2005年09月02日

取引先で盛り上がる。

先日、仕事で取引先に行った。
その担当の女性は30代で、とても親切だ。

3年前から同じ仕事をしているけれど、仕事以外の話はした事がなかった。
けれど、一昨年の3月の彼女の机の上のカレンダーに『卒園式』というのを目にして、私と
同じ年の子供がいる事を知った。

そのうち、彼女の住む所と私の住む所が市町村合併になる。

合併後の学童は、より良いサービスをしている方にすり合せると聞いていたので、非常に彼女の子供の学童に興味があった。

で、先日の打合せの際に、子供の話と学童の話を向けてみたら。。。。

あらら〜!彼女も非常に関心が高かったみたいで、フルタイムの仕事をしながらの苦労話に花が咲いた。

結局、彼女の子供が通っている学童の方が、私の子供の学童より時間が長いことが判った。
やった〜!
これで長期休みは開く前から置いてかずに済むし、お迎えも少しは余裕が出来る!!

学童以外では、私達の関心は年金。
なんで第3号被保険者の保険まで負担しなきゃんならないんだ!
パート主婦も税金、年金、保険を払うべき!
の意見で一致した。

それと、政策について。
子育て政策って小さい子供ばかりに目が行って、小学生や中学生って全然対象じゃない。
それについて、彼女はどこかに意見を言いたいけれど、どこが良いか?と聞かれたが、結局どこに言っても同じ、、、、という結論に達して、二人でガッカリした。

結局、取引先での滞在時間は1時間半、うち仕事の話は30分もかからなかった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。