2005年08月16日

捨てられた(涙)

今日は子供のバイオリンの日だった。
当初私がビオラを習っていたが、先生の人柄と音楽性に魅かれ子供も教えて頂けるようにお願いした。

子供は兄弟のグループレッスン、そして親も習っているという事で、お月謝は破格値にして頂いている。
でも先生は力を抜くこともしないし、兄弟平等に教えてくれる。

しかし最近、すんなり形が出来る兄と力がガチガチに入る弟との間に差が出来てしまい、兄の待ち時間が長くなり、弟にかかる時間も中途半端になっていた。

グループレッスンは難しいなぁと思ううちに、今日先生から兄弟を別々にレッスンしたいという要望があった。

別々のレッスンで構わないけれどお月謝の問題がある。
恐る恐る、時間を延長するのは構わないけれどお月謝は。。。それによって、今まで通りで構わないと言ってみた。

先生は長考の末、
『じゃ、お母さんのビオラは形も出来てるし音も取れているから、お母さんは行き詰ったら来ることにしよう!』

えぇぇぇぇぇっ!!!!
私がメインで子供はおつまみで習っているのに?!と先生に言うと、
『お母さんよりこれから成長する子供よ(*^_^*)』とあっさり言われてしまった。

先生、私ビブラートしかまだ進んでないですよ。
サードポジションまで行ってないですよ。

それを見捨てるなんて。。。
でも、お月謝これ以上払えないし。。

今日はとてもショックな日でした。


この記事へのコメント
うちも娘がバイオリンをやっています。
ので、分かります、分かります〜お月謝!

でも「弦楽器」にとりくめる方は
「ぐ〜たら」では決してありませ〜ん。
(^_^)
Posted by coco at 2005年08月17日 01:32
こんにちわ。

娘さんもバイオリンやってるんですね〜。
うちの長女も長いことやっていましたが、全く上達しないうちに終わりました。

息子達にはやらせまい、と思って私がビオラを習い出したのですが、先生が素晴らしい方なのでやっぱりやらせてしまいました。

バイオリン教えるのは難しいし、あのギコギコ音を聞かされるとなるとお月謝が高いのも解る気がします。

ところで、私は本当に「ぐーたら」なんです。
「アリとキリギリス」のキリギリスです(^_^;)。
Posted by mokorin at 2005年08月18日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。