2014年10月15日

その時はある日突然

去年から担当している冬の仕事。
今年もそろそろ始まる。

一緒の担当のオジサマは仕事の運びもバイトさんの動かし方もものすごく上手で。

だけど、超メンドクサイ人。

仕事より、オジサマへのヨイショの方が大変。

仕事の内容も私の得意分野ではない。
実は少し前に他の仕事の担当に変えて欲しい、と上司にお願いしてみたけど、オジサマと一緒の仕事は他にやる人がいない、頑張ってと一蹴されてた。

まぁ、仕方ないと腰を据えて作業を始めてた昨日。

とあるアブリケーションについて、他の課の人が私の意見を聞きにきた。
本当にただそれだけだったのに、、

話してるうちに、あれよあれよと言う間に私がその作業の担当になることにΣ(⊙ө⊙*)!!

あれだけ担当を代えて、と言っても聞き入れてくれなかったのに、上司もまぁなんとあっさりと。。

しかし、その日の心の衝撃は大きかった!
だってたった1時間やそこらで全く思いもしない方向にガラッと変わるなんて!!

説明しながら「私、この仕事したいな〜〜♪」って言ったのが良かったみたい。

チャンスはいつどこに転がっているかわからない。

自分自身で実感の今日この頃。

2014年09月06日

仕事への雑感

先日、仕事がお荷物社員でも書いたことの追記なんだけど、

子供もまだ寝てるし、ざっともう少し書いてみることに

私と同じ年代の社員はみんな通年の担当があって、途中から転勤してきた私にはない。
私の担当作業は秋から3月の繁忙期だけの作業のみ。
だから今の時期は私は熟年社員の割には仕事が手薄というかほぼ無いときも多々ある。

なので、若手社員と一緒の「入力」などの作業を手伝うことが多くなる。
説明されてすぐに飲みこめないことも。
反対に今までの長い経験による知識が邪魔することも。

一番やっかいな(笑)問題は単純な入力だと1日あたりのカウントができる。
すると、処理能力が遅いと一目瞭然で。。

先日の「お荷物社員」で落ち込んだのは、そういう単純作業をしているから。

私は他人に指示を出す時は、結構細かいイレギュラーな事例も提示して説明をする。
そうして欲しいから、きっちり約束事を守ってほしいから。
だから、反対に他の人の仕事をする時は、作業指示を順守しようと思うけど。

でもね、どうも今の若手はいい加減に手を抜いている気がする。
早いだけで、ちゃんと内容が伴っていればいいのだけど、、、、
でも、結局のところ、手を抜いたものがまかり通ったりすることも多々あって、じゃあちゃんと守ってた私って一体!!ということもあってなかなか世の中難しい。

で、「落ち込んでた」って他の熟年社員に言ったら、
「オレも今さら単純入力を頼まれたらやり切れる自信ないですよ」
って。

それ聞いてちょっと「ε-(´∀`*)ホッ!」な私。

早く自分の作業が始まるといいなー、と思う今日この頃。
2014年09月02日

お荷物社員

最近思うこと。

私は仕事がデキナイ。。
遅い。。

それでなくても、落ちこぼれだったのに、、
去年4人も新入社員が同じ部所に入って来て、やる気満々、仕事は早い、若い、カワイイ・・・

もう太刀打ちできません。

50代男性のお荷物社員、ってよく耳にするけど、、私もまさしくそうだわ。。

3つ下の女性がバリバリ働いて、資格をどんどん取って。
10こ上の女性がいまでも強面で頑張ってるのに、、

かなーり落ち込んでます。

昔は入力も仕事も早いって言われたんだけどな。
なんでこうなっちゃったんだろう。
2013年02月18日

石の上にも2年

石の上にも2年

本社勤務になってもうすぐ2年が経つ。

支所時代に、仕事つながりの人が本社にも数人いるど、やっぱりよそよそしかった。

地元の支所に勤めて9年経つから、会社では新人じゃないけど。
でも環境が変わると居心地が悪かった。
文房具の場所ですら、聞かなくてはならないし、必要な物も遠慮がちだった。

それがもうすぐ2年が経つ最近になって、ようやく人や仕事や組織に馴染んだという実感がある。
みんなも、私を受け入れてくれている、という手応えがある。

毎朝寄るパン屋さん、コンビニ、近所のスーパー。
仲良くなって言葉をかわす店員さんがいる。

長い通勤時間になって、本格的に始めたTwitterでも、会話をする人がいなかった。
でも、最近になってちらほら増えてきた。

長く勤めてても、部所が変われば、馴染むのに2年かかる。
若い頃は同年代の同僚がいれば、あっという間に馴染んだ気もするけど。

とにかく、石の上にも3年ならぬ、2年の今日この頃です



2012年05月25日

消費税

いや〜、暇で暇で。
2月までの終電間に合わずミッドナイトつくばのお世話になっていたのが夢のように思える。

最近席替えして、監視席から離れた。
私の行くところ雑談ありき。
今までし〜んとしていた課内に時々笑いが。
部長も課長も失敗したとホゾをかんでるかも。

で、最近毎日隣の若い男子社員から話しかけられる。
どんな仕事やってる時が好きですか?とか。ね。

昨日の質問は「今ヤル気ありますか?」だった。
「あるわけないじゃん、見ててわかるでしょ?」と答えたら「消費税くらい?」と。
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ?

あ〜、5%ってことか〜

ハイッ、そんなものです。

2012年02月18日

たまには早く帰ったっていいじゃん

ある日のこと、午後9時に会社をでたら、30分後に部長から「進捗状況を報告しろ」とメール。

また別の日9時半に帰ったら社長から「もう納品」出来るのか?とまたまたメール。

たまに早く帰ってもいいじゃん、まだ電車でそういうメール見ると、本当にイライラする。

9時に会社出たって自宅に着くの午前0時だよっ。

それにさ、毎日日報をメールで報告させてるの意味ないじゃない。
ある日、午後10時頃の京浜東北線内の男性サラリーマン2人の会話。

先輩っぽい方が後輩に
「無理せずに帰りはタクシー請求していいから。経費で落とせるから。いかに自分の生活を守るかを考えろ
だって。

その人に、私の状況聞かせたいよ。

2012年02月16日

また大地震がきたら

ようやく東日本大震災から1年。

しばらく余震がつづいて本当に気持ちが落ち着かなかった。

安心して過ごせるようになったのはGW過ぎてから。

そのあと、私にとって車で5分の通勤が、電車に乗って通勤2時間20分という過酷な生活がはじまった。

4年以内に70%で大地震がどこかに。。。と報道があったけど、一体私は何日かけて家につくんだろう。

地図では片道80キロ弱、徒歩で16時間だって。。

途中で野垂れ死にするのがオチだ。。

2012年02月11日

終電なくなった

休日出勤して「今日は定時にあがるぞ」と思いきや、結局いつも通り終電。

と、駅に着いてw(゚o゚)w

そうだ、今日は中央快速が止まらないんだ(T_T)。

各駅となると上野駅で乗り継ぎ3分しかない。

無理せずに深夜バスにしようか、、と悩んでたら、

中央線が信号停止で3分止まった。

深夜バス決定。
無事に乗れますように。

仕事って

今の担当の仕事が始まって早半年。

2時間半の通勤、ほぼ毎日の終電、休日出勤で知らないうちに夏が終わり、秋が過ぎ、冬までか終わろうとしている。

今月いっぱいでこの仕事も終わらせなくてはならない。

あまりに自分の生活が犠牲になっていて、この仕事が終ったら会社を辞めようと思い、上司には辞意をほのめかしていた。

でもね、今の会社でいくら残業代がでなくてボーナスが出なくても、パートになったら、、
今の年収から大幅ダウン、新しい職場じゃ有給休暇を取りにくいし、新しい人仕事や間関係も面倒だし。
私が辞めて生活が落ちるのがわかっていて、子供は『仕事辞めないで』、と言う始末。

私もやりたい事買いたい物たくさんあるし、子供にやらせたいことたくさんあってお金は必要。

でも家は片付けが行き届かずぐちゃぐちゃ。
生活のゆとり、気持ちのゆとりがない。

オットに家事を全部おんぶにダッコで、オットも仕事が忙しく、本当に大変そう。

子供と会話する時間がない。

本当に悩む。
2011年10月06日

担当者に恵まれない

今の担当の仕事は、やり甲斐はあるし楽しい仕事。
私の得意とする分野。

でもいかんせん、ボリュームがありすぎ。
自分の意識外に置いておいた納期遅れが、とうとう逃れられない現実となった。

まぁ今まで市町村レベルだったのが都道府県レベルの量を一人でやれ、というのが無理な話し。

1人で頑張れ、的采配の上司にも腹立つが、今回は顧客のゴリ押しの件。

次の作業には間に合う程度に納期を遅らせて、と頼む私に顧客は、No!
その電話でさらにプラスαの作業を次から次に追加する。

それやるとどんどん作業は遅れますよ〜(ノ_・。)と言っても、ダメ。
それに去年はその作業は入ってなかったのに、契約内と言い張るし、参考資料下さい、と言うと自分で調べろと。

これって北関東の田舎の市町村レベルかと思ったら、都道府県レベルでも!!!

つくづく私は担当者に恵まれない。

2011年10月04日

お風呂はその日のうちに、寝る前に

いつもは目覚まし用の携帯のアラームを15分前から数回に分けて鳴らしている。

でも昨日の夜はギリギリまで寝てられる用に、起床ギリギリにしかセットしなかった。

結果は30分寝坊!

なんとかいつもの電車に乗れた。
ホッ、、、

昨日の夜、ちゃんとお風呂に入っていて良かった。

入ってなかったら絶対アウト。

入らずに行ったのか、遅刻して行ったのか?
2011年08月15日

出来るはずだけど

今の担当作業は得意分野。
でも下準備に時間がかかって本作業に入れない。

このままだと納期遅れでコケそう。

本社だと20時くらいまでしか残業できない。

前いた地元の事務所で作業なら通勤時間分作業ができる。

部長に相談すると、本社はいいけど、地元の事務所に断られる、と。

私って、そんなに厄介者だったの?

まぁ、今の作業は好きなので、とにかくやれるやれるだけ頑張ろう!
2011年07月15日

異常な上司

本社の部長(既婚男性)と課長(独身女性課長)は多分イイ仲だ。
これは周知の事実。
仕事がらみの話しをネタに、朝から夫婦漫才の掛け合い。

普通の会社なら解雇まではいかなくとも、別々の課や部屋にするはず。

私たちが気づいているのを知ってか知らぬか、平然と掛け合いをしている。

私が異動したてなのに、まるで気づいてほしいかのように、クチャクチャ。うるさい。

社員には無駄口たたくな、とのお達しで課内の雰囲気はピリピリ。
だから社員同士の交流もないし、技術の向上もない。

仕事の事より、立つ時は椅子を入れろ、とか、打ち合わせの交通費を社員の利便より100円安い方で行け、とか、チクチク。

私の席は二人の監視がバッチリきく席。
画面はチラチラ見てるし、電話を切った後や外部に送ったメールチェックして、重箱の角をつつくようなお小言。

今日の女課長のツッコミには、さすがに今日はしっかり反論した。で、ムッと顔にも出した。

あ〜、でも解雇も時間の問題かも。
2011年07月12日

少し慣れたかな

本社異動から2ヶ月。1ヶ月目に風邪ひいた時は最悪だった。
多分疲れがピークだったろう。
治るまでに3週間かかった。

お昼休みも他の人と関わる余裕なぞなく、黙々と食事して昼寝だった。

今は体調も良い。
行きの常磐線でしっかり寝られるようになったのも大きい。

なにより同僚達がみんな管理型上司に不満を持ってる事がわかった。
お昼休みも本音で話せる女性同僚も出来て発散できるようになったのも多分大きい。

先週の荷物運びがメインの出張に、なぜ若手に行かせないの?!と上司にムカッとしていた私。

でもそのおかげで2人の男性社員とも本音で話せたから、今は感謝。

通勤2時間半を知った友人からは転職を勧められた。

でも仕事内容を聞いてすぐに作業手順がピン!と来るのはやっぱり経験から。

もう少し本社で頑張ってみようと『今』は思う。

しっかしあの上司達は本当に癖物だ。

本社で初担当

本社異動になって初めての担当業務。

入社2、3年目の子達は担当業務がないから、とりあえずベテラン扱い。

でも納期は来年2月末。
秋で地元に帰れると社長は言ってた。

でも、秋には戻れないのか?

仕事内容は大体把握したので大丈夫だと思う。
とりあえず担当業務があれば日々適当に過ごせるからいい。

業務がない方が監視されて面倒。
2011年06月29日

頑張ろう

通勤やだー、とナーバスになる時が度々ある。子供やオットともっと一緒にいたい。家でゆっくりしたい。ちょこっと仕事抜けて、平日の学校行事に出たい。ママ友とランチを、せめて翌日を考えずに飲み会を楽しみたい。

時々、超ブルーになる。

でも私が働いているから、金銭的な心配をせず子供たちに色々させてあげられる。

インターエデュの掲示板に「多くの人が震災で人生が変わっている。自分だけだと思わずに」と。

全くそうだ。

応援してくれる人もいる。

体力、気力はまだまだある。
頑張らなくちゃ
2011年06月01日

子供にまで

通勤長くて泣き言言う私。

もう辞めたい、って。

ダンナは俺が(今まで通り)家事やるからガンパレと。

子供にまで、仕事したくても仕事がない人がたくさんいる。仕事がある幸せに感謝を、と言われる。
子供は生活レベルが下がるのが怖いのか?

ダンナに、俺が稼ぐから仕事辞めていいよ、と言われてみたい。

まぁパートになったらなったで責任のない仕事はつまんない、また正社員になりたい、と私もほざくのだろうけど。

毎日通勤5時間もったいない。

やっと2週間

本社に勤務してなんだかんだで2週間たった。

前の部所の「問題担当者、問題客先、低予算」の超問題物件を本社に押し付けたら、なんと自分が本社でやるはめに。

新しい事覚えよう!と意気込んだのに、、、

つまらなくて毎日眠くて仕方ない
2011年05月19日

頑張らなくっちゃ

本社勤務になった。
引き継ぎも早々に本社に通って3日目。

本社の方が技術もはるかに上だし、組織としてもしっかりしている。
自分の技術の向上を考えれば願ってもない事。
自分の技術の向上だけを考えれば、かえって追い出してくれてありがとう、みたいな状況。

元の部署のハゲトップ。
現場第一主義のハゲトップにはデータ系の仕事は理解されない。
本社転勤辞令を出しても、通勤時間の長さで私は本社勤務を断念するだろうとふんでいたようだ。
だから本社勤務を選んですごく驚いていた。
してやったりの心境。

私が本社勤務なんて、本社に爆弾送り込んだようなもの。
聞かれたら、何でも言っちゃうから!元同僚たちからも窮状を伝えて、と頼まれている。

今は新潟の故郷に戻りつつ、本社の仕事をしている上司は私の本社転勤を喜んでくれる。

私を切らす受け入れてくれた本社にも感謝。

今まで車で5分が電車と徒歩で片道2間時20分。

全部の家事担当、そして納期が短くてタイトな仕事のオットの身がもつか。
思春期の息子たちは大丈夫か?

とりあえず1年やってみて、また考えようと思う。
それが応援してくれてる人たちへの恩返しだから。

本社勤務に不安な私に新潟の元上司からメールが。

『前向きな一生懸命はきちんと評価されると思います。頑張れ。』
あと数年で50になろうかという私への応援。
このメールを読んで、元上司の私への評価を裏切らないように頑張らなくっちゃ。と決意を新たにした。
2011年03月20日

これも仕事

今日も私は出勤。

男性陣は国の地方事務所からの緊急調査依頼のため現場調査へ。
片道50キロ以上の場所なので1往復でかなりなくなってしまう。
さらに調査用のボートにもガソリンが必要。

留守番の私のミッションはガソリンの確保となった。
車に満タンとボート用の携行缶、、、

ガソリンの買い占めはやめよう、と叫ばれている中、他の人から見たら買い占めオバサンにうつったかも。
2010年06月01日

常識っていったい

新入社員のS君。

S君は非常に清潔感に欠けている。
机の上は入社早々から飲み物食べ物のカスが散らかってて男性社員に注意されていた。
会社の作業服も早々に薄汚れたまま。

ある日お台所に行くと何やら(相変わらず薄汚れた)作業服をゴシゴシしている。

で、どうしたの?と聞くと

「鼻血が急にでちゃって汚れちゃったんです」

気の毒に、と言いながらS君の手元のゴシゴシに目をやったら。。。(;一_一)

な、なんと台所の上部の壁から下がっていたはずの、食器用ふきんを濡らしてゴシゴシしてるじゃないの。。
もちろんフキンには茶色い血がついている。
すぐ横の雑巾かけに雑巾はたくさんかかっているのに。。。
それに入社早々の掃除で散々つかったはず。

M「なにやってるの(怒)?」
S「だから鼻血を拭いてるんです」
M「それは食器拭きのふきんだけど(怒)」
S「雑巾かと思いました」
M「君の家は雑巾は上の方に下げてるの?」
S「はい」
M「今までお家でどうやって食器はふいてたの?」
S「普通のタオルで拭いてました」

もーお話にならない。。

M「洗濯機の横に雑巾あるからそっちで拭いてよ」
S「あー、そーですか。。。」
と言って、その鼻血がついたフキンを水で簡単にすすいでフキンかけにもどした。

M「ちょっと!鼻血のついたのまた戻すの?」
S「ちゃんと洗いましたよ」

どーいう家で育ったのか?はたまたウソか、、、、
なんだかウソくさい。
つーか、素直にすぐに謝らないのが憎憎しい。

とりあえずその場は
・フキンと手拭きと雑巾の違い
・他のことでも勝手な事をしない、わからなかったらすぐ尋ねる
と教えた。

もちろん鼻血のついたフキンはソッコー捨てました。

家に帰って子供に聞いたらもちろん雑巾で拭くと言ってました。。
私の常識は我が家だけの常識なのか???
2010年05月27日

さようならK氏

4月中旬のとある日。
会議でその日お休みだったK氏が鬱だと発表された。

K氏は翌日からしばらくは出社したけれど、いつも通り。まぁちょっと元気ないかな。。
でも結局、当分休職すると発表があった。

4月下旬のある朝出社したら、同僚から昨日でK氏は退職したと聞いた。
定時に私が帰った後にちょこっと挨拶に来たそう。

うち支店のトップのタコ支店長。
K氏をとてもとてもバカにして扱いも最低だった。

今回も長年会社のために働いた人が辞める時の扱い???と思うほど、冷徹だった。。
反対に喜んでいるかのようだった。実際やめた翌日、嬉々としてK氏の席をどけて営業の部屋の模様替えをしていたもん。
本社が会社都合扱いで退職させたのも気に食わなかったようで、本社の総務に電話で喰ってかかっていたらしい。
それって支店トップのすることか???

K氏も相当おかしかったけど、ここまで追い詰めたのはタコ支店長と周囲の社員のせいだと私は思う。
私もソートー冷たくしたからな。。。

その後時々みんなで独身一人暮らしのK氏は大丈夫かなぁと話題に上がるけど、関わり合うと怖いのでだれも直接連絡はしていない。
2010年02月27日

それは気の毒

K氏の話のつづき。

K氏は今年に入って技術の仕事を手伝うことになった。
ある意味営業の部屋から追い出されたような状況だった。

とある大量のデータ処理の仕事があり、K氏は5、6人のアルバイトさん達と同じ作業を同じ部屋でしていた。

うちの会社の社員達ははっきり言って頭は良くない。効率が非常に悪い。
他人に自分の作業を任せる時には極力わかりやすく、作業を簡略化・単純化させて渡す。その方がミスも少なく、作業も早い。
でもアホアホ社員達はアルバイトさんに作業を丸投げ。だから時間も人数もすごーくかかるしミスも多い。
忠言したとしても、聞く耳もたず。
アホアホ社員達は自分のミスも他人のミスにも甘い。だから精度の良いデータなんて出来るはずない。

作業を丸投げされたK氏は案の定質問魔に大変身!
しつこいしつこい。。よーく男性陣も耐えてるなーと思っていたが、、、

とうとうある日K氏vs男性社員で罵り合う日がやってきた。
2人の男性社員がK氏に「覚えが悪すぎる」「しつこい」等々大声で罵倒していた。
それも大勢のアルバイトさんの前で1時間近くも。

他の部屋でやれば良いのに。罵倒しているうちの1人は上司。そーいう気遣いが出来ない人ばかり。。
その時はさすがにK氏が気の毒だった。

その後手の空いた私もその作業に加わることに。
そーしたら手をかければ、作業がとてーも単純化出来る出来る。

手を加えたデータをK氏渡したら「僕のCPU効率がメチャメチャUPしました」と訳のわからぬ言葉を発しながら満面の笑みを浮かべてた(−−〆)。
2010年01月27日

ホラー映画の音かと思った

去年の夏の話。気持ち悪い営業のK氏の思い出話。

昨日、営業の部屋に行って他の人と話していると、どこから『ジュルッジュルッジュルッ』と音がする。
振り返ると後ろ向きのK氏が背中を丸めて何やら食べている。
まるでゾンビか恐竜が人間のはらわたを食べているような、この世のものとは思えない姿と音だった。

どうやら食べ終えたと思えるK氏が立ち上がった。

その手にしていたのは、K氏の歯形が無数についた皮つきの「梨」だった。

上司も同じ部屋にいるのに、どーして注意しないのだろうか???
まぁ注意しても『梨を食べてどこが悪いんですか?』とゴネゴネするのがオチだから多分面倒で言わないんだろうなぁ。。。
2009年05月10日

久々の新入社員

うちの会社に久々に新入社員が入った。

とはいえ25歳。関西弁。
本人いわく優秀な高校を卒業し、国立大学を家庭の事情で中退して専門学校を出たそう。
うーん、でもキレるかんじは全くしない。

たまたま入社してしばらく年度末の掃除の日が続いたけど、少し動けば『ハァー』とあからさまな大きなため息をついて休憩してる。
疲れるのはわかる。でもため息はつくな。

どーも怠け者っぽくて嫌なかんじ。
そのくせヤクルトレディやお弁当屋さんには、入社早々にも関わらずチャラチャラしたバリバリの大阪弁でベラベラ世間話をする。

この会社にはロクでもない人しか入らないのか??

ただ今まで30過ぎて子供がいるにもかかわらず、その下が入ってこなかったため、永遠の下っ端だった社員の格が上がって下っ端じゃなくなったのは良かったと思う。
2008年02月13日

眠い〜

ただ今残業中。

とは言うものの、

朝出社、家→会社
昼食、家まで往復
夕方ミニバス送り、会社→家→体育館→会社
夜ミニバス迎え 、会社→体育館→家
残業、家→会社
そして帰宅、会社→家

と会社を出入りすること5回くらい。

う〜ん、眠くて困ってます。

2007年09月03日

採用辞退

いくつか受けた会社のうち、自宅から5分のある会社から、
【正社員で現在のお給料と同じ程度】
という条件で採用通知が来た。

40歳半ば、そしてその仕事に精通するわけでもないのに正社員として採用されてとても嬉しかった。

でも、、、、断ってしまった。。
お給料は同じだけれど、残業がかなり多そう。。。

それと今の会社は、フレックスタイムを最大限に使える。
だからフルタイムで働いている親にしては、ミニバスの送迎が可能。。

でも今の会社は仕事がない。
景気が悪い。。。

ミニバス的にはOKだけど、将来後悔することになるかもしれない。。。
2007年06月22日

ただ今就活中

これで定年まで!と決めたこの会社。

いやぁ、ホントに今年はダメかも。
もしくは私がリストラされるか。。

お得様の中小市町村が吸収合併されて、とにかく仕事が無くなった。
とにかく何もすることがない。

このままダラダラいて、年齢どんどん重ねたあげく、放り出されるよりは1歳でも若い今のうちに、、と、有給使ったり夕方に行ったりと面接に行ってます。

でも家のローンもあるし、子どもも私立中学校に入れたい。
中小企業のオットだけの稼ぎじゃ、今日もすごせない。
地獄の敷地内同居に戻るのは絶対いやだ!

ということで、今の仕事をしつつ、ただいま就職活動中。

いいなぁと思うと年齢制限あったり、面接まで行けても、
『正社員じゃなくて、契約社員なら。。』とか。。

短大2年の娘も新卒の就職活動してるけど、うらやましいなぁ。。
とつくづく思います。
2006年12月18日

メールの件名

ヒマなパー子ちゃんに、簡単な住所録を頼んだ。
『出来たらメールに添付して送って』、と頼んでおいた。

メールが来た。
『入力したやつです』

\(◎o◎)/!

大事な資料なのよ

月末の3日を除いて、仕事のないパー子ちゃん。

時々、技術の雑用を頼む。

『これは客先から借りた大事な資料だから気をつけてコピーしてね』と頼んだ。
廊下の片隅のコピー機があり、その脇に資料置きがのテーブルある。
廊下を通った時に、コピーしているパー子ちゃんに『手伝ってくれてありがとね〜』って言った私の目が点になった。

大事な資料のすぐ隣に、お茶が置いてある\(◎o◎)/。
おいおい、大事な資料だって言ったじゃない〜。

コピー取る間くらい、お茶を我慢するか、お茶を飲みたくなったら別な場所で飲んでちょうだいよぉぉ。

『大事な資料だから、お茶は持ってこないでね』
『はい』(無表情)

その後、コピーを頼むたびに同じ光景を見て、同じお願いした回数。3回。

仕事より美?

うちの事務所の2階は技術の部屋(私他男性15人程度)、1階は事務所、お台所、トイレ、ロッカー、会議室、応接室。

階段を下りると、必ず事務所のパー子ちゃんが目に入る。

パー子ちゃん、髪の毛をアップにして来たその日。
しきりに髪を気にするパー子ちゃんが目にはいった。

トイレに入ると、ヘアスプレーの臭いが充満。
歩くと床がツルツルしてうっかり滑りそうになる。
ロッカーも。

『トイレやロッカーは窓が無いし床が滑って危ないので、ヘアスプレーはやめてね。』
『はい』(無表情)

3ヶ月にわたり、1週間に1回、その繰り返し。
2005年11月08日

契約は取れたけど

先週までの深夜残業続きで作ったシステムの試作が契約までこぎつけたと、上司から嬉しそうに報告があった。

ほんの少し嬉しいけど、でも今後を考えると憂鬱だ。
客先の相手は非常に細かくて、要求が多い。
実際の作業になったらあーだの、こーだの、面倒だろうなぁ。。

それに、元データの準備が大変だ。
納期は多分9月。。。

また私の夏休みは無くなった。。。。
2005年10月26日

なんだかなぁ

とにかく忙しい。
今月中にサンプルシステムを作成し、客先に見せなくてはならない。
私は『にわか、なんちゃってプログラマ』なので、そんなすぐにはサンプルなぞできっこない。

客先はそんなエセな私に、”サンプル”という名の殆ど完成品を持って来いと言う。

一緒に行く営業(うちのトップ)は『俺はシステムはわからないからな〜』とホイホイ客の言われるがまま。
なんとか口先三寸で説明してくれよぉと言いたい。

私は他にも4本作業を抱えていて、アルバイトを2人と、時には事務の女の子まで借りて作業をしているが、結局毎日女性一人で午前2時過ぎまで残業している。

週末のうち1日は母のお見舞い、もう1日は休日出勤して深夜まで残業。
平日も子供のお迎えやお稽古事で1,2時間抜けて、また深夜まで残業。

トップは、そのサンプルを来週中に持って行きたいとのこと。
もちろん彼一人じゃ操作できないので私も一緒。

しかし、彼の本性を見たわ。
『うちの母が来週ガンの手術の予定で、まだ日にちが決まってません。だから客先に行く予定を決めるのをもう少し待ってください。』
と私が言った時に、いつもはヘラヘラしているトップが
『手術より客先だろうよ!』と言いたそうにあからさまにイライラを顔に出していた。

もっと人間味のある人かと思った。

客先大事でも、部下から『親がガンで手術』と報告を受けた時に、せめて『大丈夫か?』の一言ぐらいあっていいのでは?とかなりムカついた。



2005年10月14日

会社でも自由

家でも甘やかされているが、多分会社でもかなり自由にさせてもらっている。

わが社はフレックス。コアタイムもある。
本来はコアタイム中は本来ならダメなはずだが、1〜2時間の外出は全然OK!
だから、学校行事も、子供の習い事の送迎も気兼ねなく行ける。

今日はちょっとした用事があり、さすがに午後は早退した。
しかし、仕事が忙しいので夕方再出社して深夜1時に帰宅した。
もちろん仕事をした分は、残業に付けられる。

こんな自由がきくのも、私しか出来ない仕事があるし、
それをこなすためにはこうやって、女一人でも深夜残業も
するからだと思う。
それと、ずーずーしいオバさんだからかな(^_^.)。

だが!今の時期に忙しいのは私だけ。
広い事務所で女一人で残業するのは、怖い。。。
事務所の半分は電気が消えている。

7月に懇意にしていたうちの元社員である外注さんが亡くなった。
その人はよく仕事兼遊びで事務所を訪ねてきた。
だから、広い事務所の向こうにふと影が見えるかも。。
と思いはじめると、帰りたくなる。

ラジオがついているからいいものの、それが無かったら一人じゃ出来ないかも。

夜2時過ぎになると、もっと怖い。
急に電話が鳴る。
『セコムですが、まだ帰宅されないのですか?』

それが怖くて、セコムからの電話の前には帰るようにしている。

う〜ん、外出は自由だけど、仕事の責任は重いなぁ。
でも私は仕事も好きだし、甘いしこの会社でとりあえず満足。
2005年10月11日

納期地獄

これから地獄の日々。
11月中旬、下旬、12月下旬、来年の1/1、1月中旬、の納期の仕事が各1本づつ、合計5本が今の私の課せられた作業。

客先は1/1お休みなのに、納期が1/1ってどういうこと?!
結局これも年内って事だよね。。。

アルバイトは使わせてもらっているが、それでもおっつかない。
これからしばらくは、ひたすら残業&休日出勤の日々が続く。

2005年10月06日

簡単じゃないのよ

わが支店のトップ氏は、とある客先に営業をかけている。
別の客先向けに作った別のシステムを作り変えて、サンプルを作れとおっしゃる。

『な、ちょっちょっちょっと変えれば出来るだろぉ?!よろしくな!』

とおっしゃるが、そんな簡単に変更が出来るはずがない。

取れるか取れないかわからない仕事のサンプル作成のために、納期が迫った仕事はストップ中。

うちのトップ氏はつね日ごろ、納期を守れ!と言ってるくせに、自分の都合優先で私を振り回し、私の仕事を中断させる。

一昨日のこと。また別物件で夕方急に『明日までにどーしてもサンプルを作ってくれ』と言われた。

仕方なく、子供のお迎え〜寝かせるまで一時帰宅し、夜9時に再出社して深夜までかかって作ったサンプルは、
『一緒に行ってくれるはずだったアホ営業のK氏が都合が悪くなり、自分じゃデモ出来ないから』と持参せずに行った。

デモすら出来ないくせにシステムの営業をするから、後でトンデモナイ事になる。

そのくせ、訳のわからん資料を沢山作って『すごいだろぉ、大変だったんだぞ!』と自画自賛する。はっきり言ってトップ氏の作る資料はいらないものばかり。

自分を褒める前に社員をほめろ!いたわれ!
トップ氏は18時には毎日帰宅するが、私は今日も午前様だ。

2005年09月22日

こうもり

先日の、勘違いで気持ち悪いK氏の話。

今朝、出社早々にK氏に
『N社のAさんが”電話して下さい”って言ってましたよ。』
と言われた。

取引先のN社のAさんは私の仕事の担当者で先日学童の話で意気投合した女性。
そこの担当営業はK氏。
多分N社の皆さんも、絶対に我が社のK氏の気持ち悪さにはうんざりしているはずだ。

早速、私は電話した。
『mokorinですが、Aさんが電話して欲しいとうちのKからお聞きしてしましたが、ご用件は?』

Aさん
『え?Kさんそう言ってましたか\(◎o◎)/?!違いますよ〜。昨日Kさんが来て”最近担当のmokorinからはご連絡入ってますか?”と聞かれたので、”いいえ〜”と言っただけですよ〜。そしたら、K氏は”それは弊社のmokorinの怠慢だ!”とお1人で怒ってましたけど、私は何も言ってませんよ〜』


『あら〜、私にはAさんが連絡下さいって言ってた、って言われたんですけれどね〜』

二人でまたまた意気投合してしまいました。
2005年09月20日

勘違いな人

うちの会社にKさんという勘違いな人がいる。

超気持ち悪い。自分の存在を誇示する。

チビデブで薄らハゲな癖に、カッコ良いと思っている。
皆から好かれていると思っている。

『最近薄くなったでしょ?』と頭頂を見せる彼に、誰が『薄いね〜、ハゲ直前!』と本当の事を言えるだろうか。

会議の時に頭皮をマッサージするのはやめて欲しい。

会社に戻れば自分の客先を口汚く言い、大した事でなくても、
自分の手柄のように言う。

残業で二人になると、”ご主人と夜は〜?”と気持ち悪い事を聞いてくる。

客先でも私達にも気持ち悪いほど腰が低くて、気持ちわるいほど回りくどい。
が、ひとたび意見が合わないと、気が狂ったように猛反撃をする。

自分がとても仕事が出来ると勘違いしている。
声がすごく大きい。
彼が出先から掛けた電話を受けた同僚の受話器からも彼の声が部屋に響きわたる。

出先から電話がかかってくると大変だ。
いいよ、そんな話、事務所に戻ってから。。という内容も、やたら丁寧で回りくどくお話になり、電話をなかなか切らせてくれない。

先日、業者さんから頂いたお菓子が会社で配られた。
私がうっかり廊下で落としてしまった。
たまたま近くに彼がいたので、

『拾わなくて良いから〜(◎o◎)!!』

と言ったもの後の祭り、

瞬時に拾い上げ、
『フーッ、フーッ』とご丁寧に息を吹きかけて
『ほら、キレイになったよ〜♪』
とご満悦の様子だった。

そのお菓子は、速攻で他の男の同僚に差し上げました。
2005年09月16日

昨日の事ですら

私の仕事のうちいくつかは、毎年定期的にやって来る。

今年もその仕事が発注された。

今日から、その初期入力をアルバイトさんにしてもらおうと、
去年の入力方法やら変換方法と同じ方法でやってもらうべく、
指示しようと思ったのだが、思い出せない。

いつも非常に忙しい時に作業をするから、作業の指示書も大体いい加減だし、
終われば抜け殻のようで、そのままで終わる事が多い。

去年『今年はちゃんとやっておこう』と思ったまま、また今年になった。
昨日の事ですらすっかり忘れる私に、去年の事を思い出せるはずがない。

今日は、記憶の断片と去年の作業データを刷り合わせる作業で終わるだろう。
なんと非効率的なんだろう。
2005年09月02日

取引先で盛り上がる。

先日、仕事で取引先に行った。
その担当の女性は30代で、とても親切だ。

3年前から同じ仕事をしているけれど、仕事以外の話はした事がなかった。
けれど、一昨年の3月の彼女の机の上のカレンダーに『卒園式』というのを目にして、私と
同じ年の子供がいる事を知った。

そのうち、彼女の住む所と私の住む所が市町村合併になる。

合併後の学童は、より良いサービスをしている方にすり合せると聞いていたので、非常に彼女の子供の学童に興味があった。

で、先日の打合せの際に、子供の話と学童の話を向けてみたら。。。。

あらら〜!彼女も非常に関心が高かったみたいで、フルタイムの仕事をしながらの苦労話に花が咲いた。

結局、彼女の子供が通っている学童の方が、私の子供の学童より時間が長いことが判った。
やった〜!
これで長期休みは開く前から置いてかずに済むし、お迎えも少しは余裕が出来る!!

学童以外では、私達の関心は年金。
なんで第3号被保険者の保険まで負担しなきゃんならないんだ!
パート主婦も税金、年金、保険を払うべき!
の意見で一致した。

それと、政策について。
子育て政策って小さい子供ばかりに目が行って、小学生や中学生って全然対象じゃない。
それについて、彼女はどこかに意見を言いたいけれど、どこが良いか?と聞かれたが、結局どこに言っても同じ、、、、という結論に達して、二人でガッカリした。

結局、取引先での滞在時間は1時間半、うち仕事の話は30分もかからなかった。