2006年12月26日

赤ちゃん本舗を傘下に、タカラトミー

赤ちゃん本舗を傘下に、タカラトミー
  (2006年12月26日12時2分 日刊スポーツ)
 玩具大手のタカラトミーは26日、子ども用品販売大手の赤ちゃん本舗(大阪市)と資本・業務提携を結ぶと発表した。タカラトミーが来年3月に赤ちゃん本舗の発行する優先株を取得し、3年間で普通株に転換、発行済み株式総数の34%を握り事実上傘下に収める。

 少子化で子ども向けビジネスの先行きが厳しさを増す中で、収益基盤を広げる狙いがある

 タカラトミーが取得する優先株は50万株で総額30億円。普通株への転換後は第2位の大株主として赤ちゃん本舗を持ち分法適用会社とする。赤ちゃん本舗の創業者らの保有比率は現在の75%強から51%に低下する。赤ちゃん本舗は、増資資金で財務基盤を強化するとともに、新規出店の経費などに充当する。

 タカラトミーは赤ちゃん本舗が展開する全国67店舗で商品販売を拡充するほか、赤ちゃん本舗の顧客データを商品開発などに活用する。両社は、来年3月末までに顧客データを管理する新会社を設立する。

 赤ちゃん本舗は西松屋チェーンに次ぐ業界第2位。会員登録の手続きにより現在約300万人のデータを管理している。2005年12月期の売上高は899億円。


なんだか、ビックリ。
赤ちゃん本舗は上の娘の時からお世話になっている。
上の娘の時には『土日にはやっていない、馬喰町(ばくろちょう)か浅草橋かの問屋さん』から、下の息子たちの時には各地方に拠点を持つチェーン店になっていた。
いつも駐車場もお店は混んでいた。

最近はつくばのララガーデンに入ってなんだか”赤ちゃん本舗”、っていう感じがしない。
『問屋街の赤ちゃん用品店』っていう方が安い気がするんだけどなぁ。

子供が小学生になった最近はずっと行っていない。
少子化だから、おもちゃ業界も赤ちゃん用品業界も大変なんだろうなぁ。
特に紙オムツや粉ミルクは”薬屋”で定価でしか売っていなかったので、とても安い気がしていた。
しかし、今はドラッグストアなる安売り店でも簡単に安く買えるようになったので、わざわざ赤ちゃん本舗まで行く必然性がなくなった人も多いのでは?。

ところで、西松屋が業界第1位とは知らなかった。
私の知る西松屋の店舗より赤ちゃん本舗の店舗の方が大きかったので、なんとなく赤ちゃん本舗の方が業界1位だと思ってた。
ちょっと西松屋を見直しちゃった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。