2009年07月25日

久々の海

090722_sea.jpg

7月20日に海に行きました。
バスケの練習もバイオリンもなく、もうこの日しかない!とばかりに出発しました。

私はもちろんパラソルの下、男3人は相変わらず”貝拾い”と”砂で堤防”作りです。

海遊びの楽しさ、波飛びとか波のりとか。。

二男はなんとか波飛びを楽しんだけれど、長男君はずーーーっと貝拾い&堤防作り。。

それでもとても二人とも楽しそうでした。

2008年01月30日

鐘の鳴る丘

kane.jpg
鐘の鳴る丘の鐘を鳴らしました。

オットと子供達はすぐ鳴ったのですが、、、
でも、、私は鳴らない!

長男なんかは色々考えてひもを揺らしているようで、プロレスのゴング!な〜んて”カンカンカンカン”(うるさい!)って鳴らせるんですが、私はオットに一緒に持ってもらって偶然1回だけ鳴りました。

善光寺の地下道の鍵じゃないですが、鳴らせた人は幸せに、鳴らせなかった人は??なんて思いました。

他のファミリーもお母さんばかりが苦戦していました。

日曜日、鐘の下で結婚式をしてました。
花嫁さん、キレイでしたがドレス姿が寒そうでした。。

周囲の人たちみんなスキーウェアだったので、誰が参列者で誰がギャラリーなのかちっともわかりませんでした。

2007年09月21日

オートボルテージュ/アエロバティックス

オートボルテージュ/アエロバティックス
  (2005年11月09日23時32分 毎日新聞)
トップパイロットが、最新技術の粋を極めた専用機を操り、決められた時間・空間の中で音楽に合わせ、時に優雅に、時に想像を超えるような飛行機の動き(マニューバー=技)を披露し、その演技の素晴らしさを競う新時代のスカイスポーツ

それが「“オートボルテージュ”アエロバティックス」です。


いいなぁ、行きたいなぁ。
ファミリーで4枚13000円かぁ。。。行けるかな?

いつだろ。。

11/2、3、4!!

ミニバスの県大会予選の直前だ。
行っちゃおうっかなぁ。。。 無理だろうなぁ〜(T_T)/~~~
2007年08月07日

大洗海岸へ

昨日はとても良いお天気でした。

子供が何も予定の無い日は本当に久しぶり!
そして、とても良いお天気で暑い!

となればもちろん海ですよねぇ。

ということで、午後から思い切って会社を早退して海に行く事にしました。
また私が1人で子供2人を連れて行こうと思ってました。
でも、オットも早退できたので、家族4人で行きました。

実は、去年は行きそびれてしまいました。
今年は、ミニバスの練習や行事の合間で、”この日しかない!”ということで、かえって出かける切っ掛けになります。

青い空、青い海。。。来て良かった〜!!

でも平日の昼間なのに、沢山の人でビックリしました。
これで休日だったら、すごい事になってるんでしょうねぇ。
しっかし、、いつも思うけどサンビーチは駐車場から遠い!
広い砂浜があるんだから、もう少し海岸に近くして欲しい。。。
それと、海辺にトイレも欲しい!

しかし!やっぱり、海でもハンター父子。

海に入っていた時間より、波打ちぎわで貝やカニを探す時間の方が圧倒的に多かったです。
1:9の割合で貝探しです。。。
貝探し

でも結局小さな貝、ちいさなカニ、ヤドカリしか採れません。
Kai
子供は持ち帰りたい!と言っていましたが、みんなには海に帰ってもらいました。

子供達に海に沈む夕日を、と思っていたら、行った海岸は朝日が昇る場所でした。

でも2時半〜日が落ちるまで、おもう存分遊べて満足だったようで、帰りに車に乗ったら即爆睡状態の2人でした。

想い出に残っていれば嬉しいです。。

横浜へ(3)

中華街の次は、みなとみらい線に乗ってみなとみらい駅へ。

まずは、商船学校の練習帆船でだった日本丸の見学に行きました。

実習生の部屋や、船長の部屋、食堂を見学できます。
実際に実習生の部屋のベッドに寝ることができました。
ベッド

士官、船長の部屋と実習生の部屋の格差に改めてビックリ!
当然っちゃ当然ですけどねぇ。

それから手術室、、、船の中でも手術ができたんですね。
手術室

とにかく、船の中がどうなっていたのか、実際に見学できてとても面白かったです。

次に三菱みなとみらい技術館に行きました。
まずは、2階でのスカイウォークアドベンチャー(ヘリコプター操縦のシュミレーション)の予約をしました。
そして、1階に下りて見学です。

展示物は、う〜ん、っていう感じですかねぇ。
2階の発電の違いの模型は、とってもわかりやすく良かったです。

スカイウォークアドベンチャーはとっても面白かったです。
子供が操縦、私は後部座席でしたがリアルで”落ちる!”ってハラハラドキドキしました。

ですが。。。パソコンでのゲームが各所に多すぎ!

子供はそっちばかりやりたがります。
見学のために来たのに〜。。
でも、台数が少ないので休日なんかは、普段はやりたくても出来ない子ばかりかな。。

全体的にも科学館としては中途半端かなぁ。。。
”三菱”の経営なんだから、もっと科学分野での三菱の活躍や製品を具体的に見せた方が、他の科学館との差別化が出来ていいのにと思いました。
例えばH2ロケットの展示があるなら、三菱製品はどこの部分の、どの部品かを見せた方が良いのになぁと思います。

最後はランドマークタワー。
ランドマークタワー
久々に行ったけれど、やっぱり高い場所はいいですねぇ。(○○と煙は高いところが好き?)
本当は暗くなるまでいて、夜景を見たかったのですが、それまで居ると遅くなるので断念しました。

交通費入れて親子1万円程度でした。

子供達もすっかり手がかからなくなり、これならまた私と子供2人でどこかに行けます。
次はどこに行こうかなぁ。。

横浜へ(2)

中華街に行く前に、まずは定番の山下公園に行き、氷川丸を見ました。
係留されているだけなのに、大きな船に子供たちは喜んでいました。
氷川丸

その後、中華街に行きました。
まだ11時前ということで、賑やかではなかったですねぇ。
ただ、総天然色町並みや金ピカの龍やら、なんとなくわかったようです。
関帝廟
龍

中華街には中国人の売り子さんがたくさんいました。
特に天津甘栗売りさんの中国なまりの口調に子供達はびっくり!
でも私は、中国なまりの日本語におどろくうちの子供達にびっくり!

お昼には、夏の暑い日に肉まんを食べました。
今思えば、その日はまだ中国でのダンボール肉まん事件が解決していなかったのに、すっかり忘れてましたぁ(^_^;)。

お味、、500円もする肉まんだったけどそんなに美味しくありませんでした。。やっぱり目抜き通りにあるのはダメなのかなぁ。。

美味しいお店があるかな、とちょっと裏通りに行ったら、ぽつんとあった天津甘栗やさんの中国人のお姉さん。

すごーーくしつこくて、腕までつかまれて、中国なまりの日本語でまくしたてられて、かなり怖かったですぅ。
やっぱり裏通りには行かないことですね


つづく
2007年07月30日

横浜へ(1)

夏休みに入ったすぐのバイオリンのレッスンの日が、先生の都合でお休みになることが判明した。

となれば、どこか行くしかない!
だって、他の日はぜ〜〜〜〜んぶミニバスだもん。。
めったにない、空白の日を無駄にはできません!

ということで、私と息子2人で横浜に行きました。
なぜ横浜か、というと、、、

私の愛聴盤の細野晴臣のCDに『北京ダック』という曲があって、車でかけていたら、

”ヨコハマ 光る町〜♪”

を、子供たちが「なんで光る町なの?」という疑問から、『そっか、横浜も中華街知らないんだぁ』と横浜に行く事にしました。

色々調べて、中華街→日本丸→三菱みなとみらい技術館→ランドマークタワーという計画をたてました。

2007年01月05日

NHKスタジオパーク

1月3日、渋谷にスーパーエッシャー展を見に行ったついでにNHKスタジオパークへ行った。
昔はNHK放送センターって言ったような気がするけど。。。

体験スタジオQでのニュースや天気予報の放送の様子がわかったのは良かった。
が、つま〜んない!本当につまらない

かなりのスペースがデジタル放送のパネルの説明と1月から始まる大河ドラマの説明に割かれていた。
大河ドラマの説明も殆どが写真パネルと文字の説明ばかり。

NHKスタジオパークに行く理由をNHKはわかっているのかな?
放送の様子やドラマやニュースの制作現場を知りたいからなのに。

上から収録を見下ろせるスタジオ見学もあった。
お正月だから収録がやっていないのはもちろんわかっている。

でもそれ以外にアフレコ体験だの、ちょっとした体験コーナーがあったけど説明の係員もいなくて、勝手にどうぞ、と言った感じ。

大人200円、子供無料より値段を上げて良いので、上から見下ろすばかりでなく、もっと撮影現場を体験できるようなコーナーを増やしてほしい。

順路が複雑なのか、なぜか順路を案内するアルバイトばかりが目立っていた。

スーパーエッシャー展

1月3日に渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムへスーパーエッシャー展を観に行った。

駐車場等を探しているうちに到着が10時20分になってしまった。
残念ながら子供達が楽しみにしていた年始プレゼントのストラップはすでに無くなっていた。

チケットはすでに(新聞屋さんからゲットして)持っていたので、入場はすんなり出来た。
チケットを持っていない人は、チケットを買うためにかなり並んでいた。

入り口で解説用のDSのを借りていざ会場へ。

入場してビックリ!
新年早々の1/3というのに、沢山の人で会場はあふれていた。

特に入り口付近は殆ど動かない状態だった。
係員に聞くと別に順路は無いのでどこから見ても良いとのこと。

子供たちには特にだまし絵と繰り返し模様の絵を見せたかったので、奥の会場から回った。

今回連れていって良かったな、と思ったのは、手の込んだ作品にはその前段階の下書きのような「習作」といわれる絵もあったこと。
いきなり作品が出来るのではなく、何度も何度も考えて作品が出来た事。

それから、エッシャーが実際に使っていた絵の道具などを見ることが出来た事。

出口脇にはなんとエッシャーの絵の中に出て来たでんぐりでんぐりや龍などのフィギュアのガチャガチャがあった。
値段も200円と300円手ごろで、大人も子供も買っていた。
我が家も3個やった。

解説用のDSは良いような悪いような。
DSばかり気になって絵に集中できないような気がしたが、子供やオットはDSから流れていた解説をよく覚えていた。
2006年02月03日

水上奥利根館

1/28(土),29(日)のスキーでは水上奥利根館に泊まった。

またもやお得なパックを探すのが得意なオットが日本旅行の
赤い風船 上越・東北・軽井沢・関東近郊SKI&
SNOWBOARDS
』のパンフで見つけた奥利根館。

1泊2食 ノルン水上1日リフト券1枚付き 大人8500円 子供5700円だった。
このパンフレット以外ではどこも宿泊だけでも10000万円以上なので、リフト券付きでこの値段は安い!とオットは力説してたっけ。

出発前にとあるサイトの口コミで奥利根館が『キタナイ』『食事がまずい』『従業員の態度が悪い』とあって、さらには『ここはお風呂は良いけど泊まるに値しない』なーんてあった。
安いしそんなものか、と覚悟して行くと。。。

従業員の人たちはとても良い感じで親切だった。
食事もとっても美味しかったし、部屋もキレイだった。
当然お風呂は風情のある露天風呂もある。
チェックイン後も夕方6時までならお風呂に入れるので、スキーを終え広い脱衣所で着替えて帰宅前にお風呂に入ってさっぱりして帰ることが出来た。

とあるサイトの口コミと違う。。
私と同じサイトを経営者が見て、従業員教育を徹底したのだろうか?

とにかく私達家族は大大大満足で帰ってきた。
難を言えば、いくつかの露天風呂は混浴だった。
だから入らなかった露天風呂もあったけど、女性専用露天風呂も風情たっぷりで良かった。

とにかく今回のスキー旅行は大満足の旅でした。
メデタシメデタシ・・
2006年01月30日

水上奥利根スキー場

1/29(日)に行った水上奥利根スキー場(http://www.gl-net.ne.jp/okutone/index.html)はすっごく良かった。

オットが奥利根スキー場の安いリフト券を持っていたので、2日目はそこに行く事にしたけど、どうもマイナーそうで内心行きたくなかった。
きったないセンターハウス、遅いリフトなどなど、ロコスキー場の暗くて悪〜いイメージ全開で行った。

朝9時過ぎに着くと、あら!ビックリ!。下の駐車場までもう一杯。なんで???
なんとか1段下がった駐車場に停めて、エッチラオッチラ親子4人の板をかついで坂を上りました。ゲレンデに着いても坂と階段。。ふぅぅぅぅ。
これはさすがにこたえました。

磐梯にあるアルツスキー場は家族連れは近くの駐車場に優先的に停められるそうだけど、ここもそうしてもらいたいわ。。

で、メインゲレンデに行くのにまず1本リフトを乗った。
朝1本目ということで、足慣らしに林間コースに行ったら。。。がーーーん。。
階段の下の駐車場まで降りるコースだったらしく、また板を外して階段を上らなくっちゃならなかった。

コースの案内に書いてよ。。と。(内心オットよもっとゲレンデマップを見てくれ。。)とムッとした。

次はメインゲレンデをさらにリフトに乗って上がった。

ここで!!!この奥利根スキー場の人気がわかった。
朝から沢山の人が集まるにはちゃんと理由があったのね。

とにかくスノーボーダーにはチャレンジコースやらエアー台あるわ、鉄の平均台?(これって何て言うの?)あるわ、、沢山のアイテムが随所にあって、上手い人も下手な人もチャレンジ精神をかきたてられていた。

そしてスキーヤーにはポールバーン、エアー台付きのコブ斜がある。
スキーヤーでも鉄の平均台を滑ってた人がいた。(滑走面は傷つかないのかな?)

でね、そんなチャレンジしない私でも楽しかったのは、リフトに乗りながらそのチャレンジしている人たちを眺められたこと。

心にくいアイテムが、各リフト脇の随所に配置されてた。
やる人もギャラリーがいてこそだろうしね!

いやー、世の中フツーの人でも上手な人は沢山いるんだなぁぁとつくづく思いました。

ゲレンデもそこそこ斜度があって、チビッコの練習には良かったし、前の晩に雪も降って雪質も良かったし、上手い人たちも見れたし、水上奥利根スキー場は良かった!

食堂が狭かったのが残念。
HP(http://www.gl-net.ne.jp/okutone/index.html)もなんだかおとなしい。
もっと楽しいスキー場!をアピールすれば良いのに〜。

また機会があったら行ってみたい。

水上にスキー

1/28,29と水上にオット、私、3番目4番目と私の父とスキーに行きました。

1/28(土)は関東地方は雪。
私達が出発した午前4時頃からパラパラと降りだし、すぐに視界が悪くなるほどの雪に変わりました。

でも!!!2日ともスキー場は快晴!!
1日目はノルン水上に。2日目は水上奥利根スキー場に。

オットは
『ノルン水上はチビっ子の滑れるコースがどれも同じ感じで、やっぱりイマイチだなぁ〜』
な〜んて言ってたけど、ボーゲンオンリーのチビっ子連れだと別に気にならなかったけどな。

2日目は水上奥利根スキー場に。
ここはそこそこ斜度があって、子供には良い練習になったみたい。

でも上手い親を持った子供はいいなぁとつくづく思いました。

うちのチビッコも何を思ったかコブを滑りたいと言い出したけど、なんたって親がコブはそう得意じゃないから、子供なんて指導できないし助けも出来ないからダメ!って言ってた脇を、同じくらいの子供がボーゲン全開でコブ斜をスイスイ降りて行きました。

行きは3時間ちょっとで着いたけど、帰りは6時間弱かかった。

帰り赤城SAで夕飯食べて出発する前に渋滞情報見たら、すぐ先で事故でそこから渋滞。
そのまま事故渋滞を回避するために赤城SAでそのまま渋滞が短くなるまで休憩しました。
SA出る前に渋滞情報見ておいて良かった〜。
うっかり渋滞にはまってしまうことろだったから。

父は行きも帰りもJR利用で、水上駅からはノルン水上行きのシャトルバスが出ているので、現地で会いました。
電車の旅もいいなぁ、特に雪景色みながらの電車はうらやましく思いました。
2005年08月28日

あんまりだぁ。

我が家の夫は子供達だけを連れて、よく出かける。
朝8時頃私が目を覚ますと、夫とチビ達がいない事しばしば。

『ハウルの動く城大サーカス展』『大昆虫大国』の招待券があり、今日、夫が子供と行くような事は聞いていた。

ハウルは木場の東京都現代美術館。
昆虫展は池袋のサンシャイン。

確かJRと地下鉄で周るとは聞いていたんだけど。。

さっき私がノコノコ起きると、既に夫と子供は出かけていた。
でメールが。。
『TX(つくばエクスプレス※8/24に開業したばかりの電車)で行ったよ〜!』

え〜っ!!!
昨日はJRと地下鉄で行くって言ってたじゃない!!!

ひどいわぁぁぁ、私も乗ってみたいって言ってたのに、また自分達だけ先に乗るなんて。
一言、TXに乗るかも。。ぐらい言ってくれれば、良いのに。。

おととい、仲の良い親子友達と『TXに乗りたいね〜、9月に一緒に乗って出かけようね(*^_^*)』ってしゃべってたの、一緒に聞いてたよね。。
先に乗ってどうよ。

こういう事が、うちの夫は度々ある。
大洗水族館がリニューアルした時もそうだった。

この時は、電話ですごーく怒った私を拾いに途中から戻り、再度出発した経緯があった。

これが反対の立場だったら、夫の怒りが恐ろしくて私には出来ない。。。

あーーーー、でも今日はチビっ子いなくての〜んびりだ(*^_^*)



2005年08月08日

天才てれびくんMAXスペシャルinNHKホール

今日は【天才てれびくんMAXスペシャルinNHKホール】の公開録画の日だった。

開場が11時半〜、開演が12時半〜で、当選したハガキには『座席は当日ランダムに渡すので早く来ても遅く来ても同じです。』とあった。でも『遅すぎると立ち見かも』ともあった。

東京に近い実家から出発し、到着したのは開場から1時間半前の10時過ぎ。
とりあえず会場を見ようと思ったら、あらら〜もうすでに長蛇の列が出来ていた。
仕方なく並んだ。。

列はNHKホールの向かって右脇の通路に出来ていて、列に並ぶ時は全員が揃った状態でお並びください、とあったけれど、トイレに行く人、買い物に行く人、みんな適当にやっていた。
建物に入場する時までに揃っていれば、何とか大丈夫そうだった。

私も渋谷方面にあるファミリーマートでおにぎりとサンドイッチと飲み物を仕入れに行った。

並んでいたのはどちらかと言うと女の子とその母親、もしくは友達母子という構成が多かった。子供の年齢層は小学校低学年〜中学年、時々高学年といった感じに思えた。

とにかく暑かった〜。うちは入り口にあったかき氷屋さんで1つ300円也のかき氷を二つ買ってチビ達に食べさせた。
かき氷屋さんは繁盛で、今日1日でどれだけ売り上げがあるのかなぁ。

最初は木陰だったりNHKホールの陰で日陰だったのが、だんだん日が当たり最後は地獄のようだった。

慣れているお母さんは小さい折り畳みイス持参で座っていた。あれはいいなぁと思った。
それと日傘かな。もちろん飲み物は必需品。

万が一雨が降ったら最悪だろうな。

そんなこんなでようやく11時15分すぎから列が動きだし、お約束どおり11時30分頃に会場に入れた。
入り口で当選ハガキを見せたが、当選ハガキの氏名も全く確認しなかった。
座席番号の書かれた、食券みたいな小さな券を渡された。前から5列目、サイドの真ん中寄り。とてもいい席だ!

12時30分ぴったりから舞台に設置された大きなのスクリーンでハイビジョン放送の宣伝を見る。
しかし!あれはルール違反だ。
ハイビジョンに関係ない、オリンピックの名場面集、世界の美しい自然等々、ハイビジョンじゃなくても涙腺をゆるませる名場面の数々に引き込まれてしまった。
特にスポーツはハイビジョンだから、って感動が増えるのだろうか。。。

12時40分〜14時5分頃まで公開録画は行われた。
近くの席に、最初っから『寝』を決め込んだお父さんが居て、それは出演者から見えるだろうぅぅと思ってハラハラしたが、中盤から起きて楽しんでいたのでホッとした。

内容は後日放送の番組で。

うちの子供の感想は、長男は面白かった〜。次男はまあまあと言っていた。
でも、どうやってテレビを録っているかとか少しはわかったかな、と思う。

帰りは放送センターに行こうと思ったが、同じように流れる人が大勢いたのでやめて帰った。

来年も応募して当たるといいな。