2007年06月22日

兄弟姉妹は多いほうが良い

今まで親の死は色々考えた事もあるけれど、それも漠然とで、弟に関しては私が死ぬ前に、、なんてこれっぽちも想像した事がなかった。
いずれ両親が亡くなっても弟家族とは仲良くやっていきたいなぁ。って真剣に思ってた。

うちは祖父母はみんな長命だった。
そこそこ順当に亡くなった。
だから姉弟としては、当然私が先にいくものと思ってた。

でもよく考えたら順番なんてあてにならないんだ。
早くに私はひとりぼっちになっちゃう可能性もあんだって認識したら。。
悲しくて悲しくて。。。

同胞=はらから

この意味と響きが今回、本当に痛いほどわかった。

今まで全く気にしていなかったけれど、同じお腹から生まれた、かたわれなんだ、って思った。

夫をすごく頼りにしてるし、心の支えだし、今でもいつでも協力してくれて相談に乗ってくれるだろう。
もちろん夫は一番大事で頼れる人で心の支えだ。

でも、私は血縁も大事だと改めて感じた。

弟がしっかりしていたので、両親も私も弟にとっても頼っていた。
弟はいずれは両親と同居するって言っていた。
みんなが実家のお墓は弟がいずれ守るって思ってた。

私の父はその年代にはめずらしいひとりっ子。
母の姉妹(おば)は独身でみんな70代〜80代でとても遠方に住んでいる。
だから私には親戚は母方のおばしかいない。

親が亡くなっても弟がいる、という安心感が無意識下にあった。

もしも私が後だったら、父や母の事で相談や協力する人がいない。
実家のお墓や家はどうするんだろう。。

いや、そんな事じゃない。私ひとりぼっちになってしまう。
その思いがすごく強い。

母親が早くに亡くなり、借金癖のあるお父さんと同居して、面倒を見ている友達がいる。
自分の夫との板ばさみになりながら、苦労している。。

が、彼女は4人きょうだいで、何かあればいつも協力して、相談して乗り越えている。

今まで大変だなぁと思ってたけど、今はすっごくうらやましい。

きょうだいは2人より3人、3人より4人。。

すっごくその事が今実感としてある。

ただ、仲が悪い兄弟姉妹もいるそうだ。
我が家の子供達は、べったりじゃなくても、何かの時に頼りに出来るような間柄でいてほしい。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。