2005年09月04日

音楽の絵本

今日はつくばのノバホールであった、『音楽の絵本−親子のためのクラシックコンサート』に行って来た。
(参考;音楽の絵本http://superkids.co.jp/ehon/what.html)

これはズーラシアンブラス(金管五重奏)と弦うさぎ(弦楽四重奏)がいわゆる動物の”かぶりもの”で演奏し、子供に親しみやすい雰囲気でクラシックを聞かせるという趣旨のコンサート。

実は、パンフレットで『かぶりもの』で演奏しているのを見て、かなり違和感があったし、これで演奏してどうなの?と思っていた。

ところが、今日行って見たら、とーっても面白かった。声は一切出さずに、リアクションだけのコントみたいな部分もあり、それを演奏しながらも時折織り込むので、我が家の子供は本当にとても喜んで楽しんでいた。

私個人としては、真面目くさって微動だにせずに聞くクラシックコンサートが好き。
でも、子供にはこういう良い楽しいイメージから音楽に親しむのも良いのかなぁと思いました。

せっかくバイオリンを、と思ったのに、子供達はやはり目だって音も大きいブラスが良い!としきりに言ってました。

演奏の初めに、『子供向けの演奏会なので、周囲が少々騒がしくても目くじらを立てずに。また、自分の子供が泣いたら自主的な判断でロビーに出てください。』との、とても適切なアナウンスもあり、とても好感が持てた。

ノバホールは、今回はじめて行った。
小じんまりしていて、響きも良いし、1階席も途中から階段状になっているので、舞台もよく見えてよかった。
ちょっと気になるのは、音が分散するのか、弦楽4重奏の時は音が小さく細くなってしまい、
特にブラスの後の演奏だと音が余計小さく思えたのがとても残念。

でも、とにかく楽しんで一人500円はとーーーっても安いと思った。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。