2011年08月15日

だまされちゃうよ

弟が面倒みていた実家のパソコン。弟亡きあとは、調子悪いと私に連絡がある。

でも、、
週末は忙しいし、実家の親は面倒だし、パソコンの設定はそんなに詳しくないし、なにより老人にパソコンの説明するのも本当に骨が折れる。
だから、実家からパソコン関係で連絡が来ると最悪な気分になる。

先月、ネットがつながらないと連絡があって1ヶ月。
1回調子をみに行ったけど、私もネットワークは不得意でよくわからない。

ネット調べようにも、ネットが繋がらないし。

まずは父に『電話の子機持ってプロバイダに問い合わせて』と言っても全然やる気なし。

そのくせ『繋がらない』とうるさい。

私が行けば『忙しいのにごめんね、ごめんね』と言うくせに。
全ておんぶに抱っこ状態にしようという魂胆に腹が立つ。

ある日父から連絡が。
電話帳に載っていた、えたいの知れない業者を呼んでパソコンを見てもらったと。

2時間ほど見て業者は『パソコン本体が壊れてる。NECの本体を格安で売ってセットアップしてあげると言った。』と連絡が!

パソコン見てもらうなら、大手の看板背負ったところに頼まなゃダメと口酸っぱく言っていたのに、完璧スルー。
個人情報満載のパソコンを、どこのどいつか判らないヤツに見せるなんて!と、私が怒ると、、

父は『2時間も一生懸命みてくれたんだ。親切そうだし名刺も置いていった』

(゚.゚)ハァ?

うちの親はしっかり者だったはず。

こんな判断も出来なくなってしまったとは。

親切だから、名刺置いていったから、と信用するなんて、自分の親がそうなるとは、唖然とした。

簡単で身近になったパソコン。
でもひとたびトラブルになったら、手に追えない。

昨夜実家に行って色々調べたら、結局はHUBが壊れていただけだった。
ルーターに直付けしたらあっさり繋がった。

やっぱり、件の業者はパソコン売らんかなの胡散臭い業者だった。言うがままにパソコン買ってたって繋がらままだったはず。

昔、祖父が♪たけや〜さおだけ〜♪と巡回していた業者から物干し台を買った。
あれも、老人を狙った詐欺。

たかがステンレスとコンクリートの台で、なんと7万円近く。
ホームセンターなら1万くらいなのに。

父は75歳。母は72歳。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。