2007年06月22日

やっぱり痛そうだ。

弟の病院には入院した18日と昨日お見舞いに行った。

入院した日は弟は『こんなに元気で痛みもなくて反対に怖い。。』って言っていた。

お嫁さんはもちろん毎日行っていて、うちの両親も殆ど毎日行っているようだ。お嫁さんは迷惑じゃないのかなぁ。。

弟は19日(火)に足の付け根からカテーテルで検査と治療をしたそうだ。
結局1時間というところが、3時間かかったとのこと。
終わってもずっと寝ていて話もせずに面会時間が終わってしまったとのことで、皆心配した。

翌日は高熱と痛みがひどくて、鎮痛剤のおかげで寝てばかりだったそうです。

でも、昨日(木)行った時には点滴を押しながら?スタスタトイレにも行ってたし、熱も微熱になったし、痛みもかなり減ったそうです。
私の持って行ったゼリーもちゃんと食べてました。

でも、なぜか肩が痛いと言っていたし、目も黄色くなってて心配です。
やっぱり肝機能が落ちてるせいかな?と本人は言ってました。

でも驚いたことに食事は、なんとずっと平常食で、メニュー見るとカレーうどんなんて日もありました。
だいじょうぶなのぉ?

弟に日記とか書いたら?って言ったら
面倒くせー と言われてしまいました。

検査して何か言われた?って聞いたら、『あ、半分にはガンはないですね〜』って言われた。って。言い忘れてたよ。って。

左も右にもガンが出来ると手術は出来ないそう。
うまくいけば来月はじめには手術かな。
”大きかったけど、場所も状態も良かった!”という状態だったらいいのにと祈る毎日です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。