2013年02月09日

『星々の舟』(村山 由佳)に驚いた



Twitterで「良い本」って見かけて、内容を知らずに久しぶりに買った本。
一気に読んだ!

感想。。
私の生涯の心の友、福永武彦の「忘却の河」に非常に酷似していて驚いた。

味付けは変われど、ストーリーの骨格が「忘却の河」と一緒。
あまりに内容が酷似していても、問題になってないのが不思議。
直木賞も取ったらしい。

慰安婦の描写についても、ああも<かの国>寄りに書いていいものなのか。

久々の読書で、がっかり度&驚き度500%だった。

興味ある方は一度両方読んでみてください。

私の心の友





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。