあるけど御徒町なんて行く予定もなく、うすボンヤリとその会話を聞いていた。

それが今や御徒町を毎日通過する事になるなんて!!!!

十数年前、今のオットと結婚指輪を買いに行ったのも御徒町。

だから行けばなんとかなる、と思ってた。
それが大間違い。

ますはジュエリー街よりアメ横に呼ばれた?気がして、ふらふらと。
上に山手線の線路があったから駅に戻れたけれど、なかったら迷子だ。

似たようなゴチャゴチャ感たっぷりのお店。

子供にTシャツでも、とスポーツ店を覗けば、ぐちゃぐちゃの山積みの服。
根性ないとお目あてのものは見つけられない。
店内もせまくて、知らない人と嫌でも体すりながらのすれ違い。

それでもシャカパンを見つけて、後で買おうと思ったけど、、、

帰り際、似たようなお店がたくさんあってわからず買えず仕舞い。

その後、ジュエリー街に行ったもののほとんど閉店していた。
早っ!

しっかし御徒町のガード下は昭和の雰囲気がまだまだ健在。
こんな場所がまだあったなんてビックリ!

ゴチャゴチャのお店と並んでガード下の飲み屋。通路のパイプ椅子で飲む客。それもたくさんの勤め帰りの老若男女。
それに加えて謎の中国のダークな雰囲気がプラスされている。

子供を連れて来たいと思った。
きっと目を丸くするだろうな。


結局買ったものは2500円のを1000で買った筋子だけ。

いや〜でもたくさん歩いたよ。
御徒町〜上野間を3往復半。

でもさ、アメ横って道幅狭いよね。あそこにお正月前はすごい人が繰り出す。
亡くなった祖父も85歳くらいまで一人で買い出しに行ってた。
ここでおじいちゃんは頑張って品定めして買い物してたんだなぁと、しばし感慨深げになった。


オマケ
白髪のスーツの普通のサラリーマン風おじさんにナンパされた。

一人で買い物ですか?お茶でもいかがですか?
ってベタな声かけ。

うかうか着いて行ってありがたい宗教のお話でも聞かされたりね。
早速子供に自慢しようっと。

これ打ってたら、下車駅まであと3駅だ(^.^)
2011年06月01日

子供にまで

通勤長くて泣き言言う私。

もう辞めたい、って。

ダンナは俺が(今まで通り)家事やるからガンパレと。

子供にまで、仕事したくても仕事がない人がたくさんいる。仕事がある幸せに感謝を、と言われる。
子供は生活レベルが下がるのが怖いのか?

ダンナに、俺が稼ぐから仕事辞めていいよ、と言われてみたい。

まぁパートになったらなったで責任のない仕事はつまんない、また正社員になりたい、と私もほざくのだろうけど。

毎日通勤5時間もったいない。

白いハニーサックル

image/2011-06-01T19:56:54-1.jpg植えてから早10年近く。白いハニーサックルが今年突然咲いた。
濃ピンクのは植えて翌年からたくさんの花をつけて、フェンスを美しく彩ってくれる。

葉が白い斑入りの緑は花を知らず、名前だけで買った。

だから間違いだったのかなぁと、毎年美しい葉を眺めて思っていた。

でも白いハニーサックルは葉の美しさに埋もれて目立たない。

知らないうちに

image/2011-06-01T19:32:49-1.jpg知らないうちに庭のバラが咲き出した。
震災で不安な日々を過ごすうちにも季節は進んでた。

時間がなくてアブラ虫対策もしてあげてなく、ビッシリと蕾についていた。

なのに健気に咲いてくれた。

あっという間に6月。

やっと2週間

本社に勤務してなんだかんだで2週間たった。

前の部所の「問題担当者、問題客先、低予算」の超問題物件を本社に押し付けたら、なんと自分が本社でやるはめに。

新しい事覚えよう!と意気込んだのに、、、

つまらなくて毎日眠くて仕方ない