2005年08月31日

いきなりこれは。。

ようやく長男は7月から、次男は8月から曲に入った。
初めて彼らに与えられた曲は『新しいバイオリン教本2の17番』!

レッスンの時に、
『自分の一番覚えられる音符』と、
『最低限の拍数の数え方』を習っただけ。

『後は自分の頭で考えてやるのよぉ(^o^)』と先生に言われ今日に至る。

長男は飲み込みも良いのでまだ良いのだが、次男はいきなりこれで大変だ。
移弦はあるし、0から4の指の移動も出てきて彼にとっては大変そう。
普通はキラキラ星とかメリーさんの羊とか、1本の線で弾けるものからなのかな?

たった16小節の曲なのに、次男は途中で集中が途切れて適当に弾いてしまう。

先生にお盆休み前に『お休みをはさんで2週間で左手はスラスラ弾けるように』と言われて、
それこそ次男はかなり泣いたし、私もおだて&叱りながら、ようやくたどたどしく弾けるようになった。

お盆休み明けの8/29(月)のレッスンの時に「教えるのが大変でした」と言ったら、
先生『教えなくて良いの。自分の頭で考えてやって、出来ない所をここで見るから。自分でやろうと言う気にならないと上手にならないのよ。』
私『でもねぇぇ、うちの子は見てないとウルトラ適当に弾くので来週まで上達しませんよ。』
先生『大丈夫、私が怒った方が効果があるし、この曲はきっと長くかかるから。』

あ、そういうつもりだったのね。

でも、私とすれば最低限は一緒について練習して、ある程度出来るようになったら1人で練習させた方が効果があるような気がする。
なぜなら、次男はすぐ手を休めてしまう。
彼らはやりたくて自分から習っている訳ではないので、うっかりすると、うちのぐーたら息子たちは一生この曲で、終わってしまうだろう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。