2011年03月21日

救援物資は被災地を襲う第2の災害

救援物資は被災地を襲う第2の災害
Wiki
「救援物資は被災地を襲う第2の災害」と呼ばれるものは、災害発生時の避難生活者らに同情した市民・企業などから贈られる救援物資のうち、被災地のニーズを考慮せずに送り付けられたために無駄になってしまうものや、あるいは被災地域の分断された輸送手段がボトルネックとなって、確実に被災地域に届かず倉庫などに溜まってしまったものなどである。また、被災直後は、被災地のニーズを知るために、電話連絡等により必要物資を個別に問い合わせること自体が救援を妨げている場合もある。

近所の体育館が福島からの方の避難所になっている。
一昨日に何か物資をと思い、市役所のHPに連絡先と載っている社協に電話。
しかし、まだニーズが上がってこないので何が欲しいかわからない、何人来ているかわからない、子供もいると思うけれど人数も不明。直接体育館に行って、と言われる。

とりあえず直接体育館に行き、おそるおそる新品じゃない事を伝える。
すると「何でももらいます」と。

お子さんがちらほら見えるので次回は何か子供用品でもと思い、子供の人数や年齢層を尋ねても「子供が何人いるか不明」

すでに受け入れてから数日経つのにこれで大丈夫なの?
受け入れた人数、男女、年齢を把握しないで、やみくもに物資を受け入れれば、不要な救援物資に困った過去の被災地の二の舞じゃないのかな?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/191870174