2005年08月29日

憂鬱な運動会

そろそろ2学期が始まる今日この頃、私の憂鬱も始まる。
何がって、『子供の運動会』。

保育所の時は良かった。
間近で自分の子供を見られたし、その成長も楽しめたから。

でもねぇぇ、小学校の運動会は校庭が広いし人数は多いし、結局自分の子供を発見できないまま競技やら演技が終わる事度々。

狭い保育所の時でさえ、私が撮った写真を見ると全然違う子が写ってた事度々。
懲りた夫は去年からビデオもカメラも1人で担当してた。

気が重い理由のもう一つ。

仲の良い近所の人が、近くに席取りしようと誘ってくれる。

でも、近くに席取っても皆ダンナがいるから何となくよそよそしい。
だったら、別々に取ってもいいじゃん、って思うんだけど。

で、ビッグイベントのお昼。皆は料理が上手でそれは綺麗に詰めてあるからいいわよぉぉ。
頼むから皆で見せっこしないで〜。しても良いから、私のは見ないで〜。

適当な料理を適当にしか詰められない私にとっては、恥ずかしいので遠くに座りたい。
でなきゃ、お弁当のフタ立てて食べたい。

隣のご主人が去年の運動会の午前中から『家に帰りた〜い』『雨降りそうだから洗濯物取り込みに帰ろっか?』を連発していたのを、『わたしも〜』と私は聞いていた。

と昨日愚痴ってたら夫に、『いいよぉ〜。来なくて大丈夫だよ〜(^o^)丿』
オイオイ、それは近所の手前出来ないっつーの。
あれ?子供のためか?(爆)

ところで運動会の観戦しながら、親や親戚がビール飲んでるのには、とても驚いた。
これって地域柄なんだろうか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。