2005年09月15日

ハイランダー 悪魔の戦士

私の大好きな映画のひとつが、近々地上波で放映されると今朝の新聞で知った。 (放映と言っても、もう何回も放送されたとは思うけど。。)

*テレビ東京 午後のロードショー*
〜ロックなSF〜

9月20日(火)午後1:30〜
フラッシュ・ゴードン

9月21日(水)午後1:30〜
ハイランダー 悪魔の戦士

この『ハイランダー 悪魔の戦士』について。

この映画をどこで、だれと見たかは全く覚えていないが、大好きだったクイーンが音楽を担当ということで、見たと思う。

多分切っ掛けになったのは、このCDに入っている曲のビデオクリップ。

カインド・オブ・マジック
カインド・オブ・マジック

映画でも使われていたクイーンの『PRINCES OF THE UNIVERSE』のビデオクリップが、この映画のシーンを挿入したり、そのセットでクイーンが演奏していたりで、すごく良かった。
それと、『WHO WANTS TO LIVE FOREVER』も同様。これはとても美しい曲。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
映画レビュー(Amazon.co.jp)
16世紀のスコットランド。首をはねられない限り生き続ける超人一族のひとりコナー(クリストファー・ランバート)は、最後に生き残った者だけに与えられる究極の力を求めて、同族の面々と闘う運命にあることを知らされる。そして時を経て現代のニューヨーク。今なお生き続けているコナーと黒騎士クアガーン(クランシー・ブラウン)は、究極の力をめぐって最後の決戦を行う。主人公に運命を説くマスターの役でショーン・コネリーがゲスト出演。(的田也寸志)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

運命の哀しさを感じさせられます。
青年時代に不死と知らずに戦い死んでしまうが、ほどなく生き返った時に”悪魔”と親や親族や故郷から追われる。
愛する人にめぐり合うが、相手だけが老い亡くなるやるせない哀しさ。
自分と同じ運命を持つ、尊敬する恩師に出会いと別れ。
そして、運命の力を持ち合わせているがために、最後の1人になるまで戦い続けなければならない。

そんな内容が、スコットランドの高地(ハイランド)での美しい風景と、現代のNY、そしてクイーンの音楽とあいまって、単なる”アクション映画”だけで片付けられない良さにつながっていると思う。

テレビ東京の午後のロードショーでは、かなりカットされていると思います。 どんな映画か知るには手っ取り早いので、機会があれば観て損はしないと、オススメの映画です。
ハイランダー 悪魔の戦士
B00008453Dクリストファー・ランバート ショーン・コネリー
おすすめ平均
stars大好きな「秘蔵」の映画です
starsクィーンの映画音楽はGREAT!
stars娯楽作品として不思議な魅力を持ち続けている佳作。
starsこういう映画を知っている喜び。
stars不死系最強の一本!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハイランダー コナー・マクラウド12インチ
ハイランダー コナー・マクラウド12インチ
この映画をAmazonで探していたら、
ついでにこんなもの見つけました。
これ買う人いるんでしょうかねぇ。。





ついでに
9月20日(火)午後1:30〜
フラッシュ・ゴードンもちょこっと。
これも音楽はクイーンです。

”ドンドンドンドンドンドン・・・アーアァ〜♪”でおなじみで、音楽も良いです。 ビデオクリップは、ハイランダー同様に映画のセットを利用したり、映画のシーンをはさんであったり。
でも映画は、う〜ん・・・。クイーンが好きだけどこの映画を見たことが無い人は一見の価値はある、という程度でしょうか。

フラッシュ・ゴードン
B00005HRTMおすすめ平均
starsフラッシュ!!あーあ!巨額をつぎ込んだ安っぽい映画です。
starsアメフトで敵と戦うシーンで笑ってしまった。
starsつっこみどころ満載の楽しいアメリカ映画!
starsクイーン
starsシンプルストーリーイズベスト!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。