2013年02月09日

『星々の舟』(村山 由佳)に驚いた



Twitterで「良い本」って見かけて、内容を知らずに久しぶりに買った本。
一気に読んだ!

感想。。
私の生涯の心の友、福永武彦の「忘却の河」に非常に酷似していて驚いた。

味付けは変われど、ストーリーの骨格が「忘却の河」と一緒。
あまりに内容が酷似していても、問題になってないのが不思議。
直木賞も取ったらしい。

慰安婦の描写についても、ああも<かの国>寄りに書いていいものなのか。

久々の読書で、がっかり度&驚き度500%だった。

興味ある方は一度両方読んでみてください。

私の心の友



2010年08月24日

墜落遺体

日航機ジャンボの墜落から25年。
ちょうど長女の生まれた夏だった。
その時は専業主婦で、1日朝からワイドショーを見ていた気がする。

その時の衝撃はもちろんよく覚えている。
ただ今年はようやく子供達も理解できる年になったせいか、改めて事故について思いを馳せた。
25年というキリの良い年の割には、ニュースで慰霊登山が出るくらいで、事故の特集などはなかった。

ネットで調べると色々な本が出ていた。

そのひとつ墜落遺体を呼んだ。

遺体確認のための検死の記録だけれど、検死に当たった方々の遺体に尊厳をもって接する姿に改めて事故の悲惨さを思った。

本の中に書かれている、外国人の犠牲者のご家族のように『魂は神に召されたので遺体は必要ない』、、と言う考えなら、日本人の遺体に対する執着がなければ、もっと簡単に済んだのだろうと思うと検死の方々の日本ならではのご苦労に改めてその重要さを思った。

とはいえ、私も遺族になったら、せめて遺体の一部だけでもいいから戻って来てほしい、と絶対に思う。
遺体は大事だ。

墜落現場 遺された人たち (講談社プラスアルファ文庫)
墜落現場 遺された人たち (講談社プラスアルファ文庫)飯塚 訓

おすすめ平均
stars上野村の村民に敬服します。
stars深く考えさせられる一冊
stars良質かつ丹念な後日譚記録集
stars多くの犠牲と無償の愛
stars時間の流れを感じた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2008年03月11日

ケイト・ブッシュがライラの冒険の主題歌

昨日ライラの冒険を家族で見に行った。

映画の話はまた別として、、、

エンディング。。。
♪〜歌が流れて来た。。。

これは、ケイト・ブッシュの曲調にすごく似ている。。

で、エンドロールの最後に

・・・・・Kate Bush

と。

やっぱりだ!私やっぱり真のケイト・ブッシュファンなんだ!
ケイトの曲はわかっちゃうんだ!
で、歌ってるのは誰だろう。。

と、思ったら

12年ぶりに発表されたアルバム『エアリアル』(2005年)に続く、ケイト・ブッシュの新曲が12月にリリース! 話題の映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤(原題:The Golden Compass)』のために書き下ろしたナンバーが発表されます。
(CDジャーナル)

いや〜ん、歌もケイトだったのね。。。
声が低くなっててわからなかったわ。。

実はエアリアル買ったんだけど、いまひとつであまり聞いてなかった。
だから声質が変ったのに気付かなかったのかも。。

しかし、ファン歴30年の私は真のファンではないのか?・・・
2007年09月27日

BE-PAL 10月号

BE-PAL (ビーパル) 2007年 10月号 [雑誌]
BE-PAL (ビーパル) 2007年 10月号 [雑誌]


新聞の広告欄で見て、買いたくなった。
【今しかできない鉄道旅】

旧型ロマンスカーや旧型レッドアロー号
まだ別の鉄道会社で現役!なんてビックリ!

いいなぁ、鉄道の旅。
お金と時間があればやってみたい。

子供が小学生のうちしか一緒に行けない。
ミニバスなんてやってる場合じゃないんじゃないの?
とまた疑問符が頭に浮かぶ。。。

でもこのBE-PAL、鉄道旅以外の記事も遊び心満載の記事が沢山あって、とても面白かった。

エクストリーム・アイロニング
キャンプでレンタル布団
(キャンプ場ふっかふかの羽根布団をレンタルしてテントで優雅に寝る)
鉄ちゃんならぬ”郵ちゃん”の風景印

などなど

BE-PALアウトドアのノウハウ本じゃなかったっけ?
でも、これは買って良かった雑誌でした。

エクストリームアイロニング

今月のBE-PALを読んだ。

その中にエクストリームアイロニングの記事があった。

それを読んで感動した。

【遊び心いっぱいの、究極のスポーツなんだろう!】

って。

しっかし、1人だけかと思ったらちゃんとイギリスが発祥で、メンバーも世界各地にいるらしい。

面白いなぁ。。

でも滝の中でのアイロンはアイロンは壊れないの?
エアリアルアイロニングなんて、アイロンがシャツに触れるのって一瞬だけじゃないの?

な〜んてヤボな質問はダメかしら。。

公式HPに写真が載っていました。
さらに色んな場所でのアイロニングがあって、オモスゴ(面白い+スゴイ?)でした(*^_^*)。

エクストリームアイロニング/Phto
(http://www.exironingjapan.com/photo/index.html)
2007年09月04日

ホームレス中学生


ちょっと前のYahoo!のニュースを読むまでは、麒麟の田村君を知りませんでした。今も”田村君”という名前しか知りません。

ニュースを読んで驚いたというか、感動したというか。。。

『これからはおのおのに頑張って生きてください。…解散』
彼が中学生の時にお父さんがそう言ったそうです。

とても強烈でした。

その後お父さんとは1回だけすれ違ったそうです。それが最後だそうです。

家族が”解散”した後はしばらく公園で1人で、その後は兄弟だけで暮らしたそうです。

田村裕 『ウィキペディア(Wikipedia)』を読んでもっと興味を持ちました。

今日は会社帰りにこれを買います。

ホームレス中学生
ホームレス中学生麒麟・田村裕

ワニブックス 2007-08-31
売り上げランキング : 7

おすすめ平均 star
star貧乏ネタは漫才だけにしろ
starウソでも捏造でもなかった貧乏ネタの事実
star感動的な一冊です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2007年08月08日

『旅人・中田ヒデ』

私は雑誌の見出しを読むのが大好きだ。

電車通学していたころはもちろん、新聞にある雑誌の広告の見出しを見てはあれやこれや思う。

最近は朝青龍にまつわるアレコレ。

特に面白かったのは

『旅人・中田ヒデさえいなければ・・・』角界恨み節

中田ヒデは旅人だったの?

2007年04月12日

雑誌ネット

新聞好きな私。

新聞も好きだけど、雑誌の見出し公告も好き。
衝撃的な?見出しに、あれやこれや想像して楽しんでいる。

めったに乗らない電車だけど、ドア付近中央の天井から下がっている、いわゆる中吊り公告なんて、ぜーんぶ読んでまわりたいぐらい。

そうしたら、最近見つけた雑誌ネット。

zassi_index.JPG

各雑誌の目次はあるは、中吊り公告はあるは、立ち読みページはあるは、雑誌好きにはたまりません(*^_^*)。

中味

【発売コール】という、発売日を逃さないようにメールで配信してくれるサービスもある。

ちょっとやみつきになりそう。。

2006年12月15日

地下鉄(メトロ)に乗って

地下鉄(メトロ)に乗って
地下鉄(メトロ)に乗って浅田 次郎

講談社 1999-12
売り上げランキング : 698

おすすめ平均 star
star親子愛の素晴らしさ
star砂埃に霞む時代。
star上手いタイトルだな

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『地下鉄(メトロ)に乗って』の映画の紹介を何かで目にしました。
その内容にとても惹かれました。

邦画は好きでは無いので観ません。
で、久々に本を買って読みました。
すっごく良かったです。

私は、昭和の地下鉄の雰囲気を覚えています。
ですから、情景が浮かび、感情移入がすごく出来ました。

駅と駅の間に電気が消えて一瞬真っ暗になる銀座線、
通路のすえた臭いと浮浪者、地上に上がると傷痍軍人のアコー
ディオン。。。

今では昔の事など何もなかったような通路から、
主人公の過去へ通じる出口(入り口)に入りこむ。

そこで、冷血だった父の過去、兄の自殺への足取りと理由、
そして恋人の秘密に遭遇します。

父の少年〜青年時代と、主人公の物心がついた時の父の変貌
ぶりにはちょっと理解しきれない部分もありましたが、
戦争〜戦後への激動を生き抜くとそうなってしまうのだろうか、
と思ったりします。
2005年12月05日

メッセージ・イン・アボトル



ニコラス スパークス, Nicholas Sparks, 大野 晶子 / ソニーマガジンズ(1998/12)
Amazonランキング:263,377位
Amazonおすすめ度:
読みやすいラブストーリー
Eternal love
泣けました



『きみに読む物語』を読んだ後、なぜか我が家の本棚にニコラス・スパークスのこの本を発見!
しかし、なぜ我が家にあるか全くなぞだ。
自分で買って、忘れたか。誰かに借りて、そのままか?


よく出来たストーリーだし、大体その恋の流れも大体予想はついたけど、最後はえ?そういう結末?とちょっと驚きました。
電車で読んでいたので、泣いちゃいそうになりました。


なんで、こんなに穏やかにこの人の本を読めるか。。。
それは訳者のあとがきに『善良な人ばかりで、悪い人が全く出てこない』とあり、その通りだと思いました。
長いけど、すんなり読める、素敵な本でした。
2005年11月16日

出したらしまえない人へ

私ははっきり言って整理、片付け下手です。
そして捨てられません。
家の中が散らかってます。


荒井 有里 / 主婦の友インフォス情報社(2004/07)
Amazonおすすめ度:
痛快です!もっと読みたい!
実用書でこんなにおもしろい本は初めて!
収納術の本ではないようです。

第1章 収納名人がすすめる収納法をまねると、片づかないばかりかかえって不便
第2章 あなたは「片づけられない」のではなく、「収納に振り回されている」に過ぎません
第3章 まわりの人をよく見てください。整理・分類にうるさい人に仕事ができる人がいますか
第4章 しまわないですむ収納法。もう収納スペースも片づけの手間もいりません。

今まで収納の本を買ったりインテリアの本を買いましたが、何も変わらずです。

必要な、よく使うものがワンアクションで取れる方が、少々散らかっていてもストレスは少ないです。
私の会社の机の上も相当なものです。それも大きな事務机を二つ使っているにも関わらずです。

しかし、母が来ると、散らかってるわね〜。。。

でも、この本を読んで、こーいう考えもあるんだと思って安心しました。
ただねぇ、私の場合、やっぱり捨てられない物が多すぎるんだ。。その前に捨てなきゃ。

2005年09月20日

脊梁/松本清張

かなり前、20年近く前かもしれない。

ある2時間もののサスペンスドラマを見て、そのどんでん返しと人間の心理が印象深く、
未だに、そのドラマを断片的に覚えている。

ずっと原作を読んでみたいと思っていたが、題名はわからなかった。
わかるのは、作者は松本清張ということ。

『ゆきむすめ』に続き、ネットでその題名を探し出した。

『脊梁』という題名の短編で、文春文庫の『ベイルート情報』という本に納められていた。

『ベイルート情報』は廃刊になっていて、楽天フリマで購入した。

読んだ感想は、殺人事件が起こり犯人が逮捕され、アリバイを握る恋人の周辺と、その後の長年の弁護活動と裁判とが、淡々と綴られていて、ドラマで見た劇的な内容ではなく、あっさりしていてちょっとがっかりした。

ドラマは、清水健太郎と池上季実子が主演の恋人役。
池上季実子が、恋人の清水健太郎の家に泊まった晩に、近所で殺人事件が起きた。

清水健太郎が犯人とされ、逮捕された。
しかし、裁判を続けても一緒に夜を過ごした池上季実子のアリバイ証言があり、どうしても有罪にならなかった。

しかし、池上季実子にはどうしても気になる点が一つあった。
清水健太郎の家に入る前に下駄を揃えておいたのに、朝起きると脱ぎ散らかしてあった事。
問うと、清水健太郎は夜中にトイレに行ったと言った。
彼女はそれを信じ、『彼とずっと朝まで居た』と言い続けていた。

長い裁判の間、池上季実子は清水健太郎を忘れずに面会に通った。
結局最高裁まで争う事になったが、結局池上季実子の証言がありアリバイが崩れず、清水健太郎は無罪がほぼ確定しようとしていた。

裁判を控えたある日、いつものように池上季実子が面会に行くと、清水健太郎との面会を終えた見知らぬ若い女性とすれ違った。

面会を終えた池上季実子に、刑事は皮肉な笑いを浮かべて囁いた。

『池上季実子さんも気の毒ですね。さっきすれ違った女性は、清水健太郎さんの無罪を支援している方で、無罪が確定したら結婚する約束をされているそうですよ。あなたは利用されているんですよ。』

最後の裁判で、池上季実子は証言を再度確認された。
いつものように『一緒に居た』と証言するであろうと、誰もが思っていた。

ところが、
『実は、私は隠してました。朝起きると、そろえたはずの履物が脱ぎ散らかされていたのです。』と池上季実子。
『なぜだー!』と叫ぶ清水健太郎。

結局、清水健太郎は死刑となった。

それから数年後、1人で生きて行く池上季実子は保険レディになって、新興住宅地をセールスに歩いていた。
ある大きなお宅のチャイムを押すと、その家から出てきたのは、清水健太郎の面会ですれ違った女性。

お互いに驚き、家に招き入れられた池上季実子に彼女は、
『池上季実子さん、どうしてあの時、証言を翻したのですか?
清水健太郎さんは、無罪が確定したらあなたと結婚するんだ、と嬉しそうに言っていましたよ。』

結局、彼女は単なる支援者で文通相手だった。
池上季実子は刑事にまんまと引っ掛けられたのだった。

夏の暑い日、ゆらゆらとしたかげろうの中、池上季実子が呆然と歩くシーンで終わっていた。

このドラマは犯人が誰かは結局断定しなかった。
重要なのは池上季実子の証言で、清水健太郎の死刑が確定した事。
それは、小説も同じだった。

池上季実子の証言がこの事件の『脊梁』(背骨・脊柱)ということだ。

ドラマと小説の違いは、その後の支援者との再会部分。小説には無かった。
でも、この部分があったからこそ、より池上季実子の衝撃が伝わり、とても印象に残っているのだと思う。

もう一度、見てみたいドラマだ。
2005年08月15日

対岸の彼女/角田光代

『ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも、ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと出会うことのほうが、うんと大事』

『今みんながあたしについて言っていることは、あたしの問題じゃなくあの人たちの抱えている問題。あたしの持つべき荷物じゃない。人の抱えている問題を肩代わりしていっしょに悩んでやれるほど、あたし寛大じゃないよ』

対岸の彼女
角田 光代
4163235108久々に長時間電車に乗ることがあり、本を読んだ。
たまたま古本屋に行った時にこの本があった。
記憶の片隅にこの本が賞を取ったこと、作者が受賞が嬉しくて思わず亡くなった母親の携帯に電話してしまった、というエピソードを思い出し、手に取ると読みやすそうだったので買った。

文章はとても読みやすかった。往復3時間余りで読み終えられた。
女性にありがちな、集団での噂話、仲間はずれ、いじめ、に心を揺らがせていた二人の女性が出会いとそれからの心の揺れが描かれていた。

自分が映し出される我が子に対する不安
女性の集団の心理に心をすり減らす毎日
主婦が働くという事に対する夫や姑の反応
働くという事に対する、自分の心のゆらぎ
事件の報道の裏に隠された真実
そして、思春期のみずみずしいやり取り。

私は女子校育ちなので、女性の心理に敏感で、時に敏感すぎて困る。
相手のちょっとした言動が、とても気になる。
人は好きだし友人は必要で大切だ。でも、一緒に行動するのは苦手だ。
相手の気持ちを察するように生きてきたので、相手の気持ちを優先してしまうから。

最近は職場に女性は私だけだし、友人と会う機会もそうはない。
この本は、私のほの暗い闇を久々に照らした。
2005年08月03日

AERA8/8号バツイチ子連れ結婚「幸せ実例集」

バツイチ子連れ結婚「幸せ実例集」

これは、バツイチ子連れ家族の我が家に取って"いまさら〜"のような感じで、『世の中はこう分析してるんだぁ』とまたまた興味深く読んだ。

手元に無いので、ちょっと違っているかも知れないけれど、、

成功の理由の1つに『望まれた結婚』だからとあった。
これは子連れバツイチの女性から男性が望まれて結婚するので、男性が求められて結婚したという事が居心地よいということらしい。

今は離婚したとかバツイチ子連れだとかが特別な状況では無くなってきて、自然に受け入れられる状況になって来たと書いてあった記憶がある。(間違っていたり解釈ミスだったらごめんなさい)

我が家の場合はどうなんだろう。
私はとにかく夫が好きだった。夫が子供好きな事もわかっていた。私の子供達を特に大事にしてくれていた。
子供も彼を友達のように思っていたと思う。
夫は自分の母親の愛情が足りないのを幼い頃からずっと不満に思っていた。それが当時は何でもやってくれた年上の私が心地良かったんだと思う。
また共通の音楽やスキーでも私の方が知識も経験も多くて、彼の世界が広がったはずだと思う。

そんなこんなで再婚して、下のチビ達が生まれたけれど今はとりあえず上手くいっている方だと思う。
うちの夫は気まぐれで気難しい部分もあって、時々辛らつだったり、意地悪だったりすることを上の娘達にズケズケ言う。
実の娘じゃないのに、そこまで言ったら気の毒と思って、娘をかばうとヘソを曲げる。
『勝手に母子で仲良くしてればいいじゃないか!』と。

アホ娘がアホやマヌケな事をしてばかりいるので、夫と娘達の間に入ってフォローしたり。
反対に私が娘達に怒りすぎて、夫に止められたりと。

でもそれは、時々のことで、大概は上手く行っている方だと思う。
うちは夫が洗濯物を干す役目で、干しながら『この勝負ブラは誰のだ〜(*^_^*)』などと言って、アホ娘達は大爆笑してる。
私が実の父親にそんな事言われたりしたら、殺意を抱いただろう。

この娘達だったからこそ上手くやって行けている理由のひとつだと思う。
この夫だったからこそ、上手くやって行けている理由のひとつだと思う。

何はともあれ、他人と生活して上手くやっていけてる夫と娘達に感謝しています。

面白いのは、下のチビたちが上の娘達の存在をどう思っていたかについて。
娘達は前の夫の所に定期的に帰っているし、食事の時に前の夫の話題も自然に出る。
だから息子達は物心ついた当初は、姉では無いと思っていたらしい。
『長女ちゃんと、次女ちゃんのお母さんは誰?』とか、『うちは4人家族』と言ってみたり(じゃ、娘達は居候?)などと珍質問をしてきた。

最近は『離婚』という言葉の持つ、暗い影の事は理解していないけれど、私は前に娘達のお父さんと結婚して次に自分の父親と結婚したという事実は覚えた。
離婚という言葉の暗い意味を知った時、どう思うのだろうか。と、ふと思う。

我が家の子供達の年齢を不思議に思って、表情に出る人が沢山いるので、私はバツイチだから子育て2クール目なのよぉ、と言うと、皆は一様に驚く。驚く理由はバツイチをいとも簡単にカミングアウトするから。

私には離婚した事も人生の流れで自然な事だったから、バツイチも人生の一部。
どこの高校だったの?○○高校よ!の感覚に近いものがある。






AERA8/8号「おひとりさま隠し」の女性たち

『「おひとりさま隠し」の女性たち』

”おひとりさま”が市民権を得た今日この頃に、”おひとりさま”を恥ずかしいと思う女性達について書いてあった。

1人で食べるプリンを2個買う。
1人で食べる宅配ピザのサイズを大き目に注文して、配達の時には玄関に必要以上の靴を出しておいて、1人じゃないように見せる。
1人で外食するのが嫌、『おひとりさま』で食事をしている女性を気の毒に思う。等々。。

こういう人達は、人と付き合うのが上手で、人が好きなんだろうなぁと思う。

性格の悪い私は、人に合わせるのがなかなか難しい。
人といると気を使って疲れる。
人のちょっとした言葉の端々に敏感に反応する。
やりたいと思ったら、すぐやりたい。
人のテンポに合わせるとストレスになる。

よっぽど『おひとりさま』の方が気が楽な選択だと思うんだけどな。
特に映画やコンサートは1人で行きたい。人と行くと気が散るから。

ところで、『おひとりさま』という言葉は登録商標語だそうだ。
おひとりさま向上委員会のHPに
『登録商標用語です。無断使用、類似表記は固くお断りしております。雑誌、テレビなどでお使いになる場合は、お手数ですが必ずご連絡ください。』と記載されている。

登録商標語にする必要ってなんだろう。”おひとりさま”を推奨していた故人の希望なのか。。。

AERA 8/8号

昨日歯医者さんでAERAの8/8号を読んだ。

★「おひとりさま隠し」の女性たち
(何でも一人でやれる女性が「おひとりさま」と尊称される時代だが)
★バツイチ子連れ結婚「幸せ実例集」
★ちょいデブのおかわりモテ 西武・中村に続け
★元カレ元カノは最高の相手
(別れても、いや別れたからこそ相談できる。時には今の幸せ度合いの確認も)

非常に興味のある話題ばかりで、歯医者さんはいつもより混んでいたので、『これはゆっくり読めるぞ!』と張り切っていたのに、あっさりすぐ呼ばれてしまってガッカリ!

それでもお会計の待ちに一気に読んだ。
それぞれの内容についての感想はまた改めて。
2005年07月15日

死を記すノート

読売新聞の1面のシリーズ『家族』に死を記すノートについて書かれていた。
自分の死に際しての希望を書いておくノート。

私たちも近々書く予定にしている。

万が一、夫もしくは私が若くして亡くなったら、姑がしゃしゃり出てくるだろう。
遺体をさっさと夫の実家に運び去り、残された夫or私の意見も気持ちも残したまま、
姑の意志のままに田舎のやり方で、あっという間に終ってしまうだろう。
姑の仕切る中では、私は純粋な悲しみにくれることは出来ないだろう。
遺骨も姑の仕切る中でお墓に入れられてしまうだろう。

そんな事が無いように、どちらか一方が亡くなったら、残された方の意志に沿って葬儀を行う。
万が一、夫が先に亡くなったら私が死ぬまで遺骨は側においておきたい。
万が一、私が先に亡くなったら夫が再婚するまでは遺骨は置いてもらいたい。
再婚するならば、私の実家のお墓に入れてもらうように。。。

それが私たちの夫婦の一致した気持ち。
でもね。。
きっと私が先に死んだら、姑が仕切れば楽だから夫は姑に任せちゃうかも。。
だから、そんな事になったら化けて出てやる〜!