2013年08月01日

小学校の同級生

祖父が亡くなる数年前の話。

「膝が痛い」と、隣の市の総合病院の整形外科で診察してもらったそう。
診察が終わった時に、医師からもしや「〇〇mokorinさんのおじい様では?」聞かれたと。
医師は私の幼稚園、小学校の同級生だった。

音楽の共通の話題があったり、音楽の先生とそれぞれが仲が良かったりで、大人になっても時々思い出していた。
というより、音楽の先生を巡ってちょっとした想い出もあって、毎年年賀状の時期になると必ず思い出していた。
〇〇は私の旧姓。ちょっと珍しい、とはいえ彼の方から祖父に声をかけてくれてたと知って嬉しい。

結局私たちは会う事もなくそのままだけど、どこかでその同級生ともつながっている、と思えてます。

NHKホール2日間公演で

どうして今までこれを書いてなかったのか不思議。。
これこれ5年前くらい?もっと前になるかもの話。

毎年12月の1週目か2週目の週末はNHKホールで矢野顕子のコンサート。
これはもう長い事続いている。
もちろん私も欠かず行ってます。
最近でこそ1日公演になったけど、数年前までの東京公演は土日の2日公演だった。

ある年のコンサートで自分の席を確認しながら座る。
前や左右に大きい人がいないかチェック。それでコンサートの居心地が違うから。
やだ、左隣はむさくるしいちょっと太めの男性だ〜(;>_<;)
と思ってよく見ると、、、(´・∀・`)アレ?
さらにその隣に座る女性を見ると、工エエェェ(´д`)ェェエエ工
向こうも気づいた!

短大時代のすっごく仲良かった友達とそのダンナさまでした。
友達と同じバンドのサークルに入っていて、ダンナさまはそのサークルの1年先輩。
二人の結婚式以来、年賀状で「今年は会いたいね」を何度繰り返したことか。

お互いに矢野顕子のファンだったとは知らず、、、
それにしてもNHKホール3500人収容×2日公演で席が隣になる偶然って本当にスゴイと思います。
それ以来、年に1度は矢野顕子のコンサートを一緒に聴きにいっています。