2014年08月27日

まいったなー

オットの実家と私が疎遠になって早10年以上。
姑には散々な思いをさせられたけれど、舅は好きだった。
舅は私たちには全く干渉しないのはもちろん、本家である自分の家関係の事は姑に任せっぱなし。
舅自身も吟遊詩人のように主に釣などに行っていた。

孫に興味があるのか、ないのか。
敷地内に住んでたときも、家を改築する時に一時的に同居していた時も、舅と息子達の交流は皆無に等しかった。
もちろんお風呂に入れてもらったことも、散歩に連れていってもらったこともない。

舅と姑は仲が良かったのかは不明。
行事はちゃんと2人で出ていた。
でも普段の生活では舅と姑の会話は殆どなかった。

私たちが家を出ていって、かれこれ10年。
オットが私の両親に親切で優しいのを見ると心が痛くなる。
でも、また関わると姑がガンガンアタックしてくるのが怖くて、結局一切の関わりを持たなかった。

その間親しい親戚のお葬式もあったけど、行かなくて良い、のオットの一言で行ってない。
多分、あの嫁は、、、と言われてるに違いないし、自分も落ち着かない気分はぬぐえないけれど。

そして、、
半年前位にオットの父親が倒れた。
今は言葉も体も不自由になり今は施設暮らしをしている。

入院中にお見舞いに行くべきか悩んだけれど、オットが病状も安定してるし来なくていい、と。
私もばったり姑に会うのが嫌で、オットの言葉をそのまま受け取った。

それが、数日前に新たに悪い症状が出て病院へ移送され、「身近な人は会っておいた方が良い」と医師に告げられたそう。

今日オットと私と息子2人でお見舞いに行くことにした。

オットは病院の車の中で「もう昔の面影はない。反応もない。びっくりしないで」と言っていた。
私も病室に入っても私の顔などわからないだろうから、と、結構気楽だった。

それが、、、
病室に入って顔を見せるなり、舅の顔が輝いて嬉しそうに笑った。
身を起こそうとしている。手を差し出した。
私も舅の手を取って「大丈夫ですか?」と。
何を言っているかはさっぱりだけど、舅も一生懸命話そうとしている。

うーん、意外な展開。
とっても心が温かくなった。
ごめんなさい、という気持ちでいっぱい。

でも、、舅の先に姑がいると思うとやっぱり面倒。
本当にごめんなさい。お義父さん。
どうしたもんだか。。
2012年04月22日

敷地内別居だけど監視付き

敷地内別居の話

今から15年前、オットの実家にあった別棟で結婚生活をはじめた。
当時はオットは姑と仲が良くなかった。
私は結婚前は姑を世話好きの優しい姑と思っていたのだけれど、

結婚してから、、、、いやぁ、姑の干渉が多くて。。。
何が一番嫌だったかというと、とにかくこっちの様子をいつもうかがっていること。
出かけようものならあからさまに庭に出てくる時もあれば、母屋の窓からのぞいている時もある。
向こうは見えてないと思っても、シルエットでわかったり、窓際がミシミシ音を立ててたり。

私が友人を連れてくると、庭でいきなり姑の尋問がはじまる。
どこの誰だか聞かないと気が済まない。

子供が生まれて実家に帰っている間、こっちのポストに届いた郵便物を開封して全てチェックしていた。

ささいな事が原因でオットと激しい言い合いのケンカしてたら、たまたま鍵を閉め忘れていた玄関から入ってきて仲裁に来たことも。

当時の家は1階は駐車場だった。
そこによくたたずんで私たちの会話を聞いていたらしい。

ある日、自動車保険の期限が切れそうで、証書を探していた。
オットが多分母屋だと思う、明日探してみる、と夜会話していたら、、
朝起きたらすでにポストに証書が入っていた(ー_ー)!!。

長男を妊娠していた時、男の子らしいと検診で言われて、深夜に帰宅したオットに報告した。
そしたら翌朝姑に呼ばれて「どっちかわかったんでしょ?」と。

田舎で長男優遇の地域、だから二男が生まれた時はなーんのお祝いもなかった。
それを実家の母に電話でこぼしたら、その直後に姑が来て二男の出産祝いをくれた。
でも生まれてもうすでに6カ月。。。

近所に姑の仲の良い家にもうちの長男と同じ年の男の子が生まれた。
何かにつけて比較する。

こっちが植えた木の葉が落ちたのを掃いたり、草取りするのはいいけれど、それをわざわざ玄関の前にまとめておいておく。(だったら掃かなくていいよ。)

その他色々あった記憶があるが、もうかれこれ10年以上前の事。

一番嫌だったのは、別棟を建て替える時に母屋に間借りしていた時。
実家に泊まりにいっているうちに、なんとオットと私が寝ている布団を勝手に干していたこと。
気持ちわる〜い。。

でも、ある日ある事で姑がオットに怒った。
私がオットの肩を持ってかばったら、「姑に反論するなんて」と怒りだし「バツ1、子連れ、アンタなんてヨメでもムスメ(義娘)でもない」と姑に言われた。
最初はショックでご飯食べられなくなって、あっという間に10キロやせた。

でも、途中から開き直れた。
ヨメじゃない??ラッキー、みたいな感じ。

別棟を建て替えて、数年冷戦状態が続いていた。
相変わらず姑のチェックは続いていたけれど、、、

でもいい加減、精神的に参ってしまって、その愚痴を聞くオットも限界で。
結局、勤め先に近い隣の隣の市に家を買って引っ越してしまった。

今2軒分のローン払っています。
でも自由に庭や外に出られる自由を得られているので仕方ないと割り切っています。
あのままオットの実家にいたら、絶対に精神的におかしくなっていたことでしょう。
近所の子供とうちの子供が比較されるのも、本当に嫌だったし。。。

周囲で敷地内別居で成功している家もあるけれど、うちの場合は失敗だった。
私が干渉されるのをとても嫌がる性格だったから。
そういう性格の人には同居はもちろん敷地内別居も向かないです。
2009年02月01日

馬耳東風

おっとと結婚してすぐに住んだのは、おっとの両親の敷地内の家。

まだおっとが誰と結婚するかもわからない前から、姑の主導で敷地内に家を建てたという。
おっとはまだ建てるな、いつか結婚する時に自分の好きなように間取りを決めたいからやめてくれ、と言ったのに建ててしまったという。

姑が考えた間取りは1階部分は全部駐車場、2階が住まいで南側に4畳半の洋室を挟んで左右に6畳のキッチンとそして20畳程度の和室、北側にトイレとお風呂。
どれもが独立している部屋だったので、とにかく使いにくい。

その家は数年して傾きはじめ、明らかに欠陥住宅だった。
しかし間取りは姑が考え、建てるのは村内の大工さんに頼んだため泣き寝入りしていた。
建てて5年ほどで床に置いたビー玉もゆっくり移動するようになり、生活してて頭がクラクラするようになった。

結局は私達の力で建て替えることになった。
最初はその建物を壊す予定だったが、姑は「もったいない!」と、なんと100万近くかけて場所を移動した。
土台を切り離し、建物だけを移動させたため、ただ土の上に乗っかっているだけの超危険な構造となり、さらに傾いてしまった。

結局その建物は、下が駐車場と2階は4個目の”蔵”となり、「もったない」精神からくる雑多な物置と化している。

今でも姑はその家を"建ててやった"、"建ててやった"、とずーーーーっと言い続けている。
おっとはオレは建てるなって言っただろう、と時々反論しているが、姑には馬耳東風。
2006年01月04日

ママ友

かつて敷地内別居で住んでいたダンナの実家の周辺は姑のテリトリー。
どこで誰とつながっているかわからないから、
余計な事は言えなかった。

ダンナの実家の近所に住む同年齢の人も同居の人が多く、
特に自分の親と住んでいた人は要注意。。
私が他で言った事が、知らない間に姑が伝え聞いて来る事もあった。

仲良くなったママ友を家に連れて来ると、姑は『どこの誰?』と聞き、
大体が、『あ〜、○○さんちのお嫁さん(または娘さん)かぁ。
あそこの家はねぇ・・・・(以下延々)』。。

また、婿養子のご主人と実の親と同居されているママ友が沢山いて、その人達が一番怖い存在。
私の愚痴がストレートにママ友の母親に伝わる恐れが大だから。

だから同じ位の子供を持つお母さんと仲良くなっても、
どこかで姑とつながっているように思えて、心を許せる友人は居なかったし、
作るつもりもなかった。

ここに引っ越してきて、近所に心許せる、仲の良い人がたくさん出来た。
本当に良かったと思う。
2005年09月28日

姑に鍵

夫の実家の敷地内別居を逃げ出して、2年半が過ぎた。

その住まいはまだ築浅で、本当は売ってしまいたい。
しかし、何たって夫の実家の敷地内に建っているので売れるはずが無い。
それも夫の両親の家のすぐ横に建っているから、見に来る人は沢山いたが、
実際に借りてくれる人はなかなか見つからなかった。

最近やっと、その住まいに借り手が付いた。

実際に借りる方が決まって、不動産屋さんとの細々としたやり取りがあった。
担当のNさんは、とっても感じの良い、私よりちょっと上の女性。

そのやり取りの中で、Nさんは言いにくそうに、
『あのぉ、田舎の方は親切だと思っても、嫌がられる事があるので、、その辺大丈夫かな〜って。。。』

私、ぴ〜ん!
『それって、姑の事ですよね(苦笑)。』

Nさん『そうなんですよ。雨が降ってたからって、洗濯物取り込んだりねぇ。。』

私『わかります!うちの姑ならやりかねませんよ!
  主人から姑に言うように伝えておきます!』

また別の日に、

Nさん
『鍵の事なんですが、、うちの方でちゃんと合鍵を作ってあるので、あのぉ、、、』

私、ぴ〜ん!
『あ、わかりました(苦笑)。姑の持っている合鍵を夫に取りに行ってもらいます!
 それもあらかじめ鍵をもらうとは言わず、次に行った時に突然もらって来させます。
 先に言うと合鍵造りかねませんから!』

Nさん
『やっぱりそうですか?実はうちの姑もなんですよ。困ってるんです。おせっかいで。
 我が家の鍵も、近所に住む姑に渡す渡さないで主人と大喧嘩になったんですよ。』

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以前、姑に『他の家は嫁の家に出入り自由なのに、アンタのところは鍵もくれなきゃ、入れさせてくれもしない!』と怒鳴られたっけ。

他の家のお嫁さんは、嫌だけど言えないし、ご主人の理解が得られないからなんだよねぇ。

みんなイヤイヤ入れてるの知らないのは、アナタだけですから〜、残念っ!
2005年09月11日

ようやく

不動産屋さんから電話があった。

『ようやく決まりそうですよ!』

以前住んでいた家を貸そうとお願いし、早2年以上が経った。
ド田舎で、敷地内の、それもすぐ隣に姑達の住む別棟が建っている家など借り手は無いだろう、とは思って半分あきらめていた。

案内はそれこそ沢山したんですけれどねぇ、と不動産やさんは言うが、決まらない。
1回だけ、決まった。けれど入居前に事情があって取り消しになった。

だから今回も契約が終わり、ちゃんと入居してくれるまでは安心出来ない。
そして入居してもいつまで居てくれるのかな。。。

私もその土地にお嫁に行った時は『こんな自然があって、景色の良い所で暮らせて嬉しい』と思っていたが、長くは続かなかった。

日常生活を送る分には全く不自由は無かったが、ちょっとした買い物も不便で、映画館も駅も遠く、何より閉鎖的で何の変化も無い場所は苦痛だった。
ましてや、毎日姑に監視されていれば尚更。。

今の家と前の家のローン。。
合わせれば、都内の便利な場所のマンション買えただろうな。。

とにかく、今回はちゃんと入居までいくと良いな。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。