2011年08月26日

電車で吉本新喜劇

さっき、中央快速上りで帰宅途中の御茶ノ水手前で急停車。

「お客様の傘が挟まったまま走行していたため、撤去作業を行います」とのアナウンス。

直後にサラリーマンの男性が後ろの車両から移動してきた。

なんかトラブルでも見て避けてきたの?みたいな雰囲気。
でも普通の感じ。

近くに3人のサラリーマンが大声で談笑中。
「傘なんてドアにはさんで何やってるんだかなー。600万人が迷惑するんだよなー(^。^)」って軽いノリで話してたら、、、

後ろの車両から移ってきたさっきの男性が「すみません、私の傘なんです」と大きい声で謝った。

3人組はバツが悪そうに苦笑い。
周囲も笑う。

しばらくしたら駅員(先頭側から来た。運転手か?)が来て、傘を挟んだ男性に「取れましたか?」とダメ押し。

駅員は前の車両から来たのに、なぜ後ろの車両から来た傘の男性が当事者だと知っているのか?

まぁ、何で急停車したの?とイラッとした中に、吉本新喜劇みたいなやり取りで、笑えた。

傘挟みの男性も謝らなきゃわからないのに、と思ったけど駅員にあー言われちゃ犯人だってバレバレだよね〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL