2012年09月08日

留学

若者が海外に行かなくなって久しい、若いうちに海外へ出るべき。。
私もそう思い、子供にも海外に出ることを意識させて育てていた。

夏休みが明けたある日、長男が学年主任の先生から留学を勧められた、行きたい!と。
それは奨学金給付(約120万)のもので、それなら行かせられる。。と。思ったけど。。

長男は今の夢は医学部進学。
でも彼はズバ抜けて出来る方ではない。
でも目標があればコツコツやれるから、なんとかなりそうな気もする。

1年間留学して、どうなるのかな、、、
もしそのまま英文科や国際学部なら役にも立つだろう。
でもそれ以外の学部の希望だとどうなんだろう。
高校よりも大学の時に留学した方が良いというのもネットで見かけた。

そんな事をちらっと言って、おいた翌日。
やっぱりやめた、と、長男。

大学でも留学できるし。。
勉強に差しさわりがあるし。。

と。

うーん、でも奨学金給付は大きいなぁ。

日本の若者よ、海外へ。
というけれど、結果的に日本国内で大学に行って、就職して、となると、留学はかなりのハードル。
不景気だし、おいそれと、どうぞ海外へ、とは言えない環境なんだろうな。。

日本の製造メーカーが海外に負けてしまった理由の1つに、特許や知的財産を守らなかったから、というもあるあらしい。
海外を知り、海外の流れをつかむ、ということは大いに大事なんだなぁと改めて思う。

でもね、我が家では日本の大学もちゃんと出してあげられるか、の経済状況だとなかなか難しいなというのが現実。。。。

夢で会えるとうれしくて悲しい

この前見た夢。

我が家に来客。
それがなぜかばったりその辺で会った矢野アッコちゃん。
誰がいたかはわからないが、部屋には沢山の人がいた。

みんなで楽しく歓談中に「こんにちは〜」と、弟の嫁ちゃん、そして弟が部屋に入ってきた。
もちろん弟もごく普通に笑って『こんにちは〜!』と

その場にいた一同『\(◎o◎)/???
みんな無言で一斉に弟の足をチェッ〜〜〜〜ク!
まじまじと、そしてさりげなく足を見たが足は普通にあった。

弟夫婦があまりにも普通で、そのままごく自然に話した。
前と全然変わらなくて。

朝起きて思い出して、みんなで一斉に足をチェックした場面に笑えた。

でも通勤途中で夢の中の弟の姿を思いだして、泣けてきた。
今も泣きそう。。

ミニの時のこと

今も部活でバスケを楽しんでいるうちの子供たち。
大好きなものに出会えたことに本当に感謝。

ミニでやってた4年間のアドバンテージも大きくて、中学入ってすぐにレギュラー。

一般的にミニのコーチの怒鳴りながらの指導に賛否両論あるけれど、
それはそれでへこたれない力や、適当にスルーする力がついたと思う。

ただ、うちのミニの本当に親の関係は大変だった。。
子供可愛さのエゴと、親の体育会系のノリの押しつけと、田舎独特の閉鎖的な人間関係。

親には相当こたえた。
ミニが終わってようやく数年。
みんな別々の中学に行ったので、嫌な親とも会うこともめったにない。
ようやく平穏な日々の毎日が。。

ここに結構ネガティブなことも書いていて、それを見にきてくれる人も多いけど。
うちの子が卒業した次の年からうちのミニの雰囲気も本当に良くなったようだし。。
いつまでもネガティブな事を載せてもな、と思って、隠しました。。。

今の活躍を見ると、頑張って続けさせてあげられて良かった。
と、つくづく思います。
もちろん全面的に協力してくれたオットあってですが。。。

でも本当に辛かった〜〜。。

今、ミニで辛い思いをされているお母さん。
どうぞ頑張ってくださいね。
遠くからみなさんを応援しています。