2005年11月15日

日本縦断頭脳スポーツふれあい体験広場inつくば

11/13につくば国際会議場での『日本縦断頭脳スポーツふれあい体験広場』というイベントに行きました。

沢山の卓上ゲームが長机の上に用意してあり、自由に遊べるようになっていて、ゲームの仕方がわからない時は、ボランティアのお兄さんお姉さんが丁寧に教えてくれ、一緒にゲームもしてくれました。

そしてスタンプラリー形式で10個以上チャレンジするとくじが引けるようになっていて、自然と沢山のゲームにチャレンジするようになっていました。

頭脳スポーツとは
  (日本頭脳スポーツ協会)
 「頭脳スポーツ(Brain-Sports)」という言葉は、耳慣れないかもしれませんが、日本古典文化を代表する百人一首などのかるた競技、麻将・中国麻将オートラミー・ラミーキューブなどのテーブル競技、コントラクトブリッジ・プチマン・トランプなどのカードゲーム競技、将棋・囲碁・オセロ・カタン・ブロックス・チェス・123並べ・足し算九九はさみゲーム・バックギャモン・モノポリーなどのボードゲーム競技、タントリックス・キャストパズルなどのパズル競技などで、世界の人たちが年令、男女区別のない競技である、「頭でするスポーツ」の総称です。

うちの息子と夫は、とっても楽しかったようです。

お姉さんの呼びかけで、大勢でやるゲームを知らない人と一緒にやるうちに、息子は初めてのお友達とも相談してゲームを進めてたそうです。

主人も大満足だったよう。
私はゲームは苦手なので、その間大好きな本屋で立ち読みしてました。

お互い時間を忘れ、午後1時〜4時半近くまで熱中しました。
時間が足りなくて、全部のゲームが出来ず、息子達はとても残念がっていました。

横浜に本拠地があるようで、近所の人は羨ましいなぁと言っていました。

テレビゲームが主流の中で、こういった楽しいゲームの普及をして下さる団体にも感謝しますし、こういうゲームを喜んでやるうちの夫や子供達にも嬉しく思う母でした。

またこの手のイベントがあればなぁ、と思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL