2008年09月29日

将来

息子達には常々、『お医者様になって欲しい』と言っている。

私は小学生の頃になりたいものときかれると、看護婦さん、婦警さん、そしてなぜか身寄りの無い子供達の施設の保母さんと答えていた。
結局ピアノが出来るが音大には無理ということで、安易に幼稚園の先生という道を選んだ。
でも、これも結婚であっけなく終った。まぁもともと合っていなかったのだろう。

で、結婚して出産の時に助産婦さんや産婦人科医の素晴らしさに感動した。
そしてその後も、沢山のお医者様や看護婦さんとの良い出会いがあった。

なので、私にとって看護婦さんやお医者さんに対するあこがれは相当なものだ。

で、手先の器用な長男には外科医、そして二男には今不足が叫ばれている産婦人科医になって欲しいと言っている。

息子達?
『やだ〜』と言い続けている。
長男も二男も漠然と”科学者になりたい”と言っているが、一体科学者って何なんだ?
よっぽどそっちの方がよくわからない。

で、こじつけでお医者さんだって科学者の一部みたいなものだから、お医者さんも科学者だよと言い張っている私。

私が彼らにお医者さんになって欲しい理由は2つ。
結局お金があっても、なくても、必要なものは健康だ。
他人のその健康、ましてや命のために力を貸せるなんて、本当に素晴らしい職業だと思う。
それと将来万が一、大不況があって職業の不安があったとしても、最終的にお医者さんという職業は絶対になくならないと思うのもある。

もっとも勉強の出来、不出来は全く考慮せずに言っているので、夢のまた夢になるのだろうけれど。。。
それに経済的には国立でも6年間も扶養するのは、まぁ無理だし、ましてや私立など。。

でも宝くじにあたるとかで、親が経済的に協力できる体制が出来たりでもしかするとあとは本人のやる気だけかも知れない。

ということで、今は『刷り込み』作戦で、何かというと”お医者さんになって〜”と言い続けるつもり。。

あーでもきっと、逆効果なんだろうねぇ、こういうのって(爆)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL