2007年07月18日

ダイ・ハード4.0

先日、ミニバスの練習の合間をぬってダイ・ハード4.0を観にいった。

オット、長男、二男、そして運動神経の良い体験君と私。

映画のサイトでどこでも評判が良かったので楽しみに行きました。
結果、、、オット&子供達は大喜び。面白かった!とのことでした。
でも、子供達はサイバーテロについてはどこまで理解したのかな。。

私は”安心して観られる映画”でした。
だって、主人公絶対に死なないってわかってるんだもん。
これ、一般市民巻き込んでない?っていう、有り得ないシーンもあって、超娯楽映画だなぁと思いました。

こどもにあわせて吹替え版を観たのですが、、、
なんでしょ、あの吹替え。
活舌悪くて、聞き取りにくい。
最初から最後まで酔っ払ってるの?って感じでした。
子供達もきっと聞き取れなかったでしょうね。

声優さんは、なんと『野沢那智』!
う〜ん、パックインミュージックで大好きだったのに〜。
年取って活舌悪くなったの?
それとも、マクレーン刑事のキャラがそうなの?

でも、1作目はとても良かった思い出があるので、また子供と1作目を借りて来て観たいと思います。

ところで、ダイ・ハード4.0ということは、4.1や4.2の改訂版があるのかしら。。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。