2008年09月17日

登山家の山野井泰史さん

奥多摩でクマに襲われ重傷 世界的登山家の山野井さん
  (2008年9月17日(水)13:07 共同通信)
17日午前7時半ごろ、東京都奥多摩町の民家から「クマに襲われたけが人がいる」と119番があった。
警視庁青梅署によると、襲われたのは近くに住む世界的登山家の山野井泰史さん(43)で、顔や腕にけがをして病院に搬送されたが重傷。

山野井さんは、02年の「植村直己冒険賞」を夫婦で受賞した。

青梅署によると、登山道をジョギングしていたところを襲われ、近くの民家に逃げ込んだ。クマは2頭で親子とみられる。

読売新聞の土曜日の夕刊に『KODOMO』という子供向けのページがある。

我が家のトイレには、それを貼って毎週交換している。

1ヶ月前あたりに、山野井さんご夫婦の話が載っていた。

2人とも有名なロッククライマーで、ある登山の時に凍傷で2人とも殆どの指を失ってしまったとあった。
お2人の程度の差は忘れてしまったけれど確かかなりの損傷だったと思う。

その時にご主人の泰史さんは、『もう山に登らなくても良いとちょっとホッとした。』と。

けれど、またしばらくすると、ゆっくりだけれども登ることにして、そして来年はまた名前は忘れたが海外の高い山に挑戦したい。

とあった。

その記事がとても印象的だった。
そしてその記事の脇には写真があって、家に設けたロッククライミング部屋のようなところに、ご夫婦で嬉しそうに足と手を掛けていた。
本当に素朴そうなお2人だった。

凡人の私は、ご夫婦で指を損傷して、経済的にも日常的にもどうやって生活しているんだろう、と案じた。

そしてまた高い山に登るなんて、すごいトレーニングをするんだろうなぁと。
きっとすごい精神力なんだろうな、と思った。

年上の奥様でご夫婦の年齢差が確か9歳位で、オットとその事について話したことがあった。
きっとお互いに惹かれたんだろうねぇと。

なのに、こんな事に巻き込まれるなんて。。。

早く良くなりますように。
そして、また登山が出来ますようにお祈りしています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL