2005年07月25日

別荘

【相談者】80代一人暮らしの女性
【内容】最近入院がちになった。遠方に住んでいる娘にお金を預けていたが、娘からそのお金で娘の家を増築して一緒に住もうと言われ賛成した。
しかし、完成間近になってやはり引っ越したく無くなった。
【回答】大手を振って遊びに行ける「別荘」を確保したと割り切って、今の地でゆったりとお過ごしください。悔やんでばかりで、いま目の前にある日々を台無しにするのはもったいないこと。

私は『行かないという選択』は思いつかなかった。
この回答は落合恵子さん。私は彼女の回答がとても好き。今ある問題や困難に対して、自分がどうしたいのか、どうすべきか、そして相手に対して誠実であるか、ということを一番に考えて回答してくれる。そして、その言葉がとても温かい。

娘の立場ではどうなんだろう。
これで入院の度に遠方まで行かなくても良いし、事故や病気にも気を使ってあげられるのに。
と思っているだろう。

でもずっと離れていた者達が一緒に暮らすのは難しいだろうな。
相談者の女性のように年をとっても一人暮らしを望めるような方は素晴らしいと思う。


読売新聞 人生相談
http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/

2005年07月15日

読売新聞のサイトに

読売新聞の人生相談のリンク発見!
人生相談読みたいから読売新聞購読してるのに、ここですんじゃう?

http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/

今朝の読売新聞

【相談者】若い主婦
【内容】
子供が小学校に入学する時に、旧家のダンナの実家に敷地内に家を建てて引っ越す事になっている。自由も無くなり、色々考えると嫌で仕方が無い。
【回答】
敷地内でも別棟だし、引っ越す前から心配する必要はない。
愛するご主人を育てた両親に感謝しつつ、引っ越す際の条件として、
”お互いに干渉しない”という約束をして、お引越ししたらどうでしょう。。

回答に夫と大ブーイング!
これを夫と読みながら二人で
『失敗した人じゃないとわからないよね〜。。』
『一切干渉しないなんて無理だよ〜。』
『回答者によって回答が全く違うから、いっそ全員の回答を全部載せたらどうだろう』

敷地内別棟に失敗して、引っ越したmokorin夫婦の意見。
2005年07月12日

二世帯住宅

今朝の読売新聞の人生相談の答えに満足!

【相談】
ダンナの両親と2世帯住宅で、過干渉の姑と無関心の舅に爆発寸前。
離婚か別居か。

【回答】
ここは一発、ハッキリ言いましょう。ここでもめて、別居できたらめっけもの!

みたいな内容でした。

大体こういう質問の時は、あまり神経質にならずに、適当に可愛いお嫁さんを演じましょう。みたいな回答で、出来るはず無いじゃん!みたいに思うことしばしば。

で、1面の特集に、親には財産を、子供には老後を頼らない生き方を、、、みたいな事が書いてあった。

子供の希望で都内に住んでいた両親の家を2世帯住宅にしたけれど、嫁姑バトルで数ヶ月で親世帯がアパートに越したそう。
で、子供にアパート代を請求する訴えを起こしたとか。。。

そうそう、私と同じような家族が沢山あって、ほっとする。

でも、我が家は私が働いていたから別居できたけど、これで専業主婦なら泣き寝入りだった。