2006年12月26日

担任の妊娠

二男は4月にクラス替え&担任が代わった。

と思ったら、
4月中旬に『妊娠したので9月に産休に入ります』。
4月下旬に『つわりが重く休みます。』で来たり休んだり。
そのうち1ヶ月以上お休みで、教務主任先生が代理。
そして担任復帰したのがが7月中旬。で、すぐに夏休み。
2学期が始まり半月ほどの9月中旬に産休に入った。

もう私としては、先生のくせにしっかりしてよ。
と言いたい。

聞けば、上のお子さんの時もつわりがひどかったらしい。
だったら、計画的に作れば〜と言いたい。
公務員だから、休み取り放題なのを悪用しているとしか思えない。
40人近くの子供の、それも低学年の大事な時新年度になって、半月で『妊娠しました』は、ないだろう。

で、さらに驚いたのが、長期休みの後の学級懇談会で、お母さん達が口々に
『子供が先生は?先生は?ってとっても寂しがってました〜と、元気になって出てきてくれてよかった〜。』

私、唖然。。。

てっきり、先生の自己管理不足について誰か切り出すか、さもなければチラッと私が言おうかと。。

でも、そんな雰囲気ではなくなった。
先生の体調を擁護する発言に腹がたった。

もし自分の子供がそう言ったとしたら、もちろん子供の気持ちは尊重するが、先生に対しては伝えない。先生の休みを認めた事になるから。

先生にも色々事情があるでしょうけれど、40人近い子供の成長を預かっているという意識を改めてもってもらいたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。