2007年08月07日

いきなり

子供が習いはじめてから、放置状態の私のビオラレッスン。

私のレッスンは、子供達のレッスンが早く終わった時に『お母さんもレッスンどう?』って言われたり、『今日はビオラやっても良いですか?』って聞いて、みてもらっていた。

で、見てもらうのも、ポジションチェンジの簡単な練習と簡単な曲だけになっていた。

私も念願のオケに入れたし、そっちの曲も下手ながら弾いていたので、先生がレッスンが適当になっても、仕方ないと思っていたし、仕事が忙しかったりで練習不足で、今日はレッスンいいですぅと、自分からレッスンを断る日も多かった。

時々、子供がアルペジオの練習曲を弾いていると『私にも教えて欲しいなぁ』と悲しく思う時もあった。
オケの曲でも弾けない部分があると、ここを教えてもらいたなぁと思ったり。。

先生はきっと、子供のレッスン見て自分で練習しなさい、ということなんでしょうね。。

それが、先週のひっさびさのビオラのレッスンの時に、私が『違う曲、それも明るい曲をやりたい』、、と言っていたら。。。

なんと

シューベルト アルペジオーネ ソナタ イ短調 ビオラ版

の楽譜を出して、これどう?って。。

是非やりたい!って答えました。

その時は嬉しくて、やったー!って思ったけど、家に帰って楽譜見て、弾いて驚いた。

これ3年で終わるかしら。。。。
2006年02月08日

サードポジション

年末あたりからサードポジションの練習に入っている。

ポジションチェンジは良いのだが、その後の音階がうまく取れない。
さらに、仕事が非常に忙しく練習時間が一時期取れなかったために、殆どさわらずに次のレッスンに行く事もあった。

そうこうするうちに、完全に子供達のレッスンの時間が98%で私のレッスンは2%という配分になってしまった。
CからA線まで簡単に音階やってサードポジションの短い曲をやって以上おしまい。

色々な曲を私も弾きたいし、もう少し色々な弾き方を教えてもらいたいなぁ。

2005年09月22日

ビブラート(9/21)

昨日は2週間ぶりのレッスンだった。

今はビブラートと格闘中。
曲は子供がバイオリンのレッスンで使っている
”新しいバイオリン教本2”のNo.8「五月のうた」を5度下げて。

私のビブラートは、なんだか宇宙船の中の
”ウ〜ワァン、ウ〜ワァン・・・”という非常ブザーのような音だ。

先生は、今は指を軸に腕をバイオリンと平行に前後しなさい、と言うけど、そんな動きはかなり難しい。

単音でうまくかけられても、曲になると『オエェ〜(+o+)』みたいなる。

でも先生は褒め上手だ。
うん、きれいにかかってるよ。って。

先生は頭痛や吐き気はしないのだろうか。

それと同じ教本からNo.36「マジャールの踊り」を5度下げたもの。
これは曲も好きで、とても楽しく弾ける。

今までどの曲も”ゆっくり、あわてず”、と言われ続けていたが、
今回の宿題は『早く弾いて来る』

やった〜!少しは上達したのかな。
2005年08月16日

捨てられた(涙)

今日は子供のバイオリンの日だった。
当初私がビオラを習っていたが、先生の人柄と音楽性に魅かれ子供も教えて頂けるようにお願いした。

子供は兄弟のグループレッスン、そして親も習っているという事で、お月謝は破格値にして頂いている。
でも先生は力を抜くこともしないし、兄弟平等に教えてくれる。

しかし最近、すんなり形が出来る兄と力がガチガチに入る弟との間に差が出来てしまい、兄の待ち時間が長くなり、弟にかかる時間も中途半端になっていた。

グループレッスンは難しいなぁと思ううちに、今日先生から兄弟を別々にレッスンしたいという要望があった。

別々のレッスンで構わないけれどお月謝の問題がある。
恐る恐る、時間を延長するのは構わないけれどお月謝は。。。それによって、今まで通りで構わないと言ってみた。

先生は長考の末、
『じゃ、お母さんのビオラは形も出来てるし音も取れているから、お母さんは行き詰ったら来ることにしよう!』

えぇぇぇぇぇっ!!!!
私がメインで子供はおつまみで習っているのに?!と先生に言うと、
『お母さんよりこれから成長する子供よ(*^_^*)』とあっさり言われてしまった。

先生、私ビブラートしかまだ進んでないですよ。
サードポジションまで行ってないですよ。

それを見捨てるなんて。。。
でも、お月謝これ以上払えないし。。

今日はとてもショックな日でした。
2005年07月22日

3rdポジション

毎回レッスンが終わる時に、次のレッスン内容を決める。

先生は、必ず『3rdポジションかなぁぁ、、、』と迷って結局『まだ早いなぁ』と言って、前にやって丸をもらった曲をもう一度やったりする。

今回は『そろそろ3rdポジションかな』と言っていたので、ワクワクしていたら、『ビブラートもっとしっかりやろっか』。。。

残念。。。
ヴィオラを始めて丸3ヶ月経過。
2005年06月30日

小指

私の小指は短くて薬指側に曲がっている。
大して今まで気にしていなかったが、ビオラを弾くにあたって、
大きなネックになっている。
届かなくて正確な音が取れない。
長い指と大きくて沢山開く手が欲しいなぁ。