2016年03月09日

合格*。٩(ˊᗜˋ*)و*。

今日は長男の大学の合格発表の日

会社のパソコンで発表を待つ
きっとアクセス集中ですぐには見られないんだろうなー、と思いつつ発表の時間にクリック
あれれ、すんなり表示された(^^)

そして番号を探す

あったー!!!!

これで一安心。。。
長かったような短かったような。。

でも、でも、でもーー
思わぬ自宅外通学。。
成長がこの目で見られないし、寂しいし、そして思わぬ出費
想定外。。。
2015年06月24日

勉強より大切な時間

5月の最後の試合に負けて部活を引退。

さあ勉強にスイッチ切り換え! 、、と思ったら、2週間後の文化祭の準備に忙しい。

どうもクラスで出し物をする委員だとか。
さらにバンドもやっていて、週末ごとに練習。

おいおい、勉強は?
と、何度言ったことか?

文化祭当日。
バンドを聴きに行った。
トリでまぁ上手なこと。ギターとドラムの上手なバンドによく入れてもらってるなぁ(*^^*)と。

そしてクラスの出し物。
ダンスをしたらしい。
これは在校生だけで、一般には非公開。

そこでなんと校内1位になったとか。
そして後夜祭(またもや非公開)で1位のクラスだけ再度出し物をできたらしい。

ダンスが終わって最後に「みんなありがとう」の横断幕を最前列の子たちが観客席に向かって上げたらしい。

そしてその裏に大きく

「長男、ありがとう!」

と。

長男は涙ぐんでたらしい。

家でも構成を考えた。
たまに、グループ編成のことや斜めに構えてる子をやる気にさせたり、ちらっと言ってたっけ。

多分長男にはすごく大切なことを学んで、大切なことを得て、大切な時間を過ごしたんだと。

勉強、勉強、、、

私の言ってた言葉に反省(^_^;)

さぁ、次の日から勉強に専念か、、と思ったら、
打ち上げだの、部活がなくなったから、、とのんびりしてるの見て、また勉強、勉強、と言ってしまった私です(*^^*)
2015年06月23日

奨学金のこと

高校生3年になった長男。
いよいよ受験本番。

今まで目をそらしていた、第一志望に受験までに実力が届かなかったらどうするか、決めなくてはならない。

第一志望はチャリンコでも通える大学。
長男の行きたい学部は、そこ以外は県外で100%自宅外。

奨学金の予約申し込みが始まって、金額を決めなくてはならない。

自宅かそうでないか、で金額も大きく違って来て、実際に借りるときに増減できるので、心配性の私は多く借りようと(^_^;)

返済するのは長男で、いやいや、そんな借りないでよ。と攻防戦が(笑)

はてさてどうなることやら
2013年04月12日

自覚ないままに

3月下旬までいつも通り学校に行き、普通に終業式を終えて、、
4月1週目にいつも通り始業式。。

身分は義務教育を終えて高校生になりました。

よく考えると、ジーンとする卒業式、入学式がないので、損した気分。
食事会でもしようかな、と思ったら、部活や学校やらで、やる暇なし。

変わったこと。
教科書が有料になりました。
模擬試験が増えます。
土曜日に授業がある日があります。

そして!!!
お給食がなくなり、毎日お弁当持参です。
もちろんオット作。。
オットは毎日泣いています。
2012年09月08日

留学

若者が海外に行かなくなって久しい、若いうちに海外へ出るべき。。
私もそう思い、子供にも海外に出ることを意識させて育てていた。

夏休みが明けたある日、長男が学年主任の先生から留学を勧められた、行きたい!と。
それは奨学金給付(約120万)のもので、それなら行かせられる。。と。思ったけど。。

長男は今の夢は医学部進学。
でも彼はズバ抜けて出来る方ではない。
でも目標があればコツコツやれるから、なんとかなりそうな気もする。

1年間留学して、どうなるのかな、、、
もしそのまま英文科や国際学部なら役にも立つだろう。
でもそれ以外の学部の希望だとどうなんだろう。
高校よりも大学の時に留学した方が良いというのもネットで見かけた。

そんな事をちらっと言って、おいた翌日。
やっぱりやめた、と、長男。

大学でも留学できるし。。
勉強に差しさわりがあるし。。

と。

うーん、でも奨学金給付は大きいなぁ。

日本の若者よ、海外へ。
というけれど、結果的に日本国内で大学に行って、就職して、となると、留学はかなりのハードル。
不景気だし、おいそれと、どうぞ海外へ、とは言えない環境なんだろうな。。

日本の製造メーカーが海外に負けてしまった理由の1つに、特許や知的財産を守らなかったから、というもあるあらしい。
海外を知り、海外の流れをつかむ、ということは大いに大事なんだなぁと改めて思う。

でもね、我が家では日本の大学もちゃんと出してあげられるか、の経済状況だとなかなか難しいなというのが現実。。。。
2012年08月10日

お金より

この夏、ホームステイの受入をした。
これで4回目。

それはさておき、最終日は東京駅まで送らないといけない。
あいにくその日は遠方で二男のバスケの試合の送迎があったので、付き添いを長男に頼んだ。

帰宅してから(ここ数ヶ月お小遣いもあげてなかった)お駄賃をあげた。

1000円、が、交渉の末に2000円をGETした長男。

お財布にしまいながら、

「なんかさぁ、実はオレ、お金もらってもそんなに嬉しくないんだよね。
欲しい物があって買ったとしても、忙しくてやるヒマがない。
今、一番欲しいのは、時間なんだ。
」と寂しそうに言ってた。

本当にそうだなぁ、とつくづく思う。


数検2級合格

昨日、長男が7月に受けた数検の合否の発表があった。

見事2級に合格。

前回一次のみ合格で、今回は二次試験対策に集中できたらしい。

今年中に一級を取りたいと言ってるが、果たしてどうかな?

二級は高校2年程度レベルらしい。
中3の前期で取れたのは偉いな、と思う。
2011年07月04日

長男に感心

1週間前から出ていた長男の家庭科の宿題。中間試験もあって放置していた。

時々気になってプリント見るけどそんなに重要とも思っていなかった。自由参加のどこかのコンテスト?くらいの認識だった。

ジュニアオケから夜帰宅して、遅い外食してたら

「これから献立考えて料理作らないと。提出しないと成績最低になる」と言い出した。

すでに夜10時。
オットはまた会社行くと言ってるし、私はすでに眠くて家に着いたらソファーでソッコー寝る事しか考えられない状態。

長男には「放置した自分が悪いんだから、自分でやりなさい。ママは寝るから話しかけないで!」と。

家に着いて、予定通りソッコー寝た私。

1回だけ長男に質問されたけど「ママは手伝わない、って言ったでしょ!」と怒鳴ったのは覚えている。

朝起きて、朝食をたべようとしたら美味しそうなスクランブルエッグが冷蔵庫に。

食べたいけど、手伝いもしなくて食べたら良くないなぁと我慢してたら、、、

なんと、これから証拠写真撮ると。あ〜食べなくて良かった(汗

しかし、長男ひとりで考えて作ったなんて、本当にエライ。

いつもオットがちゃんと食事を作ってくれているからだ。

長男に感心しつつ、我が身のダメ母ぶりを反省
2011年04月30日

数検準2級合格

一昨日は長男が4月10日に受けた数検準2級のネットで発表の日。

やったー!受かってた!!

でも、私が数検の級のすごさがわからないので、あまり実感がない。
中2の4月で準2級はすごいのかな?
とにかくまたもやT先生のおかげです。

長男は嬉しそう。
早速2級の参考書を買っていた。

あれれ、準2級取ったら英検にシフトするんじゃなかったっけ?
苦手な英語も頑張って欲しいな。

ちなみに二男は6級に合格していた。
二男はそう数学が得意じゃない。
長男より記憶と言語能力がありそうな二男は英検で長男を抜かして欲しいなぁ。
2011年04月13日

長男またもやピンチ!

長男ピンチ

小6の最後からようやく身長の伸び始めた長男。
ようやく二男を随分抜かした。はずだったけれど。

やっぱり二男も小6の最後でぐんと背が伸びた。

新学期の身体測定で

 長男 156.8
 二男 155.3

危うし長男!

でも、、、伸びた伸びたと思っていて、長男の身長が160センチ近いと思ってたけど、そんなもんだったのかと内心ガッカリ。

今年こそグン、と伸びてほしいな。
2010年08月26日

期末試験対策

昨日はT先生の日。

二男は調子が悪く、お休み。

長男は夏休み明けに直後にある期末試験の勉強を見てもらっていた。
家庭科から音楽まで教えてもらっていたようで、なんとピアノまで弾いたそう。
子供は先生はピアノが上手だったと。。。
ちょうど外出していていなかった私は聞けなかった。。残念

主要教科も手取り足とりで本当にありがたいと思います。
でも長男よ、学校の勉強は自分でできます!ぐらいになったどうなの?!と思ったり。

で、T先生が『勉強は同じ事を何回もしないと身につかない。1回目はすごく大変で”やった”気になるけど、それだけでは覚えていない。2回3回繰り返してやってようやく身に着く』と言っていた。

おーい長男、ちゃんとそういう大事なこと心に留めてねー。。。
2010年08月16日

数検3級合格

7月25日に長男が受けた数検3級。

ネットで確認したら【合格】してました!

3級の範囲が高1まで、とあったので受ける前は『中1の1学期で受かったらスゴイ!』と思ってたけど、受かったら『そう大喜びするものでもないのかな。』。。と思ったり。

とにかくこれはまだ習っていない分野をわかりやすく説明して、試験と勉強のコツを教えて下さったT先生のおかげです!

しっかし、午前10時半〜ネット上での合否の確認だったけど、繋がらない繋がらない。。
お昼すぎにようやく見れました。
2010年07月15日

冬季講習だけなのに

ママ友に「Mokorinの長男君はIB進に通ってたんだって?」と聞かれた。

「IB進だけど隣の市の教室に冬季講習だけ4日間だけ行った。なんで?」と聞くと、IB進の市内の教室の壁に”合格おめでとう!”と書かれた札の中にうちの長男のもあったそう。

思い返せばIB進からの合否確認の電話の時に、合格の札を教室に貼って良いかと聞かれ「地元の子が来ない、隣市のこの教室だけなら」と了承した。
でも地元の市内の教室には貼って良いなんて言っていない。

で、塾に即行抗議した。
だって合格したの、この塾のおかげじゃないもん。

外したかどうかは確認していないからわからないけど、相当不愉快だ。
2010年03月26日

塾でなく家庭教師にした理由

塾ではなく家庭教師にしようと思った大きな理由。


 将来こうなって欲しいと思う青年との交流

今は自宅学習の習慣はついているけれど、親主導。
でも、もうすぐ来る反抗期になったらそうはいかない。
親が何を言っても何を説いても、親の話には聞く耳を持たなくなるでしょう。

その時に身近に、数歩先にいて子供の道しるべとなる人がいるのはとても重要だと思っている。

T先生は大らかで明るくて礼儀正しく、優秀でそして勉強熱心。
折々に大学での勉強や学校生活、高校時代ことを話してくれている。
長男の得意な数学も先へ先へと導いてくれている。

本当にT先生と出会えてよかった。引き合わせてくれた運命に感謝しています。
2010年01月25日

受検までに

受検までにしたこと。。。

算数は得意なので算数の勉強はそんなにやらなかった。。
それより答えに至った理由を自分の言葉で理路整然と書けるようにすること。

冬休みには夏休みにやり損ねた4科のまとめの理社・言葉の問題をざっとやった。
でももちろん全部終わらず。
本人任せだったので、やってもやりっ放しだったような気がする。

そして過去問を解くこと。
面接の問答を考えること。。。

ぐらいかな。。

私学の中学受験と違って、長男の大不得意な年号や漢字を必死に覚える必要ない。
でも!理科の問題解かせて『太陽が西からのぼって東に沈む』をベースに解いてたのには、ヤッパリ〜と呆れた。。4年生くらいから何度も何度も覚えさせたのに、やっぱり覚えてないのねー。。。

今までの知識の蓄積の結果のような問題なので、まぁ受かればラッキーくらいの意気込みだった。
お正月もそうガリガリ勉強はしなかった。
もちろんミニバスの練習や試合は行ってた。

あと冬休みに塾の講座に通った。
でもこれは行った意味はなかったと長男は言っていた。
だって講座内で問題を解いて回収したまま帰ってこないものが沢山あった。
どのくらい出来てるのか把握できず、塾に聞いても「○×はつけてないけど、解説してるから大丈夫」とわけのわからないことを言うので驚いた。

家庭教師のT先生とはいつも通りの英語と数学の中学の先取り勉強をしていた。
2009年11月29日

いきなり受験生!

そろそろ巷では中学受験の本番も近い。
うちの子の小学校も思ったより受験するお子さんが多いようだ。

11月のある日、突然うちの長男が『どこか中学受験したい!』と言い出した。

きっと自分と同じ成績だと思っていた同級生達が、東京の名の通った中学を受けると聞いて、自分も!と思ったのかなー。

中学受験の勉強はとっくに途中でリタイヤしたのにね。
ま、チャレンジするのは良い事だと思う。

長男が最初に名前を上げた私立。。
受かっても、申し訳ないけど毎月8万の学費と交通費は出せません。。
さらに受験料も2万近い。

で、調べたら県立の中学と高校の一貫校の受検料は2000円ちょっと。
そこならいいよ。。と。

でも入学してもそこには行かず、地域の公立中に行って県立トップ高校を目指そうね、という話になっていた。

で、いきなりにわか受験生となった。
2009年10月14日

家庭教師探し

ネットで我が家の希望に合致した家庭教師の先生を探そうと思った。

家庭教師のDIYというサイトにこちらの希望【県トップ校出身の現役大学生】と合致する方が2人いらっしゃった。そしてその2人ともがたまたま現役合格の東大生(^_^;)

まずはDIYを通して質問した。
DIYを通じて返って来た返事は、どちらも丁寧でとても良い感じで好印象だった。
2人の連絡先を教えてもらうべく紹介代をDIYに振り込むと、すぐにメールで連絡先が届いた。

結局2人の先生に家に来て頂き、面接をしてT先生にお願いすることにした。

どちらも優秀な方なので、決め手は雰囲気だった。
T先生はとっても育ちが良さそうな、小さなことにとらわれない大きな雰囲気を持っていた。
またT先生は現在大学院生でさらに博士課程を希望されていて、当分教えてもらえそう。

お断りした先生はそろそろ就活を始めるそうで、そう長くは教えてもらえそうになさそうでした。
ただその先生もこちらかの御断りのメールに対して、とても丁寧なお返事が来た。
その中には「せっかくのご縁なので」、と中学・高校での勉強方法とモチベーションの保ち方のアドバイスが詳細に書かれていた。

我が家は本当に良い方に出会えたとつくづく思う。
2009年09月30日

先取りのための家庭教師探し

小6の秋から中学の英・数の勉強を先取りをさせようと思った。

でも相変わらず連日のミニバスの練習で塾には行けない。
中学受験までの勉強は私は教えられるけれど、中学校の勉強を教えるのは私には無理そう。
しかし長男だけで勉強するには、強固な意志が必要。

そして

中学に入れば反抗期で親の言う事など聞かない。
反対にお兄さんのようなワンクッション置いた人なら素直に聞くだろう。

さらに

大学の勉強や趣味や大学生活について色々と話を聞くと大学が身近に感じられ、モチベーションも上がるだろう。
次は確固たる志望校がある。

ということで、近所の県トップ高校を卒業した男子大学生という条件で、家庭教師を探すことにした。


2009年09月29日

6年秋からの勉強

2学期に入って運動会の練習+ミニバスの練習のハードな毎日で勉強はひとやすみ状態だった。
運動会が終わりさて次は何を勉強させよう。
中学受験は絶対に無理な状況だから、必然的に地元の中学校に通うことになる。

まずは次の目標を『3年後に県のトップ高校合格』にした。

小学校卒業までの勉強は特別家でやらなくても出来るだろう。
では秋から中学入学までどんな勉強をすればいいか。。。

インターエデュのサイトに中学校の勉強の先取りのスレッドがあった。

それを読んで残りの半年間、中学校の勉強の先取りをしようと思った。
特に算数は得意なのでどんどん先に行けるかもしれない。
そして失敗した英語の先取りをもう1度やってみようと思った。
2009年09月13日

6年の夏休みを終えて

長男が6年生の夏休みに勉強したこと。

まずは自宅勉強。
予習シリーズの一行計算と4科のまとめの標準問題。

算数は出来て当然の一行計算、国語はすっごく苦手な漢字・慣用句・文法。

一行計算もっと出来ると思ったのに、間違いだらけでビックリ。。。
国語ももちろん予想通り。
4科のまとめの理科・社会も適当に流して夏休みを終えた。
丸つけをせずに終わったのも沢山あって、やった甲斐があったのかは?

とにかく中学受験の実力どころじゃないなーと、予想通りとは言えかなーりガッカリした。。

それと近くの塾の夏期講習にも行った。
ミニバスの予定にかぶらない日程の塾を選んだので、半日×合計10日間ぐらい。
算数は色々なやり方を覚えて面白かった。
でも他は。。。

と本人が言っているように、塾の先生からも算数はできるんですけどね。。。と夏期講習がの後の面性で言われた。

でも学校の成績はほぼ満点。
いったい学校教育と中学受験の内容の差はどーなってるんだろうね。
2009年08月29日

効果いまいち

4月から来てもらっている英語の家庭教師の先生。

時間もきっちり守って礼儀も正しく、サバサバしてて良いんだけど。。。
とーってもビジネスライク。。

教えるだけ教えておしまい!
授業が終わってお茶をすすめても、ソッコーで帰ってしまう。

子供達も問題を先生からヒントもらって、その場限りで解いておしまい。
だから半年勉強したけれど英語の基本的なことが身に付いていない。

家庭教師の先生も悪くはない、Z会のテキストも良い通信教材と言われている。
でもうちの子達には合わなかったよう。

結局8月いっぱいで、ミニバスが忙しいという理由で先生はお断りしました。
2009年04月11日

英語の先取り

記憶力の悪い長男。
中学に入って、皆と同じスタートを切ったら絶対に落ちこぼれる!

なので今月から英語の先取りのために家庭教師の先生に来てもらうことにした。

本当は塾でも良いけれど、ミニバスの練習で塾に行く時間がない。
親とやっても甘えが出るし、ましてや上手に教える自信がない。

近くの大学の学生課に張り紙をするとすぐに応募の電話が来た。
でも希望していた男性ではなく女性。
簡単に経歴を聞くと、なんと6年もアメリカに居たそう。

なんだかサバサバしてて良い感じだったので、その先生に来てもらうことにした。

兄弟に英語を教えてもらって時給2000円で1時間授業を週に1回。
なかなかお得だなぁと思う。
Z会の中学生用通信教育を申し込んで、それを教材にしてもらうことにした。

しっかし、そこの大学の学生課の斡旋方法は1人斡旋してダメなら次の人、というように同時に複数人を比べられない。昔の職安のよう。。。





2008年03月03日

方針転換

一昨日の土曜日はミニバスの試合。
朝7時半に集合で夕方5時半に帰宅後、疲れて眠そうな様子で勉強。
昨日の日曜は朝9時〜夕方4時まで勉強。それからミニバスの練習。

なんか気の毒になって来た。
だってミニバスと勉強以外なにもやるヒマがない。
ミニバスが始まる前はバーベキューやキャンプやお出かけやテニスなど楽しんでいたのに。。
子供も本を読むヒマがなく、着替えながら読んだりしている。

我が家はもう中学受験はあきらめている。
ミニバスはやめたく無いと言うし、続けていたら勉強時間も取れないし、費用の事も含めて無理でしょう。

なので、オットと話し合った結果、、
・算数は絶対にわかるまでやる。
・それ以外は音読して練習問題を解くくらいで、知識
 として頭に残っていれば良い、

で、もっと子供達にゆとりのある生活をさせることにした。

都内のお子さんたちは週に3〜4日も勉強しているのに、、と思うけれどミニバスとの両立は難しそう。

これで週例テスト、月例テストの結果がどうなるか。。。
怖い。。。

う〜ん(^_^;)

四谷大塚の通信くらぶを4年生から続けて1年。

平日の夕方は5時〜8時までミニバスの練習、土日は1日または両日丸1日試合の事も多い中、なんとかやりくりしてやって来た。
偏差値も国算の2教科なら大体55〜65と、勉強時間の割には取れていた。
理社は週に1日だけ音読して練習問題やるだけ。
暗記が超苦手な長男には4週に1回の試験ではスッカラカンのようで、常に偏差値45〜47だった。。

周囲からは5年生になったら大変だよ、、と言われてた。
新5年生の通信くらぶはもう始まっている。
テキストもかなり厚くなっている。
理社のテストも毎週だ。\(◎o◎)/!

で、いつも通りのテキトーな勉強で受けた2回のテスト。
散々たる結果だった。
偏差値50以上は算数だけ、今まで出来ていた国語の読解も出来なくなっている。
なんなんだーーー!

そして、平日の勉強もテキスト読んでもピンと来ないらしく、オットが付きっ切りになって教えていることが多い。
2008年02月15日

バレンタインデー

今日はバレンタインデー。

なんと長男は初めて義理ではないチョコをもらった。

choco.jpg
記念にパチリ。

他の子からも手作りのチョコ1個をティッシュにくるんでもらっていた。

本当は学校に持ってきちゃダメだそう。
他の女の子には『土曜日に届けに行くね』と言われたそうだ。

今日もらった子からはこっそりもらったらしい。

他の男の子はもらってた?と聞くと知らない〜。

長男がもらえたのは、たぶん男くさくないから。中性。
だから女の子からも安心して話せるんだろうね。

二男もミニバスママやお隣と裏の女の子、二女、私等々全部で7個ゲットしていた。
長男は+2個で9個。
二人とも義理チョコでもすごく喜んでいた。
近所のママ達、ありがとう。


2007年09月05日

とうとう毎日

ミニバスの練習が、平日1日休みだった日も今週から練習となり、実質毎日練習になった。

運動会まで学校ではその練習ばかり、そしてミニバス。。。
きっとクタクタなんだろうなぁ。

今までミニバスの練習から帰って、お風呂&夕飯の後から勉強タイムだったけど、寝ないと体力が持たないだろうなぁ。。

ということは、通信くらぶの勉強がまたまた遅れるということだ。。

1学期の後半から遅れ気味で、夏休みに一応取り戻したけれど、後期のスタートからつまづいていては、後が思いやられます。
2007年09月03日

コンタクトのケア

メガネっ子が長男で本当に良かった。

長男はとても器用だ。
だからコンタクトの着け外しも自分で出来る。

私がするのは清潔にしているか、とか、消毒をきちんとされているか等々の確認だけ。

これがもし二男だったら大変だ。。
手は洗ったか?、からはじまって、着け外しも全て親がかりだ。
多分、二男だったらコンタクトはしてないと思う。ゴーグルにしています。絶対。。。

ただ私もコンタクトは使用していないので、いまひとつケア等に迷う時がある。

ある日、装着時に床に落としてしまった。
その時はどうして良いかわからず、水道水で洗って目に入れてしまった。

後日、水道水で洗うとしみるし、透過性が悪くなる、なんとかアメーバとかが目に繁殖する等々、コンタクトには水道水は良くないと知り、ビックリしました。
しみる〜って長男は言ってました(^_^;)。

病院に水道水で洗ってしまった、と言ったら交換してもらえました。

今は病院でもらったAOセプトクリアケアというキットでやっていますが、どうもまだ慣れません。

長男のメガネ

ちょうどお盆の直前にケガをしたので、病院探しが大変でした。
ちょうど度も弱くなっていたと言うので、まず眼科探しから。

かかりつけではない眼科に行くと、なんと視力は左右ともに0.05!
去年は左右それぞれ0.2だったのに〜。。

その処方箋を持っていつものメガネ屋さんで、レンズだけ作ってもらいました。
お盆なのにお店を開けててくれて、ありがとう!

去年の今頃はじめて眼鏡を作ってから早1年、最初16000円、そしてフレームを壊して7500円、鼻当ての部分を壊して2000円、今回レンズ交換で5500円

修理代だけ新品メガネが買えてしまうよぉぉ。

姪っ子は小さい頃からメガネっ子だった。
壊さない?って弟嫁に聞くと、『娘は壊さないけど、同級生のメガネっ子の男の子は修理したり作り直したり、大変らしいですよ』とか、
バイオリンの先生のメガネっ子の息子さんは、失くしたから作り直したら、翌日ベッドの下から見つかった。。などなど、男の子のメガネは大変らしいとは聞いていたけれど、、、

我が息子のメガネは大丈夫だろうと思っていたら、噂どおりでした。

たまたま通りかかった眼鏡の量販店で、大人向けだけど子供用と言っても良いような、かなり小ぶりのメガネを見つけました。
レンズ+フレームで何と5000円。

メガネ命の長男は修理の度にメガネがなくてとても不便そうでした。
とりあえず、メガネの控えとして買いました。

そして問題は今後ミニバスの時のメガネをどうするか、、、
しばらく目の下の傷もあって、スポーツゴーグルも出来ないし。。。

とても悩みました。

切創

以前チームメイトだったT君は我が家と同じメガネ君。
ちゃんとスポーツ用のゴーグルをしている。

我が家は
『そこまでしなくても〜』、『いずれ対処はするか〜』
なーんて、思っていたが。。。

夏休み入った頃から『ボールがあたってメガネがゆがんだ』等々と、本人やお当番ママさん達から報告を受けていた。

ある日、お当番のママから電話があった。

『長男君が目の下切ったからお迎え来て(^_^;)。』と。
『病院行くほど?』『うん、結構ぱっくり行ってるよ〜』

病院に行くとベンチに寝かされた長男を覗き込んだり、うちわをあおいだりするママが3人。

ハーレムみたいだぁ。。

なーんて、不謹慎な事を思いつつ行くと、あらあら貝の口ように目の下が切れている。

ボールを取りに行って、チームの子の頭とメガネがぶつかった。
で、プラスチックのレンズはヒビが入っただけで、フレームの下が顔に当たって切れたそう。
これはきっと縫うんだろうなぁ。。

とりあえず病院に行く事にしたけれど、顔だからやっぱり上手に縫ってもらわないと。。

時間が夜の7時近かったので、どの病院ももう終っていた。
縫うのが上手という先生のいる病院も、先生はもう帰宅したとのこと。

先輩ママは『今日はこのままで、明日上手な先生に縫ってもらったら?』というが、これは怖くて1晩すごせないわぁぁ。。

帰り際コーチも心配して見に来たが、(長男が怪我しても気にせず練習を続けていたらしい(^_^;))、さすがガッコのセンセらしく『あ、これは縫うなぁ(^o^)』なーんて言っている。

仕方なく、やっている病院に行って結局5針縫った。
先生は綺麗に縫えたと言っているけれど、、、

1週間経って抜糸はしてもらったけど、目の下のテープは1ヶ月間張っておいて、と言われた。
傷口が日光に当たると、綺麗にならないそうです。

でもレンズが割れて顔や目に刺さらなかっただけでも良かったと、つくづく思います。

メガネ使用でのバスケはやっぱり危険です。
2007年07月17日

ほめるべきだった

長男が学校のテストを持って帰ってきた。
結構な枚数だった。

長男はとにかくほめてもらいたくて、
『ママ、見て〜(*^_^*)』
って嬉しそうに持ってきた。

が、見ると、その中の1学期のまとめの漢字のテストが68点だった\(◎o◎)/!。

それも、1学期の半ばのテストでは書けていた漢字まで間違っているし、さらにテスト直しをした漢字までも間違っている。

国語も通信くらぶとおなじ状況で、記述だけのテストは良い点数だけど、漢字問題も含んでいると漢字で点数を落としている。

何コレ!!もうっ!漢字の特訓よ!<`〜´>と怒った。

が、子供が寝てからゆっくりとテストを見ると、国語の記述問題、算数、社会、理科の殆どが100点、たまに95点。
国語の記述+漢字だと漢字だけが間違っていて、記述は殆ど合っている。

う〜ん、コレはほめるべきだったんだ!と大反省。

翌朝、あやまってほめたけど、もうあまり嬉しそうな顔をしなかった。
ごめんよぉ。。。。
2007年07月07日

そろそろ限界か?

四谷大塚の通信くらぶ。

今までコンスタントに平日は勉強して、週末にテストをやって提出できていた。

ところが、ここ1週間、長男はミニバスに入った初めての夏のせいか体調が悪かった。
学校を早退したり、お休みしたりしていた。

思えば、2月にミニバスも、通信くらぶもはじめて、ホントに頑張った。というか、頑張らせた。

ミニバスの練習が終って家に着くと8時、それからお風呂、食事、やり損ねた宿題。。
そうして、ようやく通信くらぶにとりかかるのだが、終ると11時近かった。

今まで9時には寝かせていたのに。。

体調を崩したので先週のテストはせず、今週の予習もしていない。
これでどんどん遅くなってます。

いつ挽回できるのかな〜。

通信くらぶの成績

通信くらぶ2月からはじめて、とりあえず5ヶ月なんとか続きました。
今までの成績の平均です。

算数56.1
国語58.4
社会48.0
理科49.0

二教科58.4
四教科52.8

意外に国語がいつも良い点なのがビックリ。
でも月例テストになって漢字がはいると、漢字が苦手で殆ど全滅の長男はガクンと成績も落ちます。

社会、理科は4年はまだ焦らなくても、とか算数に力を入れましょうとか、言われていますが、実際のところ勉強時間がありません。
だからだいたい1回音読しただけです。

この偏差値ってどのくらい信憑性があるんでしょうね。
偏差値だけをとってみれば、地元のまぁそこそこの私立中にいけそうな行けなさそうな。
そんな甘いものじゃないよね。。
2007年04月14日

四谷大塚『通信くらぶ』

現在小4の息子は2月に日能研の『知の翼』をやめて、四谷大塚の『通信くらぶ』をはじめた。

本当は4月からある個人塾に行くつもりでいた。
でも、どうもその先生と意見があわなくなりそうなので、とりあえず辞退した。

大手塾だと日能研は電車で30分の所にある。
市進は最寄駅にある。
その他中学受験用という塾はあるけれど、親の送迎が不可欠になる。

金銭的の事も考え、今年も通信教育で行くことにした。

で、Z会の中学受験用の通信教育か、四谷の通信くらぶか迷った。
結局Z会の中学受験コース4年は今年からはじまったそうで、まだこの先が見えてこない部分があったのと、四谷大塚の方は私が子供の頃からの実績があるので、とりあえず四谷大塚を選択した。

と、同時にミニバスに結局入ったので、練習はほぼ毎日、帰宅も8時で勉強するのは大体9時すぎ〜で、終るのは10時半前後になってしまう。
時には11時になるときも、時には疲れて全くやらずに寝る日もある。

早寝早起きがポリシーの我が家は、子供の就寝時間が遅くなるのは
非常に心苦しいが、週末にはテストが届いてしまうので、毎週のノルマをこなさないと、、ということで仕方がないとあきらめている。

でも、そのノルマがなければ我が家はためてしまい、最後にはギブアップするだろうから、とりあえず通信くらぶでよかったと思っています。

長男は、今のところは算数も国語も間違えはするももの、一応自分でこなしている。
社会と理科は読むだけになってる週もあって、夏休みに挽回しようって言ってるけれど、共働きの我が家で夏休み一人でこなせるのかなぁ。と不安な部分もある。
それと、暗記が苦手な長男はこの先、真剣にならないと特に社会は取り返しのつかない事になりそうで、怖いです。

このまま実力がつくのかなぁという不安は非常にあるけれど、平日4日練習、土日試合という我が家では、今は仕方ないと思っている。

今回学力判断テストが返却されて算国2教科は偏差値59、4教科は54。
社会は45、理科48なのでやっぱり日ごろの勉強不足が出てるなぁと思います。

御三家を狙うわけでも無いのですが、ある程度の実力はつけておきたいなぁと思うのですが、さて、どこまでこれで大丈夫か親も心配です。
2007年02月14日

勉強

今度4年生になる長男と、3年生になる二男には今まで日能研の『知の翼』をさせていた。
結構、気に入ってたんだけど、『知の翼』は受験用ではない、と明言されていたので、長男には四谷大塚の『通信くらぶ』をさせることにした。

今まで二男にも『知の翼』をとっていたけれど、今年度から理科社会がなくなるということで、やめることにして、上の子のおさがりを勉強させることにした。

我が家も挑戦

中学受験が盛んとの報道が。。。

今住んでいる地区は中学受験とは、殆ど縁遠い地域。
なぜなら、全国区で有名な(?)県立の超進学高校があるから。

ここの地域では下手な私立行くより、その高校に行った方がステータスは上がる。
ここの地域のあるお子さんが、『海城に行ってる』って言っても、誰からも『どこ?』と言われて相当ショックだったと聞いた。

しかし、上の娘達の私立と二流県立高校の違いを知っている私は、やっぱり私立!と思っている。

私も中学から私立に行ってたクチ。
かれこれ30年近くも前、私の小学校は一学年240人ちかくいた。
その3/4は受験して、失敗すると、なんと都内の公立中学校に越境する道があったので、地元の中学校に行くのは、ほんと一握りの生徒しかいなかった。

私の行った三流私立中学は、三流とはいえ、施設も立派だったし、先生たちも個性的で生き生きとした先生ばかりだった。

長女の私立高校の先生もとてもよかった。に比べて、二女の県立の高校の先生のやる気のなさといったら。。。。

ということで、我が家も挑戦することにした。
2005年11月15日

ランドセル

昨日(月曜)の朝、ランドセルにギューギューと給食服セットや上履き入れを入れる長男発見。

以前から、小2なのにランドセルに教科書いっぱい入ってて、重いなぁと思っていた。
で、いきなりランドセルの中身チェック!

出てくる出てくる、今は使っていない上巻の教科書、使い終わったノート、その日の日課に無い教科の教科書やノート。。。

早速片付けさせて、ヤレヤレと思っていたけれど、ランドセル手前にあるファスナーの付いているポッケを開けると!!!

な、なんと私のこぶし大の石がゴロゴロ。。
最低でも3つは入っていた。
おかげで、ランドセルのポケットはホコリまみれ。

もちろん捨てさせたけど、なんなんだろう。。
うちは学校から約1.5キロ離れている。登校は約30分弱かかる。
体でも鍛えようと思っていたのだろうか。

とにかく、いい加減でだらしない。