2005年12月05日

【コンサート】矢野顕子

12/4(日)は渋谷NHKホールに、12月恒例の矢野顕子のコンサートに行って来た。
矢野顕子ファン歴26年、コンサート歴23年間で都心でのコンサートは殆ど行っている。

今の私は矢野顕子あっての私だ。
とにかく、絶大な影響を受けている。
でもな、最近の矢野顕子の曲はちょっとビミョーだな。

他人の曲も、かつて名曲と思った彼女の曲も、今の彼女のアレンジだと
何か物足りない。。なんでだろう。

CDはともかく、私はライブあってのアッコちゃんだったのだが、昨今のアッコちゃんのライブも。。。

殆どの曲がアレンジや和音が難解になった割りには、流れるような曲調で綺麗なまま終わる。私が好きだった彼女のアレンジじゃないんだな〜。

昔の彼女のピアノとそのアレンジは、その歌と歌詞とともに、独特の心にぐっと来る、そしてチャーミングなフレーズが散りばめられていた。
ピアノのチャーミングさも薄れているように思う。

これは個々の感じ方によるだろう。
他の人のブログ等を見ても、良かった!スゴイ!という感想だったので、時代の流れに乗れない中年オバサンの耳にはついていけなかったということかな。
そう考えると、自分が悲しい。

昨日は私自身が疲れていて、気が入らなかったのかもしれない。
実際、私はとても難解なアレンジとピアノだなぁ、と思った曲も、熱烈な拍手をもらっていた。

ただ、近年のアッコちゃんは『自分がやりたい曲をやって、それを皆さんが聞いて喜んでくれて嬉しい』
とよく言っているけれど、どうも最近は聴衆に対して横柄になっている気がしないでもない。
だってコンサートではミスがあったり、歌詞を忘れたり、が毎年のようにある。

前日の上原ひろみのコンサートが完璧で、聴衆に謙虚な姿があっただけに、そう感じるのかも知れない。

最近の彼女に昔の彼女を思い出すときは、必ず誰かと一緒に演っている時だ。
昨日だってゲストの忌野清志郎とやった時のアッコちゃんは、まぎれもない私の好きなアッコちゃんだった。

なーんて言いながら、2/20すみだトリフォニーホールのコンサート行こうかな、と思ってしまう私なのであった。

やっぱり、それでもアッコちゃんは大好きだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


贅沢◆矢野顕子さとがえる 12/4
Excerpt: <B>矢野顕子さとがえるコンサート2005@NHKホール 12/4日</B>
Weblog: 花菊ごのみ
Tracked: 2005-12-06 15:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。