2014年11月12日

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

アザーズを見てからニコール・キッドマンの大ファン。
封切した日に観にいきました!

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札


私が幼い頃、シンデレラのお話のように王様に見初められた女優さん、と聞かされていた。

ずっとそう思っていた。

でもやっぱり悩みがあったんだなー。
国も大変だったんだなー。モナコなんて全然知らなかったから。

自分大好きニコールってどこかに評判があったけど、どアップが多かった気がする。
でもやっぱり美しいし、気品がある。
久々の良い映画でした。
2014年10月20日

アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜

大好きなレイチェル・マクアダムスが出ているということで、
「映画『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』予告編 〜愛おしい時間について〜」を見てきました。



タイムスリップものの恋愛物語と思ってましたが、そんな感じではなかったですね。

人生は結局は自分の力でなんとかすべし、的な感じでした。
でも、あの失言や失敗をやり直せる、あのタイムスリップの力は私も欲しいですね。

Yahoo!映画の評価が4.17と高かったですが、私自身にはそうでもなかったですね。

レイチェル・マクアダムスのタイムスリップものだと、「きみがぼくを見つけた日」の方が全然良かったです。
2011年05月20日

マーラー 君に捧げるアダージオ

大好きなマーラー。
GWに渋谷で映画が公開されると聞いて、息子達と行きたいと思った。

しかし!ヨーロッパ映画は子供に見せられない過激な性描写がよくある。

で、映画館に問い合わせた。

回答は、不倫の話題が主でその辺がお子さんにどうか。性描写は回想シーン等で、そんなでもありません。とのこと。

結局、一人で行ったけど、とんでもない!
あれは子供には見せられません。
アルマの不倫の回想シーンだけど、あそこまで必要かな?と。

映画自体もテーマはケン・ラッセルのとそう変わらない。
今までずっと、ケン・ラッセルのマーラーは前衛的だなぁ、と思っていた。

しかし今回のを見て、ケンラッセルは前衛的シーンもあるけれど、マーラーの生い立ち、兄弟との関わり、宗教、子供、アルマへの愛と束縛、そして音楽。

それがマーラーの苦悩に繋がる事が観ている側にちゃんと伝わってくる。
また仕事小屋のある湖や背景の山々が本当に美しい。

今回の映画でケン・ラッセルが描ききれなかった補足にはなっていると思う。

もし今回の映画でマーラーが酷い束縛男、と思った方。
是非、ケン・ラッセルのマーラーも観てくださいませ
2010年08月24日

私が日本映画に思う事

日航機ジャンボ墜落事故関連でDVDでクライマーズ・ハイも見た。

見終わって、何が言いたいの?っていう気持ちになった。
新聞社内でのあれこれを、センセーショナルな日航機ジャンボ墜落事故にかこつけて見てもらおう、的な感じを受けた。

ドラマ版の方が良かったという声が多いのはこれを見てから知ったけど、そもそも日本映画ってその存在価値がわからない。。

私にとっての日本映画に対する考えは、
小説>TVドラマ TVドラマを見逃した人のための、プラスアルファを付け加えた、そして一気に見れる総集編のような存在のように思える。

クライマーズ・ハイ [DVD]
クライマーズ・ハイ [DVD]
おすすめ平均
starsちょっと観点が違ってました。
starsメディアリテラシーと人の生死
starsいい空気感 キャスティングもよい
stars記者にとって、「正義」とは何か?
stars「悔しい」作品でした

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年02月04日

Dr.パルナサスの鏡

モンティパイソンのメンバーのテリー・ギリアムが監督したDr.パルナサスの鏡を見に行った。

前回のグリム兄弟よりモンティパイソンの匂いがプンプン漂う内容だった。

特にロシアマフィアが鏡の中の世界にいるときの警官のダンスや、間違った選択をした時に建物ごとの爆破などなど、往年のモンティパイソンの手法が散りばめられて、とても楽しめた。

ちょっと理解できなかった部分もあったけど、他の監督が絶対に作りえない映像と内容でとても楽しめた。

ところでなんでPG12なんだったのだろう?
子供の夢を奪う内容だったからかな???
昔はモンティパイソンのもっときっつい内容のコントをテレビで(それもNHKまでもが)やってたのにね〜。

ところでスッキリしないのだけど、鏡の中の世界で死んでしまうと現実にも戻れなくなってしまうのかな??
2008年09月17日

最後の初恋(ダイアン・レイン)

おくりびとを観にいったら、映画館に近々上映予定のポスターがあった。

ダイアン・レインだ!

私はダイアン・レインの作品は殆ど観てない。
でも唯一観た「ストリート・オブ・ファイヤー」は私の中では今でも思い出に残る映画だ。

それにきみに読む物語メッセージ・イン・ア・ボトルの原作者と一緒というのも魅かれる。

ただし、この人の『奇跡を信じて』も読んだけど、どの本も短絡すぎて食傷気味。。だからストーリーはもう期待できないかな?

でもやっぱりダイアン・レインに魅かれるので、観に行こうと思う。

おくりびと

おくりびとを観にいった。

本当は小学生の息子とうちの留学生とで行くつもりだった。

だけど、調べると広末涼子とモックンのきわどいシーンがあるとかで断念した。

でも前売り券を買ってしまっていたので、オットと観にいった。

朝1番の回で30分前に映画館に着いた。
でもすでにチケット売り場は長蛇の列。
それも、あきらかに高年齢層ばかりだ。。。

いつもはガラガラの館内も殆ど満席だった。

感想。。。
やっぱり【あの】シーンはいらないなぁと。あれがなければ子供にも見せられたのに。
でもあの少ない配役で、よくもあれだけの話をまとめたなぁと。。
うまい話の運びだった。
2時間飽きさせなかったし、モックンもカッコよかったし。。

でも深みが足りないなぁ。
なんだろう。見終わった後、心に残るものが無い。
モックンとお父さんの関係を軸にしていたけれど、それよりはモックン自身の内面の贖罪と葛藤なんかの題材の方が見終わった後の感動が大きいんじゃないかと。。

お父さん、というところで演歌じみて、すでに大衆向けで万人向けということでしょうね。

そうそう、広末涼子。。彼女が女優をしているのを初めて見ましたが、嬉しい時も感動した時も悲しい時も、いっつも同じ笑みに終始していましたねぇ。
あれで全てを演じきってしまうのは、ある意味すごいというべきか、何というべきか。。



とっても残念なのが、予告。
邦画の予告ばかりで、ガッカリしました。。。
2008年03月11日

ライラの冒険

昨日、家族で見に行きました。

先に感想を。

とても楽しめました。

本を読んだ後、映画を見てガッカリする事が多いですが、これは本とは別物と、自分の中ですっきり片付けられました。
原作をずっと読んでいて、登場人物の多さと場面の多さにどう対応するのか、と気になっていた。

映画が始まって、ニコール・キッドマンいつ見ても美しいなぁと。

内容は、
あら〜、展開の早いこと早いこと。。
で、そのつじつま合わせに物語がちょくちょく変えられていた。
ま、その辺はよくあることだし、その方が映画しか見ていない人には自然に思える筋になっているから別に気にはならなかった。

ただね、子供にはちょっと難解な部分があったかな。
コールタール夫人がライラに自分が母親だと告白も、遠まわしすぎて二男には??みたいだった。

教権とかオーソリティーって何?みたいな。
私だって?よ。。
漢字も結構難しかった。
(我が家は字幕版しか見ません。わからない漢字はストーリーから想像するのよ、と言ってあります。)

どうもこの3部作を読むと教権=キリスト教みたいに思えるんだけど、、、
で、その教権に対してアスリエル卿が戦いを挑んでいるように思える。

ライフ・オブ・ブライアンのように直接的じゃないから許されるのかな?
2008年03月03日

祝DVD☆ライフ・オブ・ブライアン日本語版

モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン 完全版
B001493F1Cジョン・クリーズ(納谷吾郎) エリック・アイドル(広川太一郎) テリー・ギリアム(古川登志夫)

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2008-05-21
売り上げランキング : 121

おすすめ平均star
starいいノカナ?
starえーと・・・マジ?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんと
『ライフ・オブ・ブライアン』完全版DVD(日本語版)
が5月に発売されるそうです。

おおっ!って感じです。

我が家にはその昔、市販のVHSビデオが高額商品だった頃のビデオがあります。
なんと、お値段16,500円\(◎o◎)/

今じゃ信じられないで金額でしょ?
極貧の(前回の)新婚生活時代(^_^;)に、自分のお誕生日祝いに家計から買いました。

それが20年年近く何度も何度も見ていて色あせちゃいました。

だからLDをオークションで落としたんですが、、これも色が悪かったです。。

もう、私『ライフ・オブ・ブライアン』好きなんです。
今の時代にも通用するシーンばっかりなんです。

ブライアンが捕まって、すぐに助けなきゃいけないのに『じゃ、どうやって助けるかこれから会議しよう』なーんてね。

これは買ったら是非息子たちとも見たいと思います。

早速予約します。
2008年02月06日

ライラの冒険

今一番楽しみにしているのがライラの冒険。

おまけのストラップ欲しさに、もうすでに前売鑑賞券を買った。

でも3月1日は1000円の日なんですって〜。

行ける人はその日に行った方が良いよね。

ニコール・キッドマンの美しさにまた魅了されるんだろうな。

本は2部まで読んだけど、あまりに世界を行き来したりするし、登場人物も多いので、私には1回読んだだけじゃ理解が難しい。


2008年02月04日

テラビシアにかける橋

昨日、家族4人でテラビシアにかける橋を見ました。

ウォーターホースと迷いましたが、Yahoo!映画等でとても良い評判だったので、テラビシアの方にしました。

日曜日の夕方なのに、その映画には20人ほどしかいませんでした。
家族4人で5600円、高いのか安いのか。

でも子供が主体の良質の映画でした。

アメリカの学校の様子ってこんなんなんだなぁと。
やっぱりイジメもあるのね。

生活の厳しい家族の中での主人公の少年の閉塞感。
妹ばかりが父親に可愛がられているような気持ち。

転校生の少女と知り合ってからの生き生きとした表情。
転校生の少女の自分を信じる気持ちと行動。
突然の悲劇。

すごくよく描けてました。

うちの長男は涙をふいてました。
それだけでも見に行ってよかったと思います。

私とすれば、エンディング納得いかないなぁ。
何で急に妹が王女様で良いのかしら。。

でもアメリカの音楽の授業楽しそうだった。
2007年07月30日

【ピアノの森】

『ピアノの森』を観に行きました。
長男、二男、オットと私。そして、息子の友達の3姉妹と。

つくばでさえ上映していなく、最近できた守谷ロックシティまで行きました。

水曜日の1回目の上映でしたが、私達以外は10人程度しか入っていませんでした。。。
人気はポケモンだそうです。。

私はアニメはかなり苦手なのですが、『ピアノの森』は結構良かったです。

凝ったCGもなく、淡々とストリーは流れていきますが、音楽も映像もとても美しかったです。
そしてそれぞれが音楽を、小学生なりに愛する姿がとてもよかったです。

『音楽は、技術ではなく心で』内容のコンセプトが子供達に伝わってくれたらなぁと思いました。

アニメではなく、実写版でも良かったのでは?と思います。

でもねぇ、、一所懸命練習してきた修平より、阿字野先生は生まれ持った才能のある海を認めて、海外へ、というのは、やっぱり努力より才能なの?と悲しく思うのでした。

でも、実際の連載はまだ続いているようなので、天才でも練習が必要とかでちょっとした挫折を味わうとかあるんでしょうかね。。

ところで、個人的には宮迫は大嫌いなので、阿字野先生は違う方に声をやってもらいたかったですねぇ。
暗くて平坦なセリフ回しで、何で宮迫を選んだのっ(怒)?!とムカムカしました。
2007年07月18日

映画を子供と観る時に

洋画が大好きな私。

でも、完璧な子供向けでない映画を子供と観る前に必ず映画館に電話します。
『子供に見せられないラブシーンはありますか?』

意外に映画館のスタッフって映画を観てない人が多いんですよね。
『観てないですが、R指定じゃないので大丈夫です』って。

う〜ん、R指定じゃないから大丈夫っていうけど、海外の映画ってキスが挨拶でしょ?どの程度のキスなのか、って判断あるのかなぁ。。と思っていたら、はてなのサイトでの【R指定】には、『主に暴力表現や性的な表現に対して行われる区分だが、一般に日本のレイティングは欧米にくらべてゆるい基準で運用されている。』とある。

でしょ、でしょ!

だってね、ダイ・ハード4.0観に行く前も2つの映画館に確認しました。
定番の『R指定じゃないから大丈夫』との回答でした。

で、嫌な予感どおり、、
冒頭にマクレーン刑事の娘さんとボーイフレンドの車内でのディープキスと彼氏が『いいだろぉ』なんて、胸をさわるシーンがありました。

子供には映画館に入る前、私の合図があったら”耳をふさぎ目をつぶる”という約束にしていたのですが、これは合図を送るべきかどうか迷っているうちに、マクレーン刑事が突入!してそれで終わりました。

映画で暴力や性的なきわどいシーンがあるか明記してくれるサイトがあればいいなぁと思います。

でも”きわどい”って個人個人で判断基準が違いますけどね。
良い映画があるけど、その辺の判断で見せられない映画があって残念です。

ダイ・ハード4.0

先日、ミニバスの練習の合間をぬってダイ・ハード4.0を観にいった。

オット、長男、二男、そして運動神経の良い体験君と私。

映画のサイトでどこでも評判が良かったので楽しみに行きました。
結果、、、オット&子供達は大喜び。面白かった!とのことでした。
でも、子供達はサイバーテロについてはどこまで理解したのかな。。

私は”安心して観られる映画”でした。
だって、主人公絶対に死なないってわかってるんだもん。
これ、一般市民巻き込んでない?っていう、有り得ないシーンもあって、超娯楽映画だなぁと思いました。

こどもにあわせて吹替え版を観たのですが、、、
なんでしょ、あの吹替え。
活舌悪くて、聞き取りにくい。
最初から最後まで酔っ払ってるの?って感じでした。
子供達もきっと聞き取れなかったでしょうね。

声優さんは、なんと『野沢那智』!
う〜ん、パックインミュージックで大好きだったのに〜。
年取って活舌悪くなったの?
それとも、マクレーン刑事のキャラがそうなの?

でも、1作目はとても良かった思い出があるので、また子供と1作目を借りて来て観たいと思います。

ところで、ダイ・ハード4.0ということは、4.1や4.2の改訂版があるのかしら。。。
2007年06月22日

パイレーツ・オブ・カリビアン

【パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド】

小学生の息子たちと、短大の娘と4人で観に行きました。
6/5(火)の17時40分の回でしたが、半分位の入りでした。

さて、映画がはじまって、、、『え?なんで?、え?どうして?』の連続。

1歩あるいたら全て忘れる私には、『前作、前々作の予習が必要!』と気付いた時にはすでに遅し。

子供達は前作もちゃーんと覚えていたようで、終わった後になんで?どうして?と聞くと、しっかりこたえて、若い人の記憶はすばらしい!と思いました。

でもね、なんだか戦いのシーンも長かったし、酷い殺し方のシーンもあって、今までの”安心して子どもに観させられて、一緒に楽しめる”っていうのとはちょっと違ったかな。

ウィルがエリザベスの太ももにキスをするのも、親はドギマギしました。
もっとも、小学生の子供達は別に何とも思わなかったかも知れませんが。

それと、内容的にも心理的な部分もあって、子どもには難しかったみたいです。

私達が観た回の次は21時〜。
満員です。。と係員が叫んでました。
2006年12月25日

エラゴン

先週、子供と3人でエラゴンを観に行きました。

普通の少年がドラゴンライダーになるまでの悲しみ、悩み、そして成長と冒険が描かれていて、子供たちは『また見たい!』と大満足だったようです。

エラゴン達の住む村がそのような状況になった経緯がオープニングで簡単に解説されるなど、それからのストーリーに大事な部分が、主に会話の中で足早に説明されていて、子供たちには深い部分までは読み取れなかったと思います。

それでも、家族や師匠?を失う悲しみや、そして冒険心なんかは共感できたのかな?と思います。
そして何より、ドラゴンが良かったのかな。
やっぱり”子供映画には動物!”が定番だけど、動物より獰猛なのにライダーには従順というところが男の子には魅力なのでしょう。

でも、私も?スターウォーズのストーリーに似てる?って思ったら、どこかのサイトでも同じような感想を見つけた。

ま、そんなことは大人なの考えることで、子供たちが純粋に一人の若者の成長を楽しめる映画で良かったと思います。
2006年12月15日

トリスタンとイゾルデ

トリスタンとイゾルデ
http://movies.foxjapan.com/tristanandisolde/(公式サイト)
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id325030/(Yahoo!映画)

久々に観た映画、どうしても観たくて日比谷まで行きました。

いやぁ、日比谷まで行くほどの価値がありました。
時代背景や、イングランドやアイルランドの景色も良かった。
音楽もとても良かった。

主人公の二人もとっても素敵な青年と美しい女性で良かったし、
苦悩するマーク王も良かった。

トリスタンとイゾルデの、運命に逆らえないせつない気持ち、
逆らってしまった時のせつない気持ち、がひしひしと伝わってきました。

トリスタンがイゾルデへの愛に突っ走るのではなく、イゾルデへの情熱を
抑え、ところどころで君主への忠実を守るのが良かったです。
2006年02月23日

フライト・プランとティタム・オニール

先日、近所の映画館に夫と一緒にフライト・プランを見に行った。
最終回で、観客はまたまた夫とふたりだった。

期待しないで行ったけど、面白かった。
あまりサスペンスとかアクションの類は映画館では観ない分楽しめたのかな?

途中で『死んだ現実を忘れたいための妄想』というオチで終わるのかと思った。

Yahoo!映画では”突っ込みどころ満載の映画”とあったけど、私は自然に観られた。

でも、あそこまでするか?!とか、あの飛行機の乗客にはなりなくない!は思った。

でも映画の殆どが飛行機の中でのシーン。
それで1時間30分近く引っ張れるところはすごいなぁと感心した。

ところで、ジョディ・フォスターを久々に見て、彼女と一緒の頃に活躍したティタム・オニールを思い出した。

ジョディ・フォスターは知的女優へ。
ティタム・オニールはジョン・マッケンローと結婚して引退してハッピーな生活をしていると思ってた。

でも、離婚してたのね。。。

Yahoo!映画でティタム・オニールを久々に見たけど、あんなに可愛かったのに。。。と思った。なんか陽気なアメリカのヤングオバサンと言った感じかな。

同年齢の私。きっと昔の私を知る人からも、きっとそう思われているに違いない。
2006年02月08日

ビックリ!

新聞屋さんから地元にある映画館の【平日のみ無料鑑賞券】をよくもらう。

以前『Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?』を平日の21時頃〜の最終回に1人で観にいった。
映画館に着いた時は、前の回が上映されていた。
それが終わって入れ替えになった時、誰も出て来なかった=観客ゼロ
誰も居ないのに映画が上映されたなんて不気味。。

私は席に着いた。予告が終わり映画がはじまった。
がーーん、お客は私だけだわ。。

こ、こわい。。だって薄暗い中に、何か見えそうなんだもん。
一応映画は楽しめたけど、すっごく怖かった。
マジ、怖かった。不快になるお客が一緒の映画も嫌だけど、一人ぼっちも嫌だ!

オリバー・ツイスト

月曜日にオリバー・ツイストをオットと見に行った。
21時30分過ぎからの上映にもかかわらず、お客さんは10人程度いた。

感想は70点ってところかな。。
映像は良かったし良く出来ていた。
でも思った内容では無かったかな。。

てっきりオリバーが孤児ということを数々の障害を、自力で乗り越えて
最後はサクセスかハッピーになるのかと思っていたので。

でも違ってたんだよねぇ。
オリバーが倒れたり、傷ついたりしているうちに状況が好転して
いたり、心ある人に助けられたり。。

うちのオットは見終わった後、『で、オリバーって結局何もしてなかったよね』

心に残ったのはナンシーかな。
期待して行っただけに残念。

予告編で良さそう!と思って観たので、予告編が上手に作ってあるなぁと
反対に感心した。
2005年11月16日

グレイストーク−ターザンの伝説

グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説
クリストファー・ランバート
エドガー・ライス・バロウズ
ヒュー・ハドソン

B000232AV2

1983年の映画ですが、とても良い映画です。
ある若い貴族の夫婦の乗っていた船が座礁し無人島に行き着き、そこで男の子を産むが夫婦は亡くなってしまう。
男の子はゴリラに育てられターザンとなる。

しかし、無人島を訪れた探険家に発見され、両親の遺留品から貴族の孫とわかり、祖父のいるイギリスに連れていかれる。
彼は文明社会に慣れようと一生懸命努力し、その結果彼女も出来る。
しかし、とある博物館の除幕式に参加した彼は、育ての母であるゴリラが剥製になっているのを見て、その悲しみのあまり野性に戻ってしまう。

結局彼は文明社会を去り、故郷の無人島に戻る事を決意し、また、彼女もそこに着いていく。

彼女はあまりにも美しく高貴な雰囲気のままだったので、その後ジェーンになるとはちょっと想像できないが、ターザン役のクリストファー・ランバードはとても良い味を出していた。

特に文明社会に慣れようと努力していたが、慣れ切れず苦悩する部分に共感を覚えた。

また、愛する子供を亡くしたが、孫を発見し、その孫が文明社会や貴族とはかけ離れた状態にもかかわらず孫を愛する祖父の姿もとてもよかった。

切っても切れない自分の運命を感じさせられる、切ない映画です。
私は大好きです。
2005年11月15日

ブラザーズ・グリム

昨晩、オットと映画のブラザーズ・グリムを見にレイトショーに行った。

モンティ・パイソンの仲間で、今までも独特な映画を撮っていたテリー・ギリアムが監督ということで期待大で行った。

チャーリーとチョコレート工場を見に行った時の予告編を見て、てっきり童話を書いたグリム兄弟をギリアム風に撮ったのかと思っていたら。。

断片的にグリム童話らしいところはあったが、全体的にはお話を作ったグリム兄弟ではなかった。

でもギリアム風スケールの大きい空想おとぎ話でとても面白かった。
ところどころかつてのモンテイ・パイソン映画のワンシーンに似た部分もあって、密かに笑えた。

きっと、面白い、面白くないの判定が見た人によって別れる映画なんだろうなぁ。

今回の予告編では、
『ナルニア物語』『オリバー・ツイスト』『ザスーラ』は面白そう。
また子供にかこつけて、映画に行こうともくろむのであった。

2005年09月15日

ハイランダー 悪魔の戦士

私の大好きな映画のひとつが、近々地上波で放映されると今朝の新聞で知った。 (放映と言っても、もう何回も放送されたとは思うけど。。)

*テレビ東京 午後のロードショー*
〜ロックなSF〜

9月20日(火)午後1:30〜
フラッシュ・ゴードン

9月21日(水)午後1:30〜
ハイランダー 悪魔の戦士

この『ハイランダー 悪魔の戦士』について。

この映画をどこで、だれと見たかは全く覚えていないが、大好きだったクイーンが音楽を担当ということで、見たと思う。

多分切っ掛けになったのは、このCDに入っている曲のビデオクリップ。

カインド・オブ・マジック
カインド・オブ・マジック

映画でも使われていたクイーンの『PRINCES OF THE UNIVERSE』のビデオクリップが、この映画のシーンを挿入したり、そのセットでクイーンが演奏していたりで、すごく良かった。
それと、『WHO WANTS TO LIVE FOREVER』も同様。これはとても美しい曲。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
映画レビュー(Amazon.co.jp)
16世紀のスコットランド。首をはねられない限り生き続ける超人一族のひとりコナー(クリストファー・ランバート)は、最後に生き残った者だけに与えられる究極の力を求めて、同族の面々と闘う運命にあることを知らされる。そして時を経て現代のニューヨーク。今なお生き続けているコナーと黒騎士クアガーン(クランシー・ブラウン)は、究極の力をめぐって最後の決戦を行う。主人公に運命を説くマスターの役でショーン・コネリーがゲスト出演。(的田也寸志)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

運命の哀しさを感じさせられます。
青年時代に不死と知らずに戦い死んでしまうが、ほどなく生き返った時に”悪魔”と親や親族や故郷から追われる。
愛する人にめぐり合うが、相手だけが老い亡くなるやるせない哀しさ。
自分と同じ運命を持つ、尊敬する恩師に出会いと別れ。
そして、運命の力を持ち合わせているがために、最後の1人になるまで戦い続けなければならない。

そんな内容が、スコットランドの高地(ハイランド)での美しい風景と、現代のNY、そしてクイーンの音楽とあいまって、単なる”アクション映画”だけで片付けられない良さにつながっていると思う。

テレビ東京の午後のロードショーでは、かなりカットされていると思います。 どんな映画か知るには手っ取り早いので、機会があれば観て損はしないと、オススメの映画です。
ハイランダー 悪魔の戦士
B00008453Dクリストファー・ランバート ショーン・コネリー
おすすめ平均
stars大好きな「秘蔵」の映画です
starsクィーンの映画音楽はGREAT!
stars娯楽作品として不思議な魅力を持ち続けている佳作。
starsこういう映画を知っている喜び。
stars不死系最強の一本!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハイランダー コナー・マクラウド12インチ
ハイランダー コナー・マクラウド12インチ
この映画をAmazonで探していたら、
ついでにこんなもの見つけました。
これ買う人いるんでしょうかねぇ。。





ついでに
9月20日(火)午後1:30〜
フラッシュ・ゴードンもちょこっと。
これも音楽はクイーンです。

”ドンドンドンドンドンドン・・・アーアァ〜♪”でおなじみで、音楽も良いです。 ビデオクリップは、ハイランダー同様に映画のセットを利用したり、映画のシーンをはさんであったり。
でも映画は、う〜ん・・・。クイーンが好きだけどこの映画を見たことが無い人は一見の価値はある、という程度でしょうか。

フラッシュ・ゴードン
B00005HRTMおすすめ平均
starsフラッシュ!!あーあ!巨額をつぎ込んだ安っぽい映画です。
starsアメフトで敵と戦うシーンで笑ってしまった。
starsつっこみどころ満載の楽しいアメリカ映画!
starsクイーン
starsシンプルストーリーイズベスト!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2005年09月14日

きみに読む物語〜DVD発売

私の最近、一番好きな映画

きみに読む物語
(オフィシャルサイト http://www.kimiyomu.jp/
)

とある療養施設で、記憶をなくした初老の女性に定期的に会いに来て、若い男女のラブストーリーを話してきかせる老人がいた。その物語は、1940年、ある夏に出会い恋に落ちたアリーとノアの物語。
しかし身分の違いがふたりを引き裂き、アリーとノアは別々の人生を歩むことになるが…。
この映画のメインストーリーとなるアリーとノアの恋愛は、ひと夏の恋、身分違いによる別れ、そして再会…と、これまでも多くあったラブストーリーの流れを組む物語だが、ライアン・ゴスリングとレイチェル・マクアダムスが、弾けるようなフレッシュな魅力を存分に披露し、アリーとノアのキャラクターを際立たせている。


映画のDVDは9/23にようやく発売。
以前にも紹介しましたが、絶対におススメです。

この映画は久々にいいなぁと思った映画です。

『老夫婦の愛情が良い』と言われてますが、私は若い頃のみずみずしくて、再会の時の情熱的なところが大好きです。

美しい自然の風景、主役の二人の青春時代、そして再会。

映画では奔放な女性と、職業不明の男性ように描かれていましたが、原作を読んだら誠実な二人でした。

どこかのサイトで、
”アリーは婚約者がいながら昔の男に戻ったあばずれ女”と
酷されていました。

私は、二人が別々の人生を送っていても、ずっと相手を想っていて、
戻るべき人に帰った事に自然さを感じました。

もちろん私はプレミアム・エディションを予約しました。

きみに読む物語 スタンダード・エディション
B0009X59K4 ライアン・ゴズリング ニコラス・スパークス ニック・カサヴェテス

おすすめ平均
stars胸が締め付けられて深いため息で終わった
stars素直に胸に響く
stars映画でこんなに泣いたのは初めて
starsそのままで
starsとても素敵な映画でした
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
きみに読む物語 プレミアム・エディション
B0007D3NJ0

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


≪映像特典≫
[Disc1]
☆オリジナル劇場予告編
☆日本版劇場予告編
☆Image Gallery(静止画)
☆STAFF&CASTプロフィール(静止画)

[Disc2]
☆「きみに読む物語」の全米公開時TV特番「甦るロマンス」
☆監督ニック・カサベテスの家族に関するフィーチャレット
☆原作者ニコラス・スパークスに関するフィーチャレット
映画のロケーションについてのフィーチャレット
☆キャスティングについてのフィーチャレット
☆レイチェル・マクアダムス カメラテスト
☆劇場限定特典映像 CHEMISTRY「ココロノドア」より
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。