2005年11月09日

短大合格

二女が短大に合格した。

合格してホッとした。
なんたって落ちこぼれの二女だったから。

しっかし内心、『この成績この勉強で合格して良いの?!』という気持ちでいっぱいだ。

その推薦の試験はスゴイ!

彼女の受けた短大は、まず推薦のそう難しくない試験と面接。
受験料も払わなければ、調査書も出さずにだ。
それが受かると、もう合格したも同然だという。

そしてその試験に合格して、はじめて受験料を払って調査書を提出し、しばらくすると正式な合格書が届く。
多分短大側はまずは無料で沢山の生徒に受験させるのが、狙いなんだろうか。

二女は推薦の合格をもらった時点で、もう気の緩み200%。
『あなたの調査書なら不合格になるのも有り得るから、少しは危機感持って勉強したり、次の学校探しておきなさい』といくら言ってもどこ吹く風。。。

結局合格してしまった。

麻雀好きの私の母が、うちの娘達に麻雀を教えた時にやたら二女ばかりに良い牌が行くという。母は二女は運が強いのだと言う。

果たしてそうなのか。それで良いのか?!
私も今の時代の高校生なら、苦労せずに良い大学に行けたのになぁとちょっぴり思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL