2007年08月09日

私の愛する人々

パソコンの中を整理していたら、テキストファイルにこんなのが書いてあった。
ちょうど、ある友人に悩まされていた時期の日付だった。

自分で書いたのか、それとも誰かの言葉か。。

******************************************

通り過ぎてきた道の途中途中に、愛する人々がかならずいる。
沢山の分岐点に彼や彼女はかならずいた。
そして、彼らはずっと会えなくても、彼らは私を覚えて
大事にしてくれる。

彼らは常にポジティブだ。
彼らは沢山の楽しい会話の引き出しを持っている。
彼らは彼らの不遇を決して他人のせいにはしない。
彼らはとても家族を大切にする。
彼らはたやすく他人の悪口を言わない。
彼らは私の大切なものを一緒に大切に思ってくれる。
彼らは私の嘆きを受け止めてくれる。
彼らは私の現在の誇りを聞いてくれる。

私は彼らに大事にしてもらえる価値があるか、と常に強く自省する。

そして、私が彼らに感じるのと同じように、私が彼らにとって
心地よい友達であるか、常に努力する。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。