2008年03月29日

自己流でラップ

4/27の夜7時過ぎに、寸胴鍋のふたを開けた時の蒸気で出来た火傷。

とにかくその晩は、冷やさないと痛くて大変だった。
面積が広い分、痛い。。

こんな時に、先日見た東京大空襲での人々や、他の大きな事故などでの火傷の人は本当に辛いんだろうなぁとつくづく思う。

また、先の見えない癌の弟の気持ちも思い出し、こんな事はまだまだだ、、なんて思ったり、痛かったりで夜は眠りが浅かった。

もちろんずっとずっと氷で冷やしていて、すぐ溶けてしまうので何度も交換する。

火傷部分には、ネットで調べると”ワセリンを塗ったラップを当てる”とあったので、オットにワセリンを買って来てもらった。

※近所に24時間やっているドラッグストアがあります。こういう時にありがたいなぁと思います。

ふむふむ、傷にワセリンを塗ると痛いので、ラップにワセリンを塗るのね。

う〜ん、とりあえず良い感じ。。

とにかくこれで冷たい氷で冷やしていれば、痛みは感じなかった。

なーんて、結局翌日起きたら火傷の一部分のラップがずれてむき出しになっていた。

ガーン。。

翌日は包帯。。それも左手で右手に巻くので、すぐずれる。

色々試した結果。。
ワセリンを塗ったラップの上にサポーター式のネット包帯を装着?するのが一番ずれずに良かったです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。